動画講座

海外の吃音治療法~スタマリングヘキサゴンとは~

回線によっては読み込むまでに5秒ほどかかる場合があります。動画の再生ボタンが表示されるまでお待ちください。

ぜひ、この動画のコメントをください。

  1. 今、吃音で悩んでいること
  2. 動画の感想

などのコメントを頂ければと思います。次回の動画に役立てますので、ぜひご協力お願いします。

(コメント入力フォームは一番下にあります)

またご質問などあれば、下記のメールアドレスに送ってください。

*コメントフォームにご質問をくださる方がいますが、回答できるスペースも限られていますので、ご質問はぜひ、メールにてお願いします。

support@kitsuonchiryou.com

POSTED COMMENT

  1. 倉田 より:

    以前、どもりの教材を買って治そうとしたことはあるのですが、
    実際に話す時に意識してしまい。余計どもりが酷くなってしまいました。
    こんな私でも今よりも良くなるでしょうか?

    • 川村 より:

      吃音改善を行っている人で、話す時に意識してしまい、
      余計悪くなるということは本当によくあることです。
      最初は毎回話す時に吃音をコントロールをしようというのではなく、
      一日のうち少しずつ意識しるようにした方が改善への近道となります。

  2. さがみ より:

    吃音改善に取り組もうとインタ―ネットで
    何個かのプログラムとと本は買ったことあるのですが、
    途中で辞めてしまい、変わらないままでした。
    この機会にまた再起し、
    吃音を治して行きたいと思います。

    • 川村 より:

      また、再起する気持ちになって頂き嬉しいです。
      海外では、吃音改善は特別なことではなく、
      ダイエットやリハビリなどよのいうに、毎日ちょっとづつ行えば
      普通に改善していくというのが当たり前なのですが、
      日本の記事などを見ていると、何か治ることが困難な印象をうけるので残念ですね。

  3. 村田 より:

    吃音改善のわかりやすい説明ありがとうございました。
    今は何をしたら良いのか・・・と思案中でしたが、
    一つの非常に有効な考え方として活用できそうなので
    今後の情報提供を楽しみに待っております。

    • 川村 より:

      ご覧いただいてありがとございました。
      ぜひ次回の内容も見てくださね。

  4. matu より:

    まだ、吃音克服トレーニングを開始して間もないのですが、
    時間的にはかなり費やして努力しております。
    どうやって自分の吃音を治したらいいのか模索しています。
    でも、動画を見て方向性が見えましたので、
    また一からやり直したいと思います。

    • 川村 より:

      動画でも説明しているように全体のバランス、総合的に見るのが重要ですね。
      正しいやり方を少しずつ気軽に行ってください。

  5. おっさん より:

    お世話になります。私は難発性吃音で悩んでおり、
    電話なども取れなく、時間をおいてから何度も練習して
    かけなおすというありさまです。
    もう、50歳を超え、正直こんな私でも治りますでしょうか?
    吃音克服に臨みたいという気持ちは強いのですが、今は不安の方が勝っております。
    何か良いアドバイスなどあればお願いします。

    • 川村 より:

      70代から吃音改善に取り組んで克服した人も何人か知っています。
      50代なんて全然問題ないです。
      逆に10歳以下のお子さんとかのほうが、難しいですね・・・

  6. マサ より:

    川村さん大変参考になる動画ありがとうございました。
    ただ、漠然と吃音改善を行ってましたがこのような、
    仕組みがあるこを知り、改善の光が見えたような気がして
    ワクワクしています。次の動画配信も必ずお願いします。

  7. 山海 より:

    現在私は、仕事で接客することもあり、
    大変ストレスを抱えています。
    最近本当にもう仕事を辞めるか迷っています。
    こんな状況でありあますが、よろしいでしょうか?
    お導きのほどよろしくお願いします。

    • 川村 より:

      仕事をどうするかはアドバイスできませんが、
      職場でストレスを抱えている相談者は本当に多いですね。
      みなさん同じような状況で改善に臨んでいるので前向きに考えて頂けたらと思います。

  8. キタ より:

    吃音改善に取り組もうとインタ―ネットで何個かのプログラムとと本は買ったことあるのですが、途中で辞めてしまい、変わらないままでした。この機会にまた再起し、吃音を治して行きたいと思います。

    • 川村 より:

      応援します!

  9. joy より:

    海外などの吃音治療は優れていると聞いたことがあるのですが、
    こっちでは情報が全く入ってこないため、今回の川村先生のお話は
    大変興味深かいものでした。
    今後もぜひ海外治療の状況ややり方などを配信して頂けたら嬉しいです。

  10. 富山 より:

    私は、ずっと吃音に苦しめられており、人との、コミィニケイションも、あまり得意では、有りません。
    毎日、吃音を治すために努力できるかも、不安です。
    こんな私でもどうにかなるでしょうか?

    • 川村 より:

      みんな同じです。改善に取り組む前に治る自信のある人なんていません。

  11. 牧田 より:

    初めまして。どもりの改善にすごく興味をもっています。
    今までに本などを購入したことはありますが、治療院などに通ったことはありません。
    今の生活からみて何とかしたいと切に願っています。
    次回を楽しみにしています、ご指導よろしくお願いいたします。

  12. mmm より:

    私は、本を朗読する時ですらどもってしまい、何も手をつけられない状況です。
    まず、私は何をしたらいいでしょうか?

    • 川村 より:

      まずは、遠回りにならないように吃音改善の知識をつけるのが良いと思います。

  13. au より:

    以前吃音改善のマニュアルを買い、
    少しはマシになったのですが、
    全然満足できるまで治ってません。
    大事な時になると緊張してしまい。言葉が出なくなります。
    今よりももっと、マシになりたいのでぜひ、教えてください。

  14. ゆっき より:

    興味深い動画ありがとうございした。次回の動画も楽しみにお待ちしております。

  15. より:

    初めまして。73歳の爺です。
    3年前にどもりの改善方法があることを知り挑戦しました。
    ですが、本が送られてきただけで具体的にどうしていいのかわからず
    何も進みませんでした。今は諦めていました。
    今回の内容でどのようなことに気をお付けおけばいいのか理解できました
    が具体的な内容を知りたいです。
    とても興味が有りますので、次回以降も拝見したいと思います。

    • 川村 より:

      70代の方でも改善しています。
      ぜひ、次回の動画もご覧ください。

  16. 竹田 より:

    少しでも良くなれば・・・と。今までは全然ダメでした。

  17. まつ より:

    大変参考になる動画をありがとうございました。
    海外の吃音改善の情報は初めて知りました。
    次回の動画も期待しています。

  18. THANK より:

    どもりは治らないという、概念を取り払って欲しいですね。
    次回も楽しみです。

  19. 前田 より:

