未分類

吃音改善をやって失敗する人の典型例

回線によっては読み込むまでに5秒ほどかかる場合があります。動画の再生ボタンが表示されるまでお待ちください。
動画1はコチラから>吃音を改善できない人の6つの理由

ぜひ、この動画のコメントをください。

  1. 何か吃音改善法を試したことがある人は、今回の動画の失敗パターンになってないか?
  2. この動画の感想

などのコメントを頂ければと思います。
より良いコンテンツを作っていきますので、ぜひご協力お願いします。

コメント入力フォームは一番下にあります。

またご質問などあれば、下記のメールアドレスに送ってください。
support@kitsuonchiryou.com

POSTED COMMENT

  1. mashi より:

    吃音治療は複数行ってきましたがあまり成果は出ていません。

    動画でも川村先生がおっしゃってたように私は会話の中で
    吃音を出さないでおこうと意識しすぎてしまうのかもしれません。
    貴重なご意見ありがとうございました。次回の動画もぜひお願いします。

    • 川村 より:

      吃音改善を行っている人は、会話の中で吃音をコントロールしようと意識しすぎてしまうことが本当によくあるパターンで、それによって余計悪化しかねません。頑張りすぎる人ほど、改善への足踏みをしてしまう傾向がありますね。

  2. くみん より:

    わかりやすい説明ありがとうございます。
    以前、インターネットで購入した教材があるのですが、
    途中で辞めてしまいました。
    これを機会に、再起し私も挫折を乗り越えて吃音を治していく覚悟です。

    • 川村 より:

      はい、チャレンジと調整が大事だと実感しております。

  3. 井口 より:

    川村さんが言うように実際に効果がわからないとこの先不安になってしまいますね・・・。
    前回の動画の内容と並行して実践していきたいと思います。

  4. キタ より:

    今まで書籍やネットでのプログラムなどの購入をいくつかしてきました。
    実際、効果が感じれらる前にやめてしまったので、それらが良いプログラムかどうかはわかりませんが、最初の1ヶ月くらいでやめてしまったいました。
    もっと頑張る気持ちになりました。ありがとうございます。

  5. V.A より:

    吃音が治ったという人が多いのはわかってますが、
    何か大変そうで今まで本気になれませんでした。

    やっぱり地道にやれば効果は上がるんですね。
    でも今私が行っているやり方が本当にいいやり方なのかわからないのが心配で前に進めない感じですかね。

    • 川村 より:

      いいやり方か良くないやり方か?
      スタマリングヘキサゴンを見て、6つの要素をカバーしていない改善方法は見直す必要があると思います。

  6. もくりん より:

    私は、民間治療や書籍など今までいくつも試したことがあり、その度に苦い思いをしました。

    つぎ込んだ金額は300万円を超えます。

    ですが、少しは良くなったかもしれませんが、まだ普通の人と同じように流暢に話すことができません。

    今はもう諦めかけていました。ですが動画を見ていると私も希望が出てきました。何とか克服し、より良い暮らしになることを夢見て頑張ります。

    • 川村 より:

      300万円以上ですか。民間の治療院は費用が場所によってすごい差がありますからね。特に高額な機器などを進めてくるところはちょっと考え直したほうがいいかもしれません。
      実際、フィードバック療法などの機材で20%の人は治るという、記事もありまりましたが、20%の成功率で高いと感じるか、低いと感じるかはそれぞれですので、何とも言えませんが・・・
      現在、海外の吃音改善でも機器を使っているとこはあまりないので、必要だとは思いません。
      ですので、今後高額な機器などを試すときは慎重になったほうがいいと思います。

  7. お世話になります。 より:

    川村さん。動画ありがとうございます。私もこの失敗パターンに嵌らないように、吃音改善を行って行きます。また次の動画を期待しています。

  8. マック より:

    次の動画を早く見たいです!

  9. 武田 より:

    吃音は何が何でも治したいのですが、モチベーションが続かないんですね。私の吃音がまだ軽度だからでしょかね?
    やれば今よりも良くなるというのはわかってるんですが、なかなか現状から抜出せないというか・・・でも、これを機会に治したいと本気で思っています。

    • 川村 より:

      改善のコツは、モチベーションというよりは、
      生活の一部にちょっとだけ改善を試みてみる。それの積み重ねと言った感じでしょうか。

  10. panda より:

    今まで、行った吃音治療は、呼吸法とか、話す訓練とかで、あまり効果はありませんでした。正しい吃音治療とは――そのことが早く知りたいです。

  11. こころ より:

    何度か、吃音を治そうと試みたことはあるのですが、途中で諦めてしまいました。
    動画の失敗パターンと同じようなプロセスをたどっていたと思います。

    やっぱり、1ヶ月で治すとか無理なんですよね。地道にコツコツやっていけば、
    今のやり方で治るのか?それとも、新しいやり方を学んだ方がいいのか?その辺が自分ではわからなくて止まってしまっています。なにか良いアドバイスが欲しいです。

    • 川村 より:

      スタマリングヘキサゴンの6つの要素をカバーできていない手法ならば、
      新しい手法を学ぶか、今行っている手法に、カバーできていない要素を付け足すか・・・といったとこでしょう。
      それと、会話のスキルなども学ぶことによって、改善は向上します。
      そして、海外の文献では、改善と一緒にコミュニケーションスキルも向上させないといけないということが言われています。

  12. あっぷる より:

    良い動画あがとうございました。今、吃音改善を再スタートしていますので、
    今後ともご提供のほどよろしくお願いします。

  13. JJ より:

    続きがとても楽しみです。

  14. 鞍馬 より:

    すごいですね、川村さんの吃音克服にかけた思いというのは。
    私も同じように乗り越えられるでしょか?今まで結構挫折してきました。
    でも何とか変わらなきゃという焦りはいつも持っています・・・

    • 川村 より:

      改善に失敗する人は動画でも話している2パターンがほとんどです。
      海外の改善研究などでも、統合的なアプローチをきちんとしていった方の多くは満足の行く改善へと変化しています。
      ちゃんとした多面的な改善を行ってもまったく変化がないとか逆にレアだと思います。

  15. ファイ より:

    次の動画が待ちどうしいです。感謝しています。

  16. たまる より:

    もう、電話などでビクビクするのは嫌だ。早く治したい。よろしくお願いします。

  17. 松竹 より:

