吃音克服法とゴルフ

吃音を克服した有名人で特に有名なのがタイガーウッズが吃音を克服したお話です。

吃音にまつわる人物の中でもなぜ、彼が特に有名かというと、彼がテレビ組で話した「吃音の克服方法」というのが変わってたからです。

タイガーウッズは克服するためにどんな方法を行ったのか?

彼が語ったその秘密とは「毎晩犬と会話することによって吃音を克服した」と彼はいいました。そしてこのトーリーが逸話のように語られているからです

でも実際のところ、タイガーウッズが克服出来た理由とは犬と話すこと」というのは、ほんの一部の理由です

この話しはメディア向けの半分ジョークのような会話です。

彼の吃音の克服法もはもっと、秘密が隠されています。

 

吃音克服法とゴルフ上達の共通点

彼は、幼少期に吃音が出てからとてもハードに吃音克服に臨んでいました。

そしてその吃音の克服法、経験が彼の天才的なゴルフセンスに繋がっているのです。

もし、タイガーウッズが吃音じゃなかったら、吃音を克服していなかったら、世界一のゴルフプレイヤーになれなかったと言っても過言ではないと思います。

吃音のメンタル克服法とゴルフのメンタル克服法は似ている

吃音の原因は複数あるります。

またそれら複数の原因が引き金になり、結果、筋肉が緊張することによって言葉が出ない吃音になります。(特に難発性)
参考1:吃音症になる5つの原因-間違いだらけの吃音治療-

参考2:吃音は腹式呼吸をすると悪化する?*文の中段くらいのバルサバル反射についてご参考くだしさい

 

それら原因とは別に、吃音を酷く増減させるブースターの役割を果たしているのが感情などの心因性の部分です。

心因性、つまり精神的な緊張は筋肉の緊張に大きく影響を及ぼします。それは、吃音を悪化させます。

そしてその、吃音において筋肉の緊張をコントロールする1つの方法として「テンションコントロール療法」と言われるものがスーザンディートリッヒ博士によって推奨されています。

 

テンションコントロール療法とは

テンションコントロール療法は自分の筋肉の緊張を1〜10段階評価に分け、自分で客観的に認識し制御していくという吃音克服法です。

 

吃音の克服法は活用できる

タイガーウッズもまた、自分の著書「 How I Play Golf 」にて、緊張とグリップについての記述があります。
そこにはこのテンションコントロール療法と同じように、1〜10段階評価でグリップの緊張を認識しコントロールする重要性を話しています。

ゴルフスイングにおけるミスの物理的な原因は、筋肉の緊張、圧迫感によるものと言われています。

吃音においても、ゴルフにおいても、筋肉の緊張をコントロールするという吃音の克服法は共通します。
またタイガーウッズも吃音克服法をゴルフに活用していたことは非常に興味深い事実です。

 

吃音者が筋肉の緊張をコントロールするための方法

1〜10段階に評価した自分の筋肉の緊張度合いをコントロールするには、「自分自身をモニタリングすること」その自己意識がとても重要だと吃音研究権威、Van Riper氏が強調しています。

自分自身を心の状態、そして筋肉の緊張を客観的にモニタリングする訓練をすることで、緊張による吃音につながる運動感覚を調整することが出来るようになるのです。

会話で使う筋肉は無数にあります。

自分がその筋肉を把握しすることで緊張をコントロールする練習をしましょう。それが吃音克服法に繋がります

それと同じく、ゴルフにおいても自分自身を客観的にモニタリングすることでスランプを克服し、ミスを少なくする方法だと言われています。

タイガーウッズ自信も、こう話しています。

「私の目標は最高のゴルフすることです。私はゴルフスイングの中で全ての運動を感じようとしている。そして悪いスイングはピンポイントで調整すことを試みる」

ゴルフにおいてもスイングで使う筋肉運動を細かく把握し、それを修正していくことで完璧なスイングを目指す事ができます。

今回はタイガーウッズのストーリーをお話しまたが、彼の吃音克服法が彼の天才的なゴルフプレイに深い影響を与えたと感じます。

実は、今回の筋肉の緊張の話しだけではありません。実際、進んだメンタルトレーニングの知識は、「吃音克服」と「ゴルフスキルの向上」これらの方法は共通することろが非常に多いのです。

そういった話しも別の機会であなたに伝えられたらと思います。

タイガーウッズに学ぶ吃音克服法のまとめ

  • 吃音が出る時自分の筋肉の緊張を意識してみる。
  • 吃音が出た時は、筋肉の緊張の度合いを1〜10段階評価してみる
  • 筋肉の緊張を細かく意識することで、コントロールが可能になってくる。(練習が必要)

そして、筋肉の緊張をコントロール出来るよういになることが、吃音克服の大きな手助けとなることは確実です。

ぜひ、今日から、吃音が出ている時の「筋肉の緊張度合い」などを気にしてみてください。

また、こちらの参考:吃音の治し方|自分で出来る10の方法なども、このタイガーウッズの克服法と合わせてご活用ください。

それでは、タイガーウッズのように、吃音を克服し大勢の前で堂々と話せるように、あなたも今日、その1歩を踏み出しましょう。