    動画見ました。
    吃音改善への道筋が少しわかりました。
    私は、以前2年間ほど民間治療に通っていましたが、
    ただ話す練習や発声練習を毎週するだけで、
    結果、何も変わらなく2年間で100万円以上、
    その上、矯正のベルトや器具なども買い、
    トータルで150万円以上はついやしました。
    一時的に、改善が見られる時もありましたが、
    基本的に変わっておりません。
    ですが、何故、効果がなかったのか動画を見て理解できました。
    次回の動画もぜひよろしくお願いします。
    続きが知りたいです。

    • 川村 より:

      高額な改善法を試した方からよくメールが来ます。
      海外の吃音改善法でも器具を使っているとこは殆どないので、正直、器具類で高額なものを買うのはお勧めしません。
      それでは、次回の動画もぜひご覧ください。

  20. ウィーン より:

    ネットの情報=信じられないが私の信条でしたが、
    動画を見て、どもりを治すのに、
    再度挑戦意欲が出てきました。
    続きを期待しています。

  21. わたせ より:

    はじめまして。渡瀬と申します。
    吃音治療の知識はいろいろ勉強しましたが、今ひとつきめ手となるものがありません。
    海外の知識は初めての世界です。
    やる気などは若い人にも負けないのですが・・・どうでしょうか?
    長年の吃音の克服を目指して頑張りたいと意気込んでおります。
    今回はすばらしい動画ありがとうございました。
    吃音の治療に必要な知識だったと思います。
    今後もよろしくお願いします。

  22. 神楽 より:

    どんな方法でもいいからこのどもりを治したいです。
    何か良い方法があればぜひ教えてください。
    本当に悩んでいます。
    いろいろ試してみたことはあるのですが、続きません。
    何か効果的で長続きしてできる矯正方法などの情報が欲しいです。
    一日の時間もあまり取れません。
    以前通っていた治療院などは毎日1時間ほど練習しないと効果は出ないと
    言っていたのですが、やっぱりそんなものなのですか?
    ネットでは、10分でとか、15分で治るのなど
    耳触りのいい言葉が並べられてるのですが、
    いくつも購入したことがあるのですが、実際、それだけで
    治った実感がありません。
    もっと効果的な方法があれば知りたいです。
    動画でご説明していた、チャートは腹に落ちました。
    偏った方法では効果はないと実感しています。
    それでは、次回の動画を待ってます。

    • 川村 より:

      おっしゃるとおり、ある程度吃音に時間をさくことは必要です。
      いくらなんでも簡単には改善しませんからね。
      ただ、あまりハードなスケジュールでは絶対に続かないですから、
      少しの隙間時間や、一日の会話の中のほんの少しを吃音改善に当てるといったことで持続していけば良いでしょう。
      ただ、本当に間違えて欲しくないのは吃音改善は簡単で即効性のあるものはありません。「短期間で改善する」など謳っているところもありますが、そういったケースはレアケースです。
      スタマリングヘキサゴンでいうと、1つの要素だけが悪かったとか、
      そういった極めて軽い吃音ケースだと思います。
      改善は数か月から半年は、見ておいた方がいいでしょう。
      ちょっとずつ、負担なく改善さえるのが重要です。

  23. 就活中 より:

    現在、仕事を探しており面接に苦労しています。
    何度もリハーサルして面接に臨むのですが、やはり言葉が出なくて落ち込みます。
    すぐにでも新しい吃音改善に取り組みたいです。
    もちろん短期間で効果が出ないのはわかってますが、
    今後のことも考えて早く取り掛かりたいです。
    それでは次回の動画に期待しています。

  24. you より:

    動画の説明はちょっと難しくて理解が出来ませんでした。
    今後、もっと詳し説明を期待します。

  25. りーり より:

    動画見ました(´・ω・`)
    コメントを書き込んでいるみなさん同様、吃音改善に取り組みたい気持ちが強まってます。アドバイスいただければと・・・

  26. 田中 より:

    私は今まで、いろいろなことをやってきて3百万くらいはつぎこんだかもしれません。その度、やっぱり治らなかったという落胆に終わります。
    もし、効果があるものならどんなものでもやってみたいと思ってます。
    もちろん、これ以上高額なものに投資するつもりはありませんが、何かあればと藁にもすがる気持ちです。

  27. キントン より:

    川村さん動画ありがとうございます。
    アメリカの吃音治療は進んでいると確かに聞いたことがあります。
    でも日本で広めている人は聞いたことがりません。
    なんでなんでしょうね~?
    やっぱりアメリカと日本の差はすごいんですね。
    今日も、コンビニでタバコを買うとき言葉がでなくて、恥ずかしい思いをしました。
    いつも、特に若い女性だと緊張して買いたくても躊躇してしまいます。
    完全にとは治らないと思いますが、今よりも少しでもよくしたいです。
    海外の最新情報待ってます。

  28. yoki より:

    メールも送りましたyokiです。
    仕事でお客さんと話さなければならない時があり、つらいです。
    これを機会に吃音改善をスタートしたいと考えています。
    ご指導のほどお願いします。

  29. みんち より:

    胸のつかえがやわらぐような気がします。
    まだ夢を追うような段階ですが、目をそむけず取り組める気がします。

    • 川村 より:

      難しく考えると余計に改善の足を引っ張ることになります。
      日本では吃音の克服が何か困難なような印象を受けますが、
      海外では取り組めばきちんと結果がついてくるというのがスタンダードです。
      決して夢のような話ではりませんので、ぜひ取り組んで頂けたらと思います。

  30. エルエ より:

    電話が苦手です。特にまわりにに同僚がいるときなどいなくなるを待ってから電話します。
    この動画をきっかけに吃音の改善になればと思います。

    • 川村 より:

      よくわかります。
      私も、昔はエルエさんと同じでしたし、
      電話も着信があってから毎回、言うことを練習してから、
      折り返して電話をかけていました。
      電話が苦手な人多いですよね。

  31. より:

    動画ありがとうございました。
    次回の配信はいつになりますでしょうか?