    私もいろいろ治療法や矯正法を試し結果、吃音は治っていません。
    海外の吃音治療法に興味がります。

    海外の吃音方法が進んでいるのは知っていますのでそれを、じっくり勉強して治したいです。

  18. サンクス より:

    川村さんの考えが良くわかる動画でした。非常に興味深い動画でした。
    また、次回も期待しています。

  19. 朱雀 より:

    どもりが酷く改善しようと色々調べたりして試行錯誤してますが、まだ変化はありません。
    動画でご指摘の通り、新しいことを試してはすぐ辞めたりしていましたので成果はでなくて当たり前だったのかもしれません。とても参考になりました。
    次の川村さんの動画も期待して待ってます。

  20. abc より:

    私は川村さんの話している通り、人と話す時に毎回、吃音トレーニングで行ったやり方を意識するあまり、よけい吃音がひどくなって行ったように感じます。
    頑張りすぎてもダメというのが難しいですよね。

    • 川村 より:

      そうですね、そこが引っかかってしまい、改善できないという人が多いんですよね。

  21. Jordan より:

    一番早くて良いのは“忘れる”事。
    どもる自分を忘れさる。どもる記憶を喪失する。
    治そうと頑張るから治らない。治らないから余計どもる、
    そんな感じかな、、どもる記憶だけそっくり無くしたいなぁ

    • 川村 より:

      どもる記憶を失くす・・・難問ですね。一昔前は催眠療法なども吃音業界でありましたね。衰退しましたけど・・・

      ただ、メンタル的な原因だけの人だったら、記憶を失すと改善するかもしれませんが、(記憶を失くした実例を聞いたことがないので知りませんが)
      吃音の要因は、生理的反応であったり、脳の使い方のクセであったり、もしくは遺伝的なものであったりするので、殆どの場合、吃音は記憶を失くすだけでは、無くすのは難しいと思います。

      スタマリングヘキサゴンのすべての要素にアプローチが必要ですね。

  22. みんち より:

    幼少期の吃音はそのうち治る。と言われているのを聞いた事がありますが、やはり身近な環境がやみくもに普通を強要したり、すぐに決めつけたりするような窮屈さも、改善を妨げる要因なのでしょうか。開き直る事やちょっとつまってしまいましたけど何か?的なかわし方は、良い方向なのでしょうか? めげない強さよりも無防備になる勇気なのかなと感じています。

    • 川村 より:

      >やはり身近な環境がやみくもに普通を強要したり、

      まさに、吃音をひどくする原因ですね・・・

      >開き直る事やちょっとつまってしまいましたけど何か?的なかわし方は、良い方向なのでしょうか?

      開き直る事が出来る人は、良いと思います。

      ただ、私は無理でしたので、改善させる道を選びました。

      みんちさんはどうかわかりませんが、
      吃音者の83%がHighly sensitiveperson(感受性の強い性質をもった人)だと言われていますので、殆どの吃音者はどうしても必要以上に気にしてしまうんですよね・・・

  23. まさゆき より:

    僕もた行やあ行、か行を話すときに、
    詰まってしまう事があります。

    どうしても直したいので、今後の動画も楽しみに待っています。

    • 川村 より:

      難発性だけでしたら、軽度~悪くても中度でしょうか。

      た行やか行そしてあ行という場合は、

      基本的に吃音の原因は母音がつまることにありますので、
      か【ka】のaが詰まるということ。

      人によって、何々の行が詰まりやすいなど傾向はありますが、
      原因は母音にある場合がほとんどです。

      (*例外として子音が出ない無発性の場合もありますが)

      ですので、た行、か行、あ行とすべて意識しすると負担ですので、
      まずは、あ行(母音)だけにフォーカスして改善していきましょう。

  24. パック より:

    仕事でお客さんと話さなければいけない時があり、
    本当にしんどいです。私が酷くどもるので空気が止まります。
    完全に治るのは難しいと思いますが、今より少しでもマシになりたいです。

  25. りお より:

    丁度、教材を買おうか凄く迷っています。
    しかし、多額の金額を出せるほどではなくやはり諦めないと…などと悩んでいます。

    しかし、この動画を見て変わりました。
    次の動画を凄く楽しみにしています!

    貴方の動画は見る気になります。
    それに、人と話すのを怖がらずに、たまに話すのを辞めてしまう時もありますができるだけ話すようにはしています。
    しかし、気にするなと言われても無理です…

    • 川村 より:

      りおさんの言う通り、
      「気にするな」と言われて、じゃあ気にしないというのは無理でしょう。
      「気にしなくても大丈夫と思える根拠」がないと、そのような考えにシフトすることはできません。

      ですので、吃音改善にはまず、スタマリングヘキサゴンで言う「生理的反応」「物理的振る舞い」から行います。
      そして、少しでも今よりも改善の兆候を感じて頂きます。

      そのように、心理的なものでないところから手を付け、小さな変化を起こします。
      そういった小さな自信を積み重ねることが、心因的な面も改善していく足がかりになるのです。

      そうやって改善の上昇気流に乗るのです。

      いきなり心因性から手をつけるとポジティブな方、
      かなり柔軟な考え方を持っている人じゃないと挫折する可能性が高いです。

  26. m より:

    動画ありがとうございます。
    わたしも地道に頑張ろうと思います。
    次回も期待しています。

  27. くり より:

    多分川村さんのおっしゃった通り、意識しすぎだから、逆にストレスが溜まって、どもってしまったかなと思ってます。でも意識してない時、突然詰まってた時もありますよ。
    次回の動画を期待しています。

  28. ジョー より:

    僕は今やっている方法が本当に正しいのかが分かりません∧( ‘Θ’ )∧
    訳がわからなくなった時はどうすればいいですか❔

    • 川村 より:

      正しいかわからない時ほど、スタマリングヘキサンゴンを照らし合わせてみてください。
      6つの要素をカバーしていない場合は、その空白の部分を埋める改善法を追加する必要があります。

  29. ちい より:

    はじめまして。

    吃音の原因は一つではなく、六つの要因が関わりあっているという内容、とても興味深く、納得しました。自分自身でもどうしたらいいかわからない、パニックというのがまさにピッタリです。
    仕事上話さなければならず、吃音さえなければ…と思ったことは何度もあります。色々な改善法を試して、その都度うまくいかず諦めかけるけど、諦めたくない!そんな時にこの無料セミナーに出会いました。続きの動画、トレーニングの内容がとても気になります。これからもよろしくお願いします。