  32. パーン より:

    普通に話すのよりも電話だととくにどもります。
    今、仕事で電話を取らなけばならないことがあるようになったので
    これを機会に治して行きたいです。

  33. より:

    吃音治療の最前線の情報を覗かせて頂き大変感謝しております。
    次回動画も楽しみにしています。

    • 川村 より:

      ご視聴ありがとうございます。次回の動画は失敗する典型例の話なので、失敗する人と同じことを繰り返さないためにもぜひ、見てください。

  34. ayu より:

    私には幼いころから吃音があります。
    ここで皆さんのコメントを見て、同じことで悩んでいるのは
    私だけではないのだと少し安心しました。
    次回の動画をお待ちしてます。

    • 川村 より:

      吃音で悩んでいる人は本当に多いですよ。
      そして、誰にも相談できなくて一人で抱えている人が多いです。
      人前では出来るだけ普通にふるまって周りは吃音だと特に気づかないけど、本人は深刻に悩んでいるケースなども多いです。
      軽度~重度の差はありますが人口の1%は吃音だと言われていますから、悩んでいる人は珍しくないんですよね。
      でも、吃音の方同士というのは、人とコミュニケーションをとるのが苦手な人が多いので、意見がなかなかシェアし合えないので、悩んでいる人が少ないと思ってしまうんですよねー。
      そんな状況をなんとかしたいですね。

  35. 田上 より:

    今までずっとずっと吃音改善に取り組んできましたが、確かに偏りばかりの取り組み方でした。
    心理的なアプローチはとても大事だと思いますが、野球選手やその他スポーツでのスランプも実際はメンタル面でのアプローチや技術面など多岐にわたると思います。
    そういった意味で今まで培った心理的技術も活かしながら、柔軟な考え方で改善に取り組んで行きたいと思います。

    • 川村 より:

      はい、おっしゃる通り、
      スポーツにおけるスランプなどのメンタル面と、
      吃音の心因性の改善は、海外の書籍などを見ても
      共通することがよく書かれています。
      それらの知識をつけることは
      メンタル面の改善に役立つことが多いです。
      大事なことは、動画でも話しているように、
      メンタルでも、信念、認識、意図、感情と、
      4つの要素がありますので、
      それぞれに対して
      アプローチしていかないといけないということですね。
      「メンタル」とざっくりひとまとめで考えてしまうと、
      メンタルの中で、偏りが出てしまいます。

  36. ヨシ より:

    私は小学生の頃から吃音に悩まされ、発表会などの度に、自己嫌悪に陥り、心がボロボロになりましたが、一方で、負けん気が強い所もあり、勉強やスポーツを頑張ることで、自分のプライドを何とか維持してきた様な気がします。 元々、話すのが好きな方で、冗談を言うのも好きですが、良い冗談が思いついても、タイミング良く口に出せないで終わってしまうことは、しょっちゅうでした。 しかしながら、吃音であることを知られるのが嫌なので、いつの間にか、話す際には、瞬時に、言い難い言葉を避けて、言い易い言葉に置き換えるようになり、これまで何とか頑張って来ました。 ですが、職場では、どうしても決まった言葉を言わなければならない場面があり、都度、嫌悪感に置き込んでいましたが、今からでもそれを解決しようと、申し込みました。 実は、少し前まで、言*会という吃音者の集まりにも参加していましたが、そこでは、吃音を気にせず、いくらどもっても、気にせず話すことを訓練する様な会で、正直、大きな違和感を感じて3回程行った後は止めてしまいました。 日本では、この様な会が色々あるようですが、これでは吃音を完全に固定してしまう様に感じました。 なんとか、6ヶ月間頑張って、後悔の無い人生を歩みたいと思います。

  37. 川村 より:

    吃音者の中には、すべて吃音のせいにして
    何事にも後ろ向きにしか考えられない人をたくさん見てきました。
    決して現状に腐らず、頑張れることを見つけ、努力できるのは素晴らしい資質です。ポジティブに考えられる方ほど、心因性の部分の改善は早いです。
    アドバイスとしましては、言い易い言葉に置き換えるという手法をどうしてもとってしまいがちですが、それを繰り返していると、苦手なワードが増えるとう研究結果が海外であります。
    ですので、詰まっているワードを、ゆっくりでもいいので言えるようにちょっとずつ克服していった方がベストです。
    おっしゃる通り、言*会など、日本にはそういったサークルなどたくさんありますが、「吃音を周りに受け入れてもらおう」「吃音でも堂々としよう」という趣旨のサークルは、私からもお勧めしません。
    あくまで改善に向けて、人前で話す場を作るという趣旨のところは良いと思います。

  38. 今野 より:

    吃音のため、毎日がつらいです。
    吃音を治すのが、夢です。
    参考にさせていただきます。

  39. たっちゃん より:

    頭の中では言葉ができてるんですけど、それをすらすらと言葉に出すことができなくて、どもってしまいます。脳と言葉の連携がうまくいってないのでしょうか。人と話す時も最初にどもってしまうと考えてしまい会話が続きません。

  40. りお より:

    初めて見させていただきました!
    私は、名前が言えないのと、電話で吃ってしまうのが特に気になります。
    名前が言えないのは本当に大変で、受験もありますし、面接とかもあるので改善できたらと思っています。

  41. くり より:

    吃音の問題を持っている外国人です。
    母語で話す時はどもるときは多いけど、英語は大丈夫みたいです。
    日本語を勉強する時はまた大丈夫だったけど、人と交流する時どんどん酷くなってきました。
    だからどうやって改善するのかわからないです。
    次回の動画を楽しみにしてます。

  42. kashi より:

    幼い頃より、吃音で悩んでおります。
    仕事でも吃音で苦しい思いをすることが多くあります。
    できれば改善したいと思い続けておりましたが、それを考えるのもつかれてしまい、現在は半分諦めてしまっております。
    ですが、改善したい気持ちも強くあります。次回の動画にも期待しております。

    • 川村 より:

      私のミッションとしましては、特に、仕事で悩んでいる吃音者をサポートしていきたいという信念があります。
      ぜひ、諦めないで前を向いてチャレンジして欲しいです。実際、改善しているという方は非常に多くいます。
      ちゃんとした方法をやっているのにも関わらず、まったく吃音が改善しないという方の方が少ないです。
      ですので、私の動画などで少しでも自信をもって頂ければと思います。

  43. kotani yuu より:

    川村さんは吃音で悩んでる人にとって、希望の星のような人かもしれません。
    お体に気を付けてください。何かお手伝い出来る事がありましたら、なんなりと声をかけてください。

    • 川村 より:

      嬉しいコメントありがとうございます。こちらこそ、お困りのこおがあれば教えてください。

  44. なかじま より:

    小学校高学年から吃音に悩まされ続けています。現在22歳ですが、年々吃る言葉が増えて来ているように感じます。調子がいい時と悪い時の波も激しく、悪い時は何を話しても吃ってしまいます。
    半ば諦めていた吃音の改善ですが、今回動画を拝見いたしまして、吃音の克服に向けて取り組んで行こうと思います。

  45. アビーより より:

    川村さんのブログに会えて幸いです。
    何だかワクワクする気持はなぜでしょう?
    次回の動画も是非拝見させて下さい。
    ありがとございました。

    • 川村 より:

      ワクワクして頂けて私も嬉しいです。
      吃音改善は眉間にしわを寄せながら考える人よりも、
      楽しみながら行っている人のほうが、遥かにスムーズに改善がいくと経験から強く実感しています。
      ぜひ、次回の動画も楽しみながらご覧ください。

  46. さいとうさん より:

    次回のメール 期待しています

  47. りの より:

    私は今、高校2年生です。
    本当に吃音で毎日悩んでいます 泣
    あの動画を見たらほとんど当たってました。
    不安や緊張で吃ってしまいます
    学校の授業でも、当たる授業、国語に関しては
    音読などがあります その授業の時は、本当にびくびくしながら 当たるんだろーなって思ってます。
    吃音さえなければ・・・。

  48. Ky より:

    今年から就職し社会人になりましたが、吃音のため電話取りのたび緊張しています。苦手な人や怖い上司との内線や、初めてかける相手との電話ではほぼ確実にどもります。
    人とのコミュニケーションでも(発声が)苦手な表現を短縮したり言い換えた結果、言葉足らずになり、相手からは誤解を招き自分自身には「伝えたいことを表現できなかった」というモヤモヤが残ります。吃音がなければ自分は確実に変わると思い、すがる気持ちで拝聴させていただきました。次回も楽しみにしています。

  49. みかりん より:

    私は小学生と0歳児のママですが、幼稚園や小学校などで自己紹介や行事の反省会などあります。
    そのようなときは、前日から緊張して寝れないことがあります。
    特にお休みするときの電話は組の名前と子供の名前がでてこず、よく電話の向こうで困惑している様子がわかります。調子がよければでることもあるのですが、一度失敗するとだめですね〜
    子供とスムーズな会話をするためにも是非治したいと思います。
    治ったら前向きに役員などに立候補しようと思います。
    基本喋ることは大好きです。

  50. シュウ より:

    中学生の息子の吃音でこの1週間ほど色々調べ始めたところです。まだ何もしていない状態です。
    近くの大学付属医療センターに吃音症治療しているところがあり、10月に予約をしております。
    これから色々取り組んでいく中、川村さんのブログで吃音のしくみを色々と知ることが出来てよかったです。これから気長に治療を始めたいと思います。

  51. より:

    はじめまして。私は30歳のIT関係企業で働く吃音者です。
    物心ついたころよりずっと吃音症の症状に悩まされながらも
    どうにかこれまではやってきましたが
    今の職場の電話の多さ、責任の大きさに正直押しつぶされそうです。
    今まで軟起声、腹式呼吸、チアミンの摂取、森田療法、民間の矯正など、様々な改善アプローチを試してきましたが、未だ症状が好転したことがございません。
    川村さんの動画を拝見して、これならばと半ば諦めていた吃音改善に、期待する気持ちが湧き上がってきました。
    社名と自分の名前を淀みなく伝えられるようになるため、最高のジョークを最高のタイミングで言えるようになるため、
    何卒お力添えをお願い致します。

  52. 匿名 より:

    とても分かり易いチャートと解説で、吃音の原因と治療法について理解が深まりました。ありがとうございます。
    義理の息子はもう成人ですが、子供の頃から重度の吃音だったらしく、夫も若い頃はやはり軽い吃音はあったようで腹筋を鍛え、声を低くゆっくり話をするように意識して改善されたことから、息子にも同様の方法を試すように薦めていますが、息子は「うん」と返事はするものの、気乗りしないのか改善する努力はしていないようで、私自身、息子の子供時代が実際にどのような環境で、母親がどのようにサポートしたのかは全くわからず、ただ仕事も続かず、人間関係もうまく築けない息子の将来を考えると、やはり大きな要因であらゆどうにか改善する方法がないものかと色々と調べている中、川村さんのサイトに辿り着き、ようやく吃音の原因が何重にも絡み合った結果なのだと思い知りました。

  53. kento より:

    20代半ばの者です。
    貴重な動画をありがとうございます。
    私自身、これまで精神面で吃音症状が左右されることが多かったので、精神面だけのアプローチで大幅に改善するかもしれないという、誤った考えがありました。
    とくに、現在は強迫性障害という病気を患っていることから、この病気を改善できてくれば、心に余裕が生まれるので、吃音改善にも一役かってくれるだろうと思っておりました。
    しかし、このことも重要ではあると思いますが、6つのアプローチのうちの一つに過ぎないということが、理解できました。
    なので、今後は精神面でのアプローチとして、強迫性障害の改善は勿論ですが、その他のアプローチも同時にやっていきたいと思います。
    私は大学時代に論文に接する機会もありましたので、アメリカでの多くの研究・論文には、しっかりと科学的根拠があることも理解しております。
    今後の動画も楽しみにしております。

  54. てつ より:

    自分も百数十万円お金をかけましたが直りませんでした
    ただ自分の場合は怠け者で続けることが出来なかったのも失敗した原因だと思ってます
    自分も吃音改善はリハビリみたいなもので長い時間かけて行なっていくものだと思ってます
    今回は怠けることなく続けていきたいと思います
    あと2回楽しみにしてます

  55. すけ より:

    ありがとうございました。
    私は、二年目の社会人です。1年目では言えた言葉が今ではどもって言えなくなりました。色々吃音改善プログラムを試してはいるのですが、なかなかうまくいきません。
    しかしながら、この動画を見て少し希望が湧いた気がします。次回、楽しみにしています。
    ありがとうございました。

  56. あいざわ より:

    吃音の治る期間とその方法が知りたい

    • 川村 より:

      これらの動画でも話していきますのでぜひ、ご覧下さい。
      また、ご質問などはコメントではなくメールアドレスにご連絡ただけると助かります。

  57. いしはら より:

    私はそうじきの「き」は言えるのにきをつけの「き」が言えません。
    これはなぜでしょうか?
    また治す方法はないのでしょうか?

    • 川村 より:

      最初の文字が言えないとうのが、多くの吃音者(難発性)に共通する特徴となります。
      それを改善させるためには、スタマリングヘキサゴンで話している6つの要素を変えていくことに繫がります。

  58. はま より:

    大変勉強になりました。吃るメカニズムが、あるんですね。是非他の動画も拝見したいです。

  59. かい より:

    動画ありがとうございます。予期不安で吃りそうな言葉は必ず吃ります。吃る言葉でも不安が無いときは吃りません。これから努力して治したいと思いますので宜しくお願いします。

  60. mac より:

    いつも難発の吃音で言おうとしている言葉が出ないので、言葉を言い換えて発音しようとしても声が出なく、会話を止めてしまう事がいつもあります。
    声が出にくいので無理やり発声しようとするため喉に力が入りすぎて息苦しくなり余計に声が出なくなります。
    いつも声が出なくて不安で仕方ありません。
    これからの動画に期待しています。

  61. しょう より:

    小学校低学年から、言葉に詰まるようになりました。
    チャート、とても勉強になりました。
    次回の動画も楽しみにしています。
    長年の悩みの吃音を治すために頑張りたいと思います。
    メール、お待ちしてます。
    よろしくお願いします。

  62. けんた より:

    大変興味深い内容でした。
    自分も27年間苦しんでますけど「絶対に治る!」と心に言い聞かせて
    治る事を信じてます。
    次回の動画も見ます。

  63. ゆらゆら より:

    もうすぐ大学の受験で、面接があります。
    でもどもって上手く話せないし、しゃくれているので滑舌もすごくわるいです。毎日不安でたまりません。
    日本でも吃音がもっと浸透してほしいです。
    バカにされたり不愉快な顔をされるのはもう嫌です。
    吃音の原因、特に悩みすぎてしまうこと、すごく当たってるなと思いました。
    次回も楽しみにしています。

  64. win より:

    とても興味深い内容でした。
    焦ってではなく、少しずつ取り組ませていただきたいと思います。
    よろしくお願いします。

  65. ライオンキング より:

    6つの側面 同時改善が必要の事、とても参考になりました。ありがとうございます。

  66. Opera より:

    あきらめかけてましたが、何だか希望がもてました。

  67. わいなー より:

    はじめまして!
    私は中学のころから吃音に悩まされ、もう一生直らないものだと思い込んでおりました。
    てすが、動画を見て川村さんと直していきたい思いました!
    お願いします。

  68. ゴンフー より:

    動画を拝見させていただきました。
    是非海外での改善方法を参考にさせていただき、吃音を克服し、辛い人生を改善したいです。
    今後も宜しくお願い致します。

  69. 荒吐 より:

    動画拝見させて頂きました。
    今まで画一的な方法しか試してこなかったため、眼からうろこでした。
    私は現在民間の吃音治療をされている方の指導のもと
    半年ほどトレーニングをさせてもらっています。
    詳しい理論は口外しないように言われているためここには記せませんが、一音目と二音目を区切ることにより吃音は必ず改善される、というのが治療の内容です。
    ただ、半年継続後の現在も、私の吃音へ改善の兆候は全く現れず、正直違う治療方法も試してみたいと考えています。
    川村さんの治療法を実践する際には、前述の治療はやめたほうがいいでしょうか。また、川村さんから見て一音目と二音目を区切る方法は吃音に対して効果があると思われますでしょうか。

    • 川村 より:

      こんにちは、荒吐。
      >一音目と二音目を区切る方法
      吃音改善には人それぞれ、見解が違いますのでそれを踏まえて、私の考えをお話します。
      私が学んだには、「一音目と二音目を区切る」というのとは逆の考え方になります。
      区切るよりも言葉が滑らかに流れているように話した方が、
      吃音が出にくいと考えています。
      また、難発性の吃音が酷い人ほど、区切ってしまうと、
      それだけ最初の言葉に詰まる回数が増えてしまうはずです。
      ただ、その民間治療の方の意図が別のところにあるかもしれませんし、
      詳しい内容がわからないので、
      この質問に対する単純な意見になりますのでご了承ください。
      また、ご質問はメールアドレスにお願いいたします。

  70. まさ より:

    高1です。
    いまどもりに悩んでいます、小学生2年の3学期後半までは普通に友達と喋れていました。
    小学2年のときに父と母が離婚しました、父と母が毎日のようにイスなどを投げたりしていて、とても仲が悪かったです。僕は本当に恐かったです。
    どもりの原因にストレスや精神的なダメージがあると聞いたことがあるのですが、本当でしょうか?
    あと僕は、か行が行が苦手で、言葉が詰まってしまいます、もう絶対になおしてやる!と思っています、気持ちだけでも前向きにやっていこうと思います!なおすことだけを考えて前に進むのみ!!
    みなさんのおかげで勇気、パワーがみなぎりました。
    いつか、いや絶対にテレビ関係のお仕事に就くんだぜい

  71. ヨシ より:

    物心ついた頃からの吃音者です。61才です。私はシチュエーションで吃音の度合いが激しく、普段の会話は先ず問題無く、知らない人がほとんどです。先生の動画で何か方向性が見えて来たと思います。次の動画期待しています。ありがとう御座います。

  72. nao より:

    今までにない画期的な手法なんですね。
    驚きました。

  73. ダイちん より:

    現在28歳で、飲食店の管理職についてます!
    小さい頃から吃音があり、小学生の頃朗読の時間に誰でもわかる漢字なのに言葉が全く出ず…
    もともとやんちゃな方なので人と話したり友達もいっぱいいてごまかしがきいてたのですが、23歳位から吃音を気にしはじめ酷くなる一方です…もともと吃音が目立たなかったせいか今では管理職につくことができてはいますが、店に電話が鳴ると心臓がバクバクし電話をとると声が出ないので無言になります…
    飲食店なのでオーダーが入るとオーダーを言わなきゃいけないのですが最近はオーダーすら言えなくなりました…言えなかっからどうしよぉ〜…立場的にもしっかり仕事を見せなきゃいけないプレッシャーなどなど…
    ちょっと前までは普通にできてたのに…などなどとても悔しい気持ちです。本気で治したいので力貸して下さい。

  74. 匿名 より:

    私は小さい頃からどもるたびに、家族や友達によくからかわれてきました。
    年々どもりが酷くなる感じで、最近はあたまの言葉が出ないようになってしまいかなりストレスを感じでいます。
    普通の言葉なら言い換えればなんとかなりますが、自分の名字は言い換えれないので…
    病院の診察時の名前の確認や会社への休みの電話、
    飲食店への予約の電話などで名字を言わなければならないことがよくあるので苦痛です。
    私は歯科で働いているのですが、最近患者さんの名前を呼ぶときも第一声がなかなか出なかったり、言えなかったらとゆう不安もつのり仕事にも影響が出てきています。
    妊娠したので、この職場で働くのもあとわずかなのですがこの先の事をいろいろ考えると不安でなりません。

  75. みー より:

    29歳女性です。
    私は小さい頃からどもるたびに、家族や友達によくからかわれてきました。あまり話すのも得意なほうではなかったです。
    年々どもりが酷くなる感じで、最近はあたまの言葉が出ないようになってしまいかなりストレスを感じでいます。
    普通の言葉なら言い換えればなんとかなりますが、自分の名字は言い換えれないので困ってます。
    病院で診察時に毎回名前を確認することや
    職場への休みの電話、飲食店への予約の電話などで名字を言わなければならないことが嫌でたまりません。
    私は歯科で働いているのですが、最近患者さんを呼ぶときも名前がなかなか言えなかったり、言えなかったらとゆう不安もつのったりと仕事にも影響が出てきています。
    妊娠したので、この職場で働くのもあとわずかなのですがこの先の事をいろいろ考えると不安でなりません。
    吃音症は治らないと半ば諦めていましたが、こちらの動画を見て少し希望がもてました。動画の続きを楽しみにしてます。

  76. あか より:

    仕事で電話も挨拶も満足にできない。家族の前なら吃らないけど外ではどもる。周りがなんて思ってるか考えたら情けなくなる。自分がつまらない人間だと思っている等々。動画で吃音のメカニズムがなんとなくわかりました、ありがとうございました。

  77. 渡辺 より:

    電話で店の店名が言えなくなってしまった。(ストレスが原因か?)
    それが悪循環して人の目を見るのが辛くなってきた
    直感的に納得できる内容でした

  78. ジル より:

    動画ありがとうございます。
    私は難発性の吃音で悩んでいます。
    矯正所に通ったり、高額なものを買ったりといろいろ試してみましたが、治りません。
    職場でも、電話や、人前で話す時に困っています。
    動画をみて希望が湧きました。

  79. りょう より:

    私は中学生です。
    2月10日、高校の面接をしました。
    緊張というのもあったのですがものすごくどもってしまい、本当に恥ずかしくて、早く治したいという思いでいろいろなことを試しました。でも全く効果がなくて、、、泣
    先ほど動画を見させていただきました。
    これまでになく希望が湧いてきました。
    本当に有難うございます。
    これからも宜しくお願いします!

  80. らがーまん より:

    言友会というところの伊藤さんに相談した時に、吃音は治らない。上手くつきあうことが重要だといっていました。
    治らないんだと悲観してしまいましたが、こなよ

  81. バン より:

    僕は高校の面接で自分の名前を言うだけで吃ってしまいました。吃った影響で顔が歪んだり体を大きく動かしてしまいました。それを面接官に見られて恥ずかしくなり質問をされると吃りがひどくなりました。 僕は特にか行を最初に話そうとするとすごく吃ります。 吃音症を少しでも改善しようと思いインターネットで知った吃音症の治し方を試していました、その時は良くなったと思っても家族と話すとどもります。 僕はなぜ吃るのか知りたくて調べている時に吃音の最新治療法というのを見つけて動画を見て少し希望が持てました。ありがとうございます。

  82. 凛華 より:

    苦しいです。
    半年ほどで治るものなのでしょうか?

    • 川村 より:

      平均的な判断から、半年を目標に見ています。
      吃音症でも人それぞれ違いますので、詳しいご質問などはメールを下さい。

  83. はな より:

    動画をみさせていただきました。
    私は中学の頃から高校1年の今までどもり症に悩まされてて自分の名前とかだったり相手と会話する時にどもってしまいます。
    そうなると自分の話す言葉に自信がなくなって言えない言葉を遠ざけたりとても辛いです。
    この動画を見てどもりの事を理解でき、とても納得しました。
    言葉を話すという行為に希望を少しもてました。
    ありがとうございます。
    次の動画を楽しみにしています。

  84. 四季 より:

    動画を見させていただきました。
    私は昔から人との会話をすると、緊張し、どもってしまっています。
    最近では、本当は思っていることも言えずに、話す前に口をつぐんでしまう状態です。
    そのため、他の人とあまりしゃべることも少なくなってしまっています。
    今回の動画を見て、どもりのことについて理解できました。
    今まで、このどもりはしょうがない、とあきらめていましたが、この動画のおかげで直すために頑張っていこう、という気持ちになれました。
    ありがとうございます。

  85. れんこ より:

    6つの要因、とても勉強になりました。
    私は、おそらくひどい吃音ではないと思ってはいますが、何回もことばがでなくて困ったことはあります。今も、会社の電話にでて、会社名が出てこないことに悩んでいます。なんとか治していけたらいいなと思っています!

  86. まちゃ より:

    まず、素敵な動画をありがとうございます。
    小学生の低学年から今まで、吃音に悩まされてきた私にとっては 実体験をし、回復しているあなた様の動画を見て、ためになると思ってます。
    授業中の発表などが辛い中、私にとっての光が見えてくるようです。ゆっくりでもいいので、だんだんと治して行きたいです。

  87. 森下 より:

    大変参考になる動画をありがとうございます。
    私は今年から保育士として働くのですが
    吃音が治らず、保育士の夢を諦めようとしていました。
    小学生の時から吃音に悩み、友達から笑われることもたくさん経験しました。
    自分の名前が言えない。電話が出れない。
    自分の言えない、苦手な言葉が決まっています。
    自分が吃音症であることを忘れよう
    リラックスしてゆっくり話そうと、
    意識すればするほど、何も話せなくなりました。
    もう保育士は辞めようと思いましたが
    これを機に、努力し、楽しい未来を築けるように
    頑張りたいと思います。
    吃音症は治らない。と諦めていましたが
    川村さんが克服され、すらすらとお話されているのを聞いて、吃音症は治せるんだ。と嬉しく思いました。
    ありがとうございます。

  88. ニッシー より:

    僕は吃音により
    高校を中退してしまったのて゛、
    どうしても直したいです!
    頑張ります

  89. ヨッシー より:

    接客業をしております。
    相手が見える対面ではなんとかなるのですが、相手が見えない電話がとても苦痛で苦手です。
    しかし、電話から逃げるわけにもいきません。
    お客様にも迷惑を掛けてる思うのでこの機会に直せたら嬉しいです。
    川村さんが頼りです。よろしくご指導ください。

  90. アダルトチルドレン より:

    いろんな要素が重なりあってると理解できました。

  91. ゆう より より:

    川村さんの動画の通りだと思います。
    自分でも十分に認識してても、いざ、人前で話そうとすると言葉が出てこない
    助けてください。すがる思いです。
    宜しく御願いいたします。

  92. よもよもぎー より:

    小さい頃からずっと悩んできました。吃音のせいでいじめに合い、友達もあまりいなかったりと良い思い出があまりないです。結婚して旦那の家族と上手く話せなくて毎日ドキドキが止まらないです。やっとサイトで調べてみてここを知りました。
    今よりもっと上手に話せるようになりたいです。

  93. にっしー より:

    次回も期待してます

  94. りんりん より:

    緊張したときや、ある特定の場面でどもることが多いです。
    やはり、過去にたまたまどもって嫌な思いをしたのが原因になっていそうです。

  95. にしにし より:

    動画をみて、その通りだと思いました。
    諦めていましたが、今回頑張ってみようと思っています。
    次の動画を楽しみにお待ちしています。

  96. 二ノ より:

    僕は自己紹介や、スピーチなどみんなの視線が自分の方を向いていると緊張して言葉が出てこなくなってしまいます。
    僕も本気で直したいのでこれからもよろしくお願いします

  97. ヒロ より:

    初めまして、40歳になる男性です。幼い時からどもっていましたが、症状は軽かったのです。大きくなるにつれ、症状が悪化していきました。特に電話がひどく、入社当時はどもりながらも電話対応していました。それが、特定の言葉がどうしても、でなくなり、出ない単語も増えていき、今では、吃るどころか、喉が硬直してしまったような感じで言葉が一言も発せられなくなるくらい、重症化しています。電話は今は、全て同僚にお願いしている状況です。今までできていたことが出来なくるのはとても、辛く自暴自棄になってしまいます。
    今までいろんな、治療法を試してきましたが効果がありませんでした。動画で指摘されている複合的な要因を複合的に治療するというのは、関心を持ちました。もう一度頑張って取り組みたいと思いました。ぜひよろしくお願いします

  98. よっちゃん より:

    私は小さい頃どもっていた事があり母に連れられてカウンセリングに行った記憶があります。今は40代ですが先日人前で話さなければならない状況になり、その時に吃りが出て全く話せませんでした。
    ここ最近です、それまでさほど気にしてなかったんですが。。。あ行、さ行…今からどうなるのか、今になって吃りで悩む事になるのかと思うと本当に不安です。自分の気持ちを伝える分にはそこまで抵抗はないのですが、決まった文章を目の前に出されて読むとなるとダメです。極度の緊張が前に出て解っているのに言葉がでないんです。堂々と人前で話したい!

  99. とりっぴー より:

    人前に立つと緊張で挨拶や言葉が上手くてず喋ることができません、周りからは笑われていつもバカにされてしまいます…
    こんな私でも少しでも治せるなら良い方向に治していきたいです、ぜひ続きの動画もみたいでみたいです!

  100. jyango より:

    はじめまして。
    難発性で苦しんでおります。
    サラリーマンから独立のため、頻繁に人とのコミュニケーションをとっておりますが、やはり吃音で言いたいことが言えず困っております。
    自分の理想をかなえるためにも、最大限何でもチャレンジします!!
    動画楽しみにしております!!!

  101. はし より:

    来年就職活動があるので少しでも改善したいと思っています。電話や人前で話す時にどもってしまうことに悩んでいます。
    動画を見て少しどもりについてわかった気がします

  102. ママ より:

    息子が吃音です。比較的軽い方だと思いますが大きくなるに連れ悩み始め4月から就職しましたが電話に出なければいけない部署で最初の言葉が出ず日増しに深刻になっています。心療内科にかかろうと思い何処がいいのか探していましたが吃音自体を調べて見ようと思いこちらにたどりつきましたがこちらを拝見して先が見えた気がしました。息子にも帰ったら見せようと思います。ありがとうございました。次回も見させて頂きます。

  103. なる より:

    いろいろな方法をひとつずつ試していた私にとって、複数の方法からアプローチすることにとても期待が持てました。
    次回の動画も楽しみです。

  104. ナイキ より:

    今年で19ですが
    今まで7年間くらい吃りのせいで馬鹿にされてたりいじめられてきました。
    そのため毎日、意識して話をするようにしたのですが余計ひどくなった僕なのですがこんな僕でも治すことは可能ですか?

  105. たかたか より:

    はじめまして、動画拝見致しました。
    私は仕事でアナウンスをかけます。アナウンスの冒頭に言う決まったフレーズが言えなくでどもってしまいます。
    頑張って自分なりの対策を考えてそれを実行して良くなったり、どもりに戻ったりを繰り返しています。
    今はどもりが戻っている状況です。効率よく効果的に吃音を治したいです。
    病院にいって診察してもらおうかと考えていましたが、動画をみると日本は吃音治療が遅れてるとありました。
    病院での治療はあまりよくないのでしょうか?

    • 川村 より:

      コメントでは書ける分量が限られていますので、ぜひメールでご質問下さい。

  106. dd より:

    六つに対して同時に対処していくんですね。
    具体的な振る舞いなどの方法はどうしたらいいのでしょうか?

    • 川村 より:

      コメント欄では書ききれないのでぜひ、メールを下さい。

  107. さとう より:

    お世話になります。
    六つの重要なことは把握できました。
    具体的にはどのような取り組みをすればよろしいのでしょうか

    • 川村 より:

      コメント欄ではスペースが限られていますので、ご質問はぜひメールで下さい。

  108. たか より:

    川村さん、動画ありがとうございました。僕にとって吃るはつらい日々でした。小さいころから吃っていたんですが、ここ1、2年で吃るが酷くなっていて悩みに悩んでいました。そんな時に川村さんの動画を拝見さしてもらいまして希望が見えました。六角形の説明を聞いていると、すべてがあてはまっていたのでビックリしました。今日から頑張ろうと思ったので次の動画が楽しみです。自分のやりたい仕事のためにも絶対治します。川村さんころからも宜しくお願いいたします。

  109. のもゆみ より:

     動画、拝見しました。
    私は、特に電話をかけること(アポイントメントをとること)、会議等で大勢の前で話すこと、プレゼンテーション時、に言葉が出てこなくなります。ずっとコンプレックスを抱えてきて、電話などが終わると泣きたくなるくらい落ち込みます。でもこれも自分だと思って頑張らなければいけないのですよね・・・。

    • 川村 より:

      おっしゃるように、今の自分を受け入れるということは大切です。
      そして、それ以上に大切なことは、今の自分を受け入れた上で、望む自分に変えていく決意です。

  110. あや より:

    私はそもそも吃音症ではなく、小学校6年のころ、親友に裏切られてから現在高校2年までずっと吃音症です。
    今となっては全然気にしてませんが、吃りが治りません。私は英語が好きで教師になりたいです。でも、吃音症の人が教師をやっていけるとはとてもじゃないけど思えません。。。吃音症を直したくてネットを調べても高額なお金を求めるものだったり…そもそも吃音症は好きでなったわけではないのにどうしてお金を払わなければならないのか…治ると保証もないのにバカバカしいとそのまま放置していました。でも日に日にストレスが蓄積しますから吃音症は比例して悪くなるばっかりです。英語では吃らなかったのに最近吃ってくるし、独り言を言うのも吃ってしまいます。流石に歌では吃りませんが…
    いつも、吃るのではと思う→吃る→焦る→他人に馬鹿にされる→自己嫌悪に陥るの繰り返しです。吃ることによって友達も作れないし教師にもなれそうにもないし不安で不安で仕方がありません…
    こんな私でも吃音症を克服できますかね…?
    やはり自分の夢を叶えたいです!