    • 川村 より:

      諦めることはありませんよ。最初は色々な改善法を試して、どんどん自分の会話の癖などにに気づいていくものです。

      「吃音を克服した」という人はいっぱい見てきましたが、「初めて聞いた方法でやってみたら治った」なんてラッキー人は見たことがありません。

      また、六つの要因を全てカバーしな治療法は、失敗する可能性が高いことを学んだと思います。
      今後、ちいさんが吃音を克服していく上でこれはとても大事な要素なので、ぜひ覚えておいてください。

      また、六の要因に分けてアプローチしていくことで、「吃音を治すために自分が本当に足りなかったもの」というのが、
      自分自身で気がつくようになります。そうなると、一気に吃音改善がスムーズにいくことでしょう。
      それでは、ちいさんの会話の向上、今後の素晴らしい人生を願ってます。

  30. MJP より:

    次回の動画。
    お願いします。

  31. kkk より:

    これは本物だ!という思いでいっぱいです!
    次の動画楽しみにしてます!

  32. りの より:

    動画ありがとうございました!

    動画でもあったように、上手く話さなければならない。というプレッシャーで毎日毎日がストレスで押しつぶされそうです。
    治ることを信じてます。

  33. みかりん より:

    私も川村さんの動画をみて昔を思い出しました。
    私は友達にめぐまれたせいかいじめられることはありませんでしたが…

    でもいつもあさ起きたら治っていればという気持ちでした。出始めは小学生でしたし、誰にも相談できずまた自分とおなじ症状の人はいなかったので。

    こんなにたくさんの人が自分と同じように悩んでると知りとても驚きました。

    とてもためになる動画をありがとうございます。
    20年なやんできたのですから半年や一年間はたいしたことないと私は思います。焦らず頑張ります。

  34. シュウ より:

    これから息子が吃音治療を初めて行うのですがこれから新しい事を始めるに当たってものすごく参考になるものだと思います。私の父も吃音者です。うちの父の年代では吃音治療など全くなくありのままの自分で生きてきます。でも馬鹿にする人などなく友達もたくさんいます。父の努力もあると思いますが。良い環境だったのかなと思います。私も小学3,4年生の頃に吃音者でした。なにが原因かは覚えてないないのですがいつからともなくどもって相手に言いたい事を告げられずしんどい思いをした思い出しかありません。それでも特に治療などせずにいつの間にか完治しましたが息子はちがいました。今、中3ですがとても苦しんでいます。同じ吃音者でも個人差があることをこの度痛感させられました。私みたいに時期が来たら治るはないのですね。自分の事以上につらいです。10月から言語聴覚士のいる大学病院で治療しますが川村さんのおっしゃるとおり気長に焦らず親子で頑張っていきたいと思います。
    これからも川村さんの助言を聞きながら親子共々頑張って行きたいと思いますのでよろしくお願い致します。

    • 川村 より:

      思春期の方にたしては親御さまの対応も難しく悩んでいると思われます。

      心配する親御様の気持ちは痛いほどよくわかりますが、それが息子様のプレッシャーにならないように、
      「お子様が吃音改善にたいして前向きな時はいつでもバックアップする準備はあるよ」というスタンスがよいです。

      そして、「お子様には何とか吃音を治そう」というネガティブな動機からくるモチベーションを
      喚起するよりも、スタンスから、

      「言葉を上手く話すスキルを上達しよう」など、「どんな会話が出来るような人になりたいか?」
      などのポジティブな動機からくるモチベーションの喚起を意識していくことが、
      サポートをする側の姿勢として大切な考え方になってきます。

      10月からの言語聴覚士様の治療など合わなかったらまた、
      ご連絡頂ければと思います。

      息子様の改善を心から願っております。

  35. Masanori より:

    この動画感動しました。僕もがんばります。

    • 川村 より:

      ありがとうございます。
      頑張り方としましては、「少しずつ自分の成長を楽しみながら頑張ること」というのが吃音改善で最大の効果を出す基本の考え方です。

  36. より:

    動画ありがとうございます。
    私も失敗をするたびに過度に気分が落ち込み
    余計に失敗すまいと意気込みすぎているところがあるような気がします。

  37. kento より:

    今回も貴重な動画をありがとうございます。
    動画での失敗例は、よく分かります。
    一日も早く改善したい気持ちが強くて、当然だと思いました。
    しかし、その気持ちが自分に対して、過度のプレッシャーになってしまっては、どうしようもないですね。
    私も、気長に吃音改善に取り組んでいきたいと思います。
    次回の動画も楽しみにしております。

  38. はま より:

    動画ありがとうございます。私は電話などで、会社名が言えないので、かなり困っております。次回の動画も楽しみにしております。

  39. ドン より:

    次回の動画楽しみにしてます!

    接客業で電話応対が多く、会社名が言えなかったりで結構困っています。
    2~3か月調子がいい時が続けばまた元に戻って、だんだん話せるようになるとまた元に戻って…の繰り返しです。

    最近また悪化してきてるので辛い時期です。

    動画を見ながら努力して行きたいと思います

  40. けんた より:

    吃音者には誰にも言えない、誰も分かってくれない辛い過去がありますよね。
    自分も辛すぎて死ぬことを考えたこともありました。
    希望が見えない毎日でしたから・・・

    次回動画も見てあきらめないで努力します。

  41. おまつ より:

    ありがとうございます。

    今まで吃音としっかり向き合わずに、自分のしたいことをしてこなかった
    人生でした。

    長い目でみて、しっかり努力していきます。

    次回の動画が楽しみです。

  42. まさ より:

    自分でもちょっと意識しすぎと分かっていました。
    めんどくさがりの僕ですが、今回ばかりは無理せず根気強く取り組もうと思えました!
    川村さんの話が僕のやる気スイッチです。
    すらすら話せる自分を想像すると元気がでます。ありがとうございます!

  43. 平和 より:

    川村さんこんにちは!
    動画を見て希望を持てました!
    これからもよろしくお願いします!

  44. t より:

    本当に悩んでます。
    次回の動画を楽しみにしています。
    よろしくお願いいたします

  45. ダイちん より:

    日に日に自信がなくなってきてます、、、
    話すのが怖くて(吃音が怖くて)
    話す事を辞めてる自分がいます。
    逃げちゃだめだ…逃げちゃだめだ…と思う
    のですが、結果逃げてばかりです…

  46. 渡辺 より:

    こんばんわ。渡辺です。

    今日のメールを見た感想ですが、私も最近吃音を意識する時間や直そうと思う気持ちが強すぎて、逆効果になっている気がします。吃音を意識するとストレスが倍になり、胃も張ってきます。

    たぶん、今日のメールを見なかったら1ヶ月後くらいには精神的にも参って吃音治療を諦めたかもしれません。

    吃音は意識すると余計にから回ることだということを再確認しました。

    ただ本当に改善するには諦めないでこのカリキュラムが終わるまで取り組もうと思います

  47. takuya より:

    会いたいです。

  48. hiro より:

    私も吃音者ですが、息子(6歳)も吃音になってしまい非常に悩んでおります。私は、まだしも息子の吃音は直してやりたいのです。どうかよろしくお願いします。

  49. makaroni より:

    川村先生、はじめまして
     吃音症で悩んでいましてこのブログを知り、早速動画を拝見しました。動画を拝見し、海外の吃音治療のことがわかり大変勉強になりました。私は今まで呼吸法、心理的な面からの治療をやってきましたが、現在は自分の名前が言えずに悩んでいます。あきらめずに直していきたいと思いますのでよろしくお願いします。

  50. ゆう より より:

    今本当に苦しんでいます。

    言葉に詰まれば詰まるほど、自信がなくなり

    だんだんとひどくなります。

    なんとか改善したいので

    宜しく御願いいたします。

  51. じゅあ より:

    動画有難う御座います

    治るまで諦めないで
    頑張ろうと思います

  52. ヒロ より:

    先生もたくさん苦しい思いをしたのですね、私も失敗を繰り返さないように、早くカリキュラムを受けたいです。よろしくお願いします

  53. よっちゃん より:

    川村先生ありがとうございました。今の体験談を聞いて(涙)が出てきました。と同時に川村先生の話し方を聞くと以前吃音で悩んでいたなんてとても信じられません。私もこんな風に人前で話せるようになるのかな。。。
    自分の気持ちや考えをストレートに言えるのかな。。。
    次回の動画心待ちにしています。
    ありがとうございました。

  54. jyango より:

    次回の動画を期待しています!

  55. SEIJI より:

    何個か吃音治療を試しました。最初は、改善している気がして、続けられたのですが、効果が出ないとやめてしまいました。普段でも、出にくい言葉を練習したりしますが、逆に吃音の言葉を増やしている気がします。

  56. ジョン より:

    私は、小学校3年生くらいから吃音の症状が出始め、現在まで30数年間、吃音に悩まされています。
    私は、主に難発性吃音です。特定の言葉が言えず、昔は、小学校で生徒会役員に立候補した際のスピーチや電話で話すとき、高校入学の自己紹介時など自分の名前(お)がなかなか出なくて、恥ずかしい思いをしたことがありました。
    現在も、特定の言葉(特にや行、た行、か行)が出にくく電話応対などで困っているところです。
     この動画を見て感じたことは、吃音にも波がありますが、失敗したからと言って、その失敗を引きずることは良くない、失敗しても考え込まず、吃音から逃げないで立ち向かっていくことが重要だと感じております。
     次回の動画も楽しみにしております。

  57. S.I より:

    吃音で自分も悩んでいていろいろ見ているとき偶然ここのサイトに巡り会いました。もしここを見てなければ高額の治療に手を出していたかもしれません。

  58. タック より:

    動画で仰っていた通りです。私は以前治療を試みたのですが、改善の兆しがあったものの、1か月後もたまに言葉が出なかったために、やっぱり駄目だと諦めてしまいました。※一か月から二か月で絶対に治るというカリキュラムだったことも原因です。

    今回はじっくりと焦らず、最後までやりきろうと思います。

  59. しんじ より:

    私は自分の名前を言う時に難発してしまい、名乗ることにひどく恐怖心を抱いてしまっております。

    名乗ることさえできれば、、、と思いながら夢を諦めるのが嫌なので、恐怖心と闘いながら積極的に行動しております。

    ですが、それはブレーキを踏みながらアクセルを踏んでいる状態であり、非常にストレスがかかっております。

    毎日

  60. しんじ より:

    私は自分の名前を言う時に難発してしまい、名乗ることにひどく恐怖心を抱いてしまっております。

    名乗ることさえできれば、、、と思いながら夢を諦めるのが嫌なので、恐怖心と闘いながら積極的に行動しております。

    ですが、それはブレーキを踏みながらアクセルを踏んでいる状態であり、非常にストレスがかかっております。

    毎日、朝起きた時に必ず今日は名前が言えるかどうかという不安が頭をよぎります。

    このようなストレスから解放されて、より本当にやりたいことに集中した生活を送れるようになりたいです。

    川村様のお話は非常に分かりやすく腑に落ちるので、是非今後の動画を楽しみにしております。

  61. ゆう より:

    とても、参考になってます。ありがとうございます。

    一人で抱え込んでいましたが少し楽になった気がします。

    今まで、吃音があることを自分で認めては負けな気がしていたのですが、

    やはりメカニズムを知らなければ対処の仕様もありませんよね。

    次の動画も楽しみしております。

  62. じゅんぽ より:

    分かりやすい動画をありがとうございます。動画なんですが、脱字が少し気になりました(全く問題はないのですが)。

    いきなり6つの要素をいっぺんに意識するのは難しいので、まずは生理的反応と物理的振る舞いについて意識してみたいと思います。

  63. しおさば より:

    動画を見させていただきありがとうございます。

    吃音を意識しすぎてはいけないていうのはわかるのですがどうしても話すときに意識していまします。

    日常で困るのは、言い換えのできない言葉を言うときです。このような場面で少しでも気が楽になったらなぁと思っています。

    次回の動画も楽しみにしています。

    • 川村 より:

      言い換えをすることによって、苦手でない言葉でも吃音が出やすくなる傾向にあります。
      また、苦手な言葉を定着化させることにも繋がります。

      吃音を克服するには、言えない言葉を言えるようにするという決意をしなければならないです。

  64. ねお より:

    動画ありがとうございます。

    今は、最近はじめたんですが
    毎朝10分、音読してます。
    意味があるのかはわかりませんが、最近購入した教材にあったので
    やってます。
    数ヶ月は続けてみようと思ってます。

    自分は、難発性吃音で言葉の一文字目が出にくいんですが
    言葉の言いかえをしないように話したほうがいいんですよね?

    • 川村 より:

      音読は吃音にとってよいとされていますが、
      今はそれ以上に良いとされているものがあります。

      言葉の言い換えは、吃音を定着させ、
      さらに言いにくい言葉を増やすという研究結果もあります。

      コメント欄ではスペースが限られていますので、
      ご質問はメールでお願いします。

  65. ながい より:

    とても分かりやすい動画でした。
    次の動画も楽しみにしています。

  66. より:

    本当に役に立つ良い動画です。
    次の動画を楽しみにしています!

  67. ミサキ より:

    分かりやすい動画ありがとうございます。

    私は話すときにふと吃音のことを考えてしまい、発表などの
    自分が最も緊張しやすい場面になるとどもらないようにとか、上手に話さなくてはなど意識が話すことへと向いてしまいます。
    なので今回の動画がすごく参考になりました。

    また次の動画も楽しみにしています。

  68. ゆう より:

    0
    2

  69. より:

    小学3年生のときに自分の吃音に気付き 日々 話し方を探し続けてきました。

    意識の持ち方 息の吐き方 たまにこれは上手く話せても、次の日になると言えなくなっていたり
    何が違うんだろうと考えていました。
    前回の動画でおっしゃていた6つ同時に意識する、自分にとってはすごく新鮮で、考えてもいませんでした。

    違った風に見ることが出来ました
    毎日喋るのが楽しいです。 本当にありがとうございました。

  70. トット より:

    とうにあきらめていたはずなのに、
    何気に検索していて先生を見つけました。
    今、もう一度チャレンジしてみようという気持ちです。
    よろしくお願いします。

  71. momoco より:

    息子の吃音を直して上げたくて日々勉強中の母です。どうぞよろしくお願いします。

    1回目2回目の動画は抽象的な話が多く今一つピントきていません。
    今通っている言葉の教室でも具体的な練習は音読くらいで、後は不安を強くしないための精神論みたいな話ばかりです。先生もきっぱりと吃音は直らないといっていました。
    私も川村先生と同様アメリカの吃音協会のホームページの充実ぶりに日本との落差を感じています。

    次回から実際のカリキュラムの話が始まるようですので楽しみにしています。

  72. なな より:

    動画、ありがとうございます

    今日も学校で、友達と話す時に吃音が出てしまい
    ぎこちない喋り方になってしまいました。
    家族と話す時でさえ、言葉に詰まります。
    川村先生のように、吃音を改善し、流暢に話せる
    ようになりたいです。
    次回の動画も楽しみにしています。

  73. ケイ より:

    私は今の職場で「ありがとうございます」や「いらっしゃいませ」といった言葉がでてこないため、同僚や上司から日々、ゆっくり話すように指示されています。また、早く何とかしなければともがけばもがくほど症状が悪化しています。直ぐにこの症状が魔法のように治るとは思っていませんが、少しそういった魔法のようなことに期待しているかもしれません。

    少しずつ改善していこうと覚悟を決めました。
    次回動画も、楽しみにしておりますので宜しくお願い致します。

  74. ももちゃん より:

    良い動画を有難うございます。アメリカのお話、興味深くお聴き致しました。もっと詳しくお聞きしたい気持ちになりました。
    次回の動画を楽しみにしております。 

  75. abc より:

    吃音治療は長い期間かけて治していくことが大切なのだと思いました。あせらずゆっくり自分のペースで治していきたいと思いました。今日も言葉に詰まることが多々ありましたが諦めずに頑張りたいと思います。次回の動画楽しみにしてます。

  76. クロちゃん より:

    吃音経験者でないと、この苦しみは解りません。今までにない動画で次回も楽しみにしています。

  77. まる より:

    この動画の最後で、先生自身のお話であったことに 何故か涙が出てきました
    そして、絶対吃音を治してやる!と思いました
    少しずつ少しずつ改善を進めること、3歩進んで2歩下がるぐらいの経過をたどること等 良く分かりました
    次回も楽しみにしています

  78. s より:

    中学時代担任からいじめを受けていたなんて想像を絶する苦しみを抱えていたんだと思います。
    次回の動画、とても楽しみにしております。

  79. KK より:

    今回の動画を聴いて、やれば必ず出来る。治る。という気持ちになりました。
    次回を本当に楽しみにしています。

  80. A.T より:

    動画が心に響きました。性急な改善など求めないように、時間をかけて進めていこうと思いました。次回の動画を楽しみにしております。

  81. conti より:

    こんにちは。僕もあきらめていた1人です。中1の頃が最悪で、毎時間出席を取るのに「はい」が言えませんでした。教師と目が合って当てられないように顔をずっと伏せて隠れるように毎日を送りました。言語障害と呼ばれていました。3人目のケースを聞いていて途中で気づき涙があふれました。ごまかす人生でしたが、月9のドラマのせいで再び検索してみてこちらに出会いました。共感できる経験をお持ちの先生が今は普通にお話しされているのに驚きます。ふまえて聞けば、確かにちょっと面影的にわかるようなところがあるのがとてもリアルです。年令と共にあの頃よりは自然に改善しましたが、とてもこんな風にはしゃべれません。本当に本当にただ普通であるだけで自分の人生はどんなによかっただろうと思う日々です。かつてなく動画の続きに期待してしまう現在です。

  82. 富士勇太 より:

    動画、文字だけでしてたが拝見しました
    65歳男性ですが、相変わらずどもっています。言葉が出てこない難発性です。いろいろ原因僞あるようですが、早く実際の改善の方法んを
    教えて下さい
    次回の動画はいつみれますか
    楽しみにしてます

  83. ひりひり より:

    動画ありがとうございます。

    自分に自信がつけばと最近始めたのが、
    低い声で話すためのボイストレーニングです。
    音読も、子ども向けの教材ですが、
    始めたところです。

    次の動画を楽しみにしてます。

  84. あーちゃむ より:

    動画、とても興味深いものでした。
    私は音楽が好きなのですが、根気強く毎日少しずつ練習するとできるように。
    それと似たようなものがありますね。
    気を急がず、頑張って吃音を治して行きたいと思います

  85. まるまる王子 より:

    動画、ありがとうございます。

    具体的な失敗例を挙げており、非常に分かりやすく、吃音症の改善について、為になる動画だったと思います。
    毎日少しずつ取り組むことで、ストレスなく治療が行われることを知り、頑張ろうと思いました。

    次の動画を楽しみにしています。

  86. ぱおん より:

    私は自分が吃音症であるということを高校時代に知りました。
    そして病院に行き、言語聴覚士さんを紹介されたのですが、その先生からは、「吃音は治らない、上手く付き合っていくしかない」と断言されました。
    それからは言葉の変換作業をもっと上手くならなきゃという風に思うようになり、吃音が出ないようにしなきゃとより一層強く思うようになりました。

    この動画を見て、先生が挙げてくださった失敗例を私もしていたんだなとわかりました。

    焦らず、何事も毎日の積み重ねが大事なんですね。

  87. けん より:

    動画は大変に興味深いものでした。
    トレーニングの効果は時間に正比例するのではなく、曲線的に伸びて行く件、納得です。過剰に頑張り過ぎず、昨日の1%改善していれば良いというのも勇気付けられました。

    次の動画を楽しみにしています。6ヶ月後を見据えて地道に参考にさせていただきます。

  88. ゆんゆん より:

    吃音が酷くなって来たのですが、どうしたらいいですか?

    • 川村 より:

      コメントフォームにご質問をくださる方がいますが、回答できるスペースも限られています。
      ご質問などの内容はぜひ、メールにてお願いします。

      support@kitsuonchiryou.com

  89. ごわ より:

    先ほど動画を拝見させていただき、胸に熱いものがこみ上げてきました。そのような行為を行う教師がいるんですね。憤りを感じます。克服できて、本当によかったですね!
    川村さんの声を聞いた最初の印象ですが、色んな苦労を経験されている方だとなんとなく思っていました。
    次の動画も楽しみにしております。

  90. ヒロ より:

    動画拝見させていただきました。とても、為になりました。次回も楽しみにしています。そして、ありがとう。

  91. トシより より:

    物心ついたときから吃音で、言葉がつまることが、多々あります。運よく就職、結婚もでき子供も無事就職し現在56歳です。今度は、あきらめていた、吃音の克服が夢です。よろしくお願いします。

  92. メンヘングラッドバッハ より:

    最近吃音になりました

    どんどん悪化している気がするので軽い内に早く治したいです

  93. あ〜 より:

    助けてください
    お願いします

  94. y.m より:

    次の動画が早く見たいです。
    早く治したいから・・・

  95. だんちゃま より:

    動画ありがとうございます。
    実体験を聞いて、自分ももっと前向きに頑張らないといけないと思いました。
    早く次の動画が見たいです。
    早く改善させたいです。

  96. ゆー より:

    小学生の頃から吃音で高校に入ってから悪化しました。今、大学一年生ですが人との関わりは大切にしているのでよく話しかけますがどもります笑言葉が出てきません。いま、飲食店で迷った結果接客を選び頑張っています。料理名が言えなかったりするのですごく恥ずかしい思いをしています。なので紙に書いてそれを読み上げるという形にしているのですが逆効果でしょうか?読み上げる形でもどもりますが、書かないよりはマシです。

    • 川村 より:

      言葉の言い換えなどは吃音の悪化、定着などを招きますが、書いてある文を読み上げる行為は悪化はさせません。

      コメントフォームにご質問をくださる方がいますが、回答できるスペースも限られています。
      ご質問などの内容はぜひ、メールにてお願いします。

      support@kitsuonchiryou.com

  97. 茶スケ より:

    動画拝見しました、ありがとうございます!川村さんの中学時代のお話を聞いて、少し自分も似た経験があったので聞いていて少し苦しかったです。本気で人との関わりを最小限にとどめて、自分のしたい事は考えず仕事をしてひっそりと生きていけさえすれば良い、と思う事が何度もあります。その反面、人と良いコミュニケーションを築ける様になりたいとも願ってしまいます。その間で後ろ向きになったり時には前向きになったりを繰り返しています。でも川村さんのお話を聞いてやはり行動する勇気、一歩を踏み出さなければ何も変えられないのだと改めて強く感じました。

  98. ひよこ より:

    動画拝見させて頂きました。
    塾に通ったり、教材を買ったのですが、また元に戻っているようで会話がたどたどしくストレスになっているように思います。
    川村さんの丁寧な説明がとてもききやすくて、希望が見えました。
    また次回の動画も楽しみにしております。

  99. ケイジ より:

    今回の動画も拝見し更に改善する意欲が増しました。川村さん、次の動画も早く見たいです。
    お忙しいところ申し訳ございませんが宜しくお願い致します。

  100. B より:

    吃音治療は試したことはありませんが、地道にやっていくことが大事ということを最初に教えていただけてよかったです。
    せっかちな方なので効果が見えなくても続けていくよう努力していきたいです。

    次回も楽しみにしております。

  101. ヨースケ より:

     動画ありがとうございます。私は吃音については、治らないものと諦めてましたが、克服に向けて挑戦しようと思います。

    また、動画にあったように焦らず地道に頑張っていこうと思います。

  102. こうし より:

    第2回目の動画も大変為になりました。

    少しずつ、毎日、少しづつ。変化を楽しみながら続けていこうと思いました。

    ヒントをありがとうございました。

    第3回目も楽しみにしております。

  103. めんま より:

    早くこの生活から抜け出したいっ!
    今後もよろしくお願いします。

  104. コン より:

    川村様

    有難うございます。
    自分は6週間で改善できるプログラムに取組みましたが、
    少しは改善した気がしますが、残念ながら根本的には乗り越えるところまではいかず、今でも吃音に悩まされています。

    今度こそ吃音を克服したいです。

    よろしくお願いします。

  105. ラムママ より:

    本当に辛い経験されたんですね。
    動画をみて川村さんほどではないですが、
    自分の嫌な経験と重なる部分もあり、胸が張り裂けそうになりました。
    吃音治療をあきらめていたんですが、川村さんの言葉を聞いてもう一度挑戦したいと思いました。

    次回のプログラム、楽しみに待ってます。

  106. より:

    川村さん こんにちは 
    私もずいぶん小さい頃「小学校一年」どもり始めてから
    楽しくない学時代だったり やりたい仕事に付けなかったり、好きな人と付き合えなかったり、人にあざ笑われたりなど色んな辛い目にあってて
    段々生きる意味なくなってしまった、 死んだほうがいいかなぁとまでいつも思っています
    今回の動画に川村さんの経験を見たら、まるで自分のことを言ってるなぁと ともて共鳴して、何だか泣きたくもなっています
    どもりのせいで色んな痛い目にあうのはもう実にこりごりだ、どうしても直してたいんです

    よろしくお願いします

    ちなみに私は外国人です( ^^)

  107. ジョン より:

    未来に希望が持てました。焦らずゆっくり治していきたいです。
    次の動画を楽しみにしています。

  108. chizu より:

    2回目の動画を拝見しました。

    焦らず、焦らせず、進んで行くことを再認識しました。
    今後の動画を楽しみにしています。
    早く子どもと取り組みたいです。

  109. テリー より:

    吃音を意識して話してしまいます。
    意識しないで話したいです。

  110. ボンゴレ より:

    今日も仕事で黙った時に先輩に、落ち着けと言われました。
    ほんとにつらいです

  111. jun より:

    動画拝見しました。改善のためには焦らず地道な取り組みが必要なのですね。
    1日も早く次の動画を観たい気持ちです。
    そして川村先生のカリキュラムにチャレンジしてみたいと思っております。
    次回の動画配信楽しみにしています。

  112. P より:

    川村様

    第2回目の動画をありがとうございました。
    みなさん同じ思いをして過ごされてきたんですね。
    動画を観て生まれて初めて吃音症が治るかもしれないと希望が湧いてきました。
    1日も早くカリキュラムに取り組みたいので、次の動画もよろしくお願いいたします。

  113. こん より:

    河村様

    今回の動画もとても参考になりました。私は吃音を意識し出したのは、2年前くらいで、まだ治療を受けるといったことまではしていません。自力でやろうとしても、毎日の電話がうまく出来ず、吃ってしまい、毎日がストレスです。ですが、前回のシナプスは変えられるということと、今回の意識しすぎることはいけないということは大変参考になりました。しっかり心がけて明日からも仕事に頑張りたいと思います。ありがとうございます。

  114. ペテロ より:

    次回の動画が楽しみです。
    ありがとうございました。

  115. たかし。 より:

    動画upありがとうございます!
    意識しすぎて吃音が頻発するのは、自身でも感じております!
    意識しすぎてひどくなる現状ですが、希望を捨ててはいけないということをこの動画で学びました。
    この動画を見て、地道に改善にする取り組みが大事だとわかりましたので、先生のカリキュラムにしっかり取り組んで行きたいと強く思いました。

  116. アッシュ より:

    動画を見ました。
    僕も言葉を発するたびに吃らないようにしようと頑張った結果吃りは酷くなってしまいました。
    これからは先生の話どうりにゆっくりと治していきたいです。
    次回の動画を楽しみにしています。

  117. より:

    仕事の日々のストレスで以前はそれほど気にすることの
    なかった吃音を徐々に意識してしまい、
    安心できる家の中で身内の前でも
    どもりそうという恐怖で、
    生きた心地がしない毎日です。
    でも、もう逃げたくないです。

  118. ほりうち より:

    2回目の動画を有難うございました。
    焦らず、少しづつでも着実に改善していくことの必要性がよく分かりました。
    川村先生の生の体験談を聞かせて頂き、想像を絶するような大変なご苦労をされたことに感銘を受けました。
    私が吃音であることは、誰にも打ち明けられないですし、もちろん悩みを相談することもできていない状態です。私も一生、治らないと思ってましたし、病床に臥して死ぬ間際の遺言でも吃っしまうのではないかと思いました。吃音が治るなら、自分と言う人間を一度リセットしてしまいたいと思ったこともありました。
    次回の動画も楽しみにお待ちしています。
    宜しくお願い致します。

  119. saya より:

    この動画を見て、数日数週間では治らないんだと実感しました。
    どもるって意識してしまうと、いつもどもってしまっていて恥ずかしいおもいをするので、意識しない方が良いって思うけれどいつも意識してしまいます。

  120. ゆうや より:

    動画拝見させていただきました。僕も自分なりに改善法やどもる原因を考察しています。
    僕も吃音の改善というのは、変な話ですが “早く改善したい”と求めれば求めるほど遠くなるものだとこれまでの経験で思います。
    正直、僕はここ数年で自力で軽度な吃音にまで改善できました。というのも、調子が良ければ一度もどもらずに人と会話もできますし、女性とデートに行くこともできます。
    また、たまにどもる怖さを全く意識せずにナチュラルに言葉を発するときがあり、そういうときにはとても滑らかに発音できます。
    逆に、”この人相手にはどもるのが怖い”, “どもらずに喋れるように頑張ろう” と思ったときにはほぼ確実にどもります。
    それをわかっているなら意識しないようにすればいい、と書くのは簡単ですが、意識しないようにしようと思っている時点で意識してしまっているということなので、とても難しい話です。
    なので、”改善しなきゃ”という風に考えず、無心でいるほうが結果的に良い方向になるなというのが最近の結論です。
    ですが、僕は自分の名前を言うことが一番苦手で、自分の名前だからどもったら変だろうな・・・と思ってしまい、自分で自身に一種の強迫観念を与えてしまっている気がします。名前なんて言う機会がとても多いですし、やはり自分の名前をパッと言えないことのプレッシャーを感じてしまい、とても無心にはなれず泥沼にはまっていく感覚があります。
    なので、川村さんのこのセミナーでとりあえず自分の名前を自信満々に言えるようになれたらなと思います。よろしくお願いします!長文失礼しました。

  121. あやか より:

    最近、接客の仕事を再開しました。
    まだ緊張しますが、以前程の恐怖はありません。

    「声が出る〜声が出ない〜、まぁどっちでもいいやぁ!」
    って気持ちでやってます。

    すると、うまく出ても出なくても、さほど落ち込まないし、「次はうまく出るかもなぁ!」と、その状況をすこし楽しめるようになりました。

    動画ありがとうございます!

  122. みちゃる より:

    次回の動画が楽しみです。
    自分と同じ悩みがある人がたくさんいるとこがわかって頑張らなくちゃいけないなと改めて思いました。、

  123. ゆう より:

    とても大変なことがあったんですね。
    わたしも物心ついた時から、どもっており、教科書を読むのや、
    名前を言うことがいやでした。
    しかし、なぜかわかりませんが、今は本を読んだり、人と話すとき。まったくどもりは気になりません。
    しかし、人前での発表や声出し、人前で自分の名前を言うときに
    どもります。これってなんでなんでしょうか?

    • 川村 より:

      コメントありがとうございます。
      「特定の言葉や状況で声が上手く出てこなくなる」それが典型的な吃音の症状です。

      具体的な回答は、コメント欄ではスペースも限られていますので、
      メールにてご質問頂ければと思います。

  124. ○○○○ より:

    動画ありがとうございました。
    なぜ仕事の電話に出た時だけ会社名の第1声が出ないのか、なぜ仕事の電話で自分の名前を言う時に必ず詰まるのか、本当に不思議でした。悩み抜いた末に精神科を受診しても明確な答えは出ず、予期不安を消すために服薬するという事を続けてきました。偶然、川村さんのサイトを見つけ、自分と同じような症状で悩んでおられる方がいる事を初めて知り、ひょっとしたら自分も治るのではないかという希望が出てきました。

  125. 律花 より:

    動画を拝見させていただきました。

    私も小学生の頃、吃音が原因で教師からいじめにあったことがあります。
    なかなか自分の感情をコントロールしにくい時期でもあったので、ストレスで過呼吸気味になったり、拒食症になったりもしました。
    なんで私だけがこんな目に、と当時は思っていたのですが、現在、同じような悩みを抱えていらっしゃる方がたくさんいると知り、自分だけじゃないんだ、じゃあ頑張ろうと思えるようになりました。

    まとまりのない文章になってしまいましたが、今日の動画を見て、もしかしたら治るのでは、という希望が出てきたのは確かです。

    次回の動画も楽しみにしています。

  126. とこちゃん より:

    動画ありがとうございます。
    頑張り過ぎも良くないのですねー^ ^

    それにしても、中学の先生、最低ですね!
    みんなから、笑われる気持ちも分からずに!

  127. 自衛官 より:

    動画拝見させていただきました。
    改善のグラフは直線ではなく、曲線…英語の勉強みたいですね。
    私は高校時代英語が全くと言っていいほど出来ず、センター試験を独学のドイツ語で受験するくらいでした。
    それが今ではドイツ語に加え、英語もTOEICが一般的な高得点の点数までになりました。
    ここに至るまで、数々の挫折、時間、年数がかかりました。
    吃音改善もきっとこれと同じなのでしょう、10年かけてでも地道にやってやります。

    また、合わせて「直そう直そう」の意識レベルを少し下げて、昨日より1%でも良くなればいいかな、ダメでもそんな日もあるか、くらいの気持ちで臨みたいと思います!

  128. 匿名 より:

    47歳男性です。
    小学生のころからの吃音者です。

    今まで民間の矯正所や通信学習で吃音克服に取り組んできましたが、
    効果がなく、途中で投げ出してしまっていました。

    最近会社でのポジションが変わり、人前で話すことが多くなりました。
    「明日の会議でどもるかも、どもったらどうしよう」と予期不安が大きく、
    夜も満足に眠れません。

    しかし、幸いにも川村さんの動画と出会うことができました。
    これを機に絶対に克服したいと思っております。

  129. 匿名 より:

    20代男性です。

    小学校低学年の時は吃音者でしたが、中学入るまでは自然に治っていました。
    しかし、中学に入学してから部活で強いストレスを受け再び吃音者になりました。そこで、親に内緒で教材を購入しましたが、改善することはありませんでした。それからは現在も吃音で悩まされてします。

    人前で堂々とできない自分とは決別したいてす!
    川村さんの動画に出会えて勇気をいただきました(*^^*)
    次回の動画楽しみにしています(*^^*)

  130. 村上 より:

    動画ありがとうございます
    私はせっかちなので、つい結果を早く求めてしまうところがあります。
    なので今回の動画を拝見できて本当に良かったと思います。

  131. りり より:

    動画を送ってくださりありがとうございます。

    私は、明日と明後日に英語と日本語でのスピーチがあり、今から不安と緊張で最悪です(笑)
    小学校高学年から発症して、スピーチをした後に、緊張しすぎ、とか、先生からもっと練習してきてくださいとか言われて本当に毎回の発表が苦痛です。

    国語の授業などでも指名されないか不安で、他の授業でも分かっていても言いづらい言葉だと言えなくて、悔しい思いを沢山してきました。

    だから今回の動画を見てすぐには無理でも、高校を卒業するまでには治したいと思ってます。

    次の動画も楽しみにしてます。
    よろしくお願いします。

  132. RGB より:

    「彼」の話にはとても希望が持てました。ありがとうございます。

  133. 昭和の老人より より:

    70歳の誕生を迎えようとしています。学生時代~社会人として40数年間の会社勤め
    ~65歳で定年を迎え~再びの就職で総合病院にてお仕事をさせて頂いております。
    川村様が、カリキュラムの中でご紹介されている内容の一つ一つが、正に自分の事を言われているようで、胸が熱くなりました。人の名前を呼べない! 電話に出れない! 電話を掛けれない! 食べたいものを注文出来ない! 人との会話を避けたい! 等々、どれもすべてが該当します。言葉に障害のない人には想像もつかない苦しみを抱えて日々過ごしてまいりました。死ぬまでに一日でもいいから、普通の人のように楽しく話せる日を過ごしてみたいものだと思っていました。川村様のカリキュラムに辿り着けた偶然に感謝しています。70年苦しんで来たものが一ヶ月や二ヶ月で改善できるとは考えておりません。気長く取り組んでまいりたいと思っていますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

  134. 匿名 より:

    動画が楽しみで毎日、メールの受信ボックス見てます

    昨日より1パーセントでも良くなってあればOK
    という言葉にもすごく勇気づけられました。

    先生の話にもすごく勇気づけられ、半年後が楽しみです!

    くじけそうな時は繰り返し画像を見て、好きな言葉が出てきた時はスクショを取り、ヘコタレそうな時に読んでます。

    次回も楽しみにしてます!

  135. jackbauer より:

    がんばりすぎるのは良くないことがよくわかりました。スポーツや習い事とは異なる吃音改善の難しさだと感じました。川村さまの成功体験に非常に勇気付けられます。次の動画がとても楽しみです。よろしくお願いいたします。

  136. まっく より:

    一日も早く治したいです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。