  111. るー より:

    吃りがひどく、電話とか自分の名前がしっかり言えなく困っているので早く治したいです。

  112. nobopyon より:

    自分の名前が言えなくなって12年が経過しています。
    毎日の仕事が辛く、逃避行動から飲酒や喫煙の量も増えています。
    今年こそなんとか、いまの状況を改善しようと奮起、奮闘していた折、この動画を知りました。
    次回の動画を心から期待しています。

  113. タック より:

    以前同じようなプログラムに出会い手、改善出来るかなと思いつつも挫折しちゃいました。ただ色々なことから逃げているという現実に辛くなっており、また仕事でも影響し始めたことから、今回こそは克服するという強い意志を持ち取り組みたいと思います。
    どういった人が失敗するかなど知りたいことが沢山ありますので、次回の動画をお待ちしております。
    またこのような改善プログラムを提供して頂き、本当にありがとうございます。

  114. なかじ より:

    日本とアメリカの研究の差は30年も違うんですね。
    早く治したいので、次の動画を待っています

  115. じゅんぽ より:

    19才男、専門学生です。どもりは2、3年前からありました。
    今年の夏休みに、ビアガーデンのバイトとして働いていました。初めてのバイトで、どもりが出ないか不安でしたが、案の定どもってしまい、どうにかしたい!と思いこちらのブログにたどり着きました。
    バイトをしたことによって、自己嫌悪する時もありましたが、今の自分の状況が知れてよかったと思っています。また、バイト先で素敵な人に出会い、自分もこういう人になりたいと思いました。
    動画を見て、とても分かりやすくて、なるほどな。
    と思いました。
    自分は脇見恐怖症の症状もあるので、そちらの方と一緒に治療に取り組んでいきたいと思います。

  116. 匿名 より:

    第一回目の動画ありがとうございます。
    わたしは難発性の吃音です。
    自分が吃音だと認識したのは大学一年生の時です。
    人生最初のアルバイトでコンビニのレジでした。
    いらっしゃいませとありがとうございますが言えませんでした。
    吃りは意識すればするほど辛くなります。今は大学三年生でどもりはじめて二年半になります。
    高校までは順風満帆な人生でした。自分にも自信持てました。
    今の症状は最初の音だけが出ないことです。特にそれほど悪化する傾向もありませんが回復もしません。
    第二回のビデオをもっと早く見たいです。
    有効な改善方法も教えてください!
    人生を楽しみたいです。

  117. しおさば より:

    動画を見せていただきありがとうございました。
    高校生ぐらいから吃音に悩んできて現在無職の22歳です。
    ハローワークに通っていますが、面接が不安でどうしようもないレベルです。
    いろいろな側面からアプローチをして改善に取り組んでいこうと思います。
    次回の動画も楽しみにしています。

  118. やんとし より:

    動画拝見させていただきました。川村さんと同じような経験が多々あり、吃音で仕事の影響が出るほどでした。特に電話対応が苦手で電話の音が鳴った瞬間にしっかりしゃべれるだろうか?、どもったりしないだろうか不安で不安で、いざ対応してどもってしまうと相手に笑われてしまい羞恥心となんでうまくしゃべれないのだろうという憤りを感じていました。もう電話に出たくない、誰とも話したくない、と思うときもありました。この動画を見て少しでも吃音が改善されればいいと思います。次の動画もどうぞよろしくお願いします!!

  119. たくみ より:

    高校の時に友達に言われて初めて、ずっと続いてきたこの症状の名前を知りました。
    今大学生ですが、このせいで苦しんでいるけれど良い友人にもこれまで恵まれなんとか楽しく日々を送っています。
    けれどもう何年かしたら就職活動があるため、治せるのなら治したい、というのが本音です。
    是非次回もみたいと思いました。

  120. ながい より:

    お金をかけずに治したいです!
    この動画を見て頑張ります!

  121. やざき より:

    19歳の学生です。どもりをきっかけに友達がいなかったり、情緒不安程になってます。性格的な問題もあるかもしれませんが、きっかけは間違いなくどもりです。どもりを切り口に人生棒に振りました。ここには書きませんが胸糞悪いことがたくさんありました。僕はどもりを個性らしく解釈したので、性格がおかしい、おかしいことが自分らしいみたいなことになってます。そんな自分に酔っていることもあります。心の底ではこんな事辞めたいと思いますが、自分なりの精神安定法なので変えづらいです。なのでどもりの事をもっと知ろうと思いました。決して現状の生活には満足できません。このままいくとやりたくないことをやりたいことのように振る舞うと思います。自殺願望さえ芽生えることもあります。自分を自分でコントロールできません。全てはどもりに遡ると思います。どもりのことを考えると頭の中がこんがらがります。なんとかしたいです。
    問題なのはある程度の生活を送る手立てを持っていることだと思います。だったらそれでいいじゃないかと言われそうですが、それじゃ嫌なんです。自分がどうしたらこのループから抜け出せるか知りたいです。ある意味わがままな考えですが、どもりを知ることが僕にとってのステップアップらしきものになると思います。悲観的にとらえてどもりを消すのではなく、どもりをどう料理してやろうかと考えています。どもりのことをもっと教えてもらいたいです。
    脈絡のない文章ですいません。

  122. たなちゅう より:

    どもりのせいで話したい人と話せず楽しいはずの人生がたのしくない みんなにはわからないいたみを長年味わってきました
    。少しでもどもりを改善してこれからの人生を楽しく過ごしたいです。

  123. さとー より:

    動画の内容はとても分かりやすく、また今まで知らなかった重要な情報が含まれているので、見てよかったと思っています。感謝の気持ちでいっぱいです。次の動画も期待しています!

  124. ロッキー より:

    今までは、吃音治療と言うと一つの方法を求めていましたが、複数のアプローチ方法があると言うのは斬新だと思いました。
    次の動画も楽しみです。

  125. さとう より:

    とても為になる動画ありがとうございます、次回もよろしくお願いします。

  126. ヨッピ より:

    頭の中では文書が出来てるんですけどそれをうまく言葉に出来ずに、最初の言葉すら出ず毎日が苦しいです。
    次の動画楽しみにしています

  127. たけし より:

    今回の動画見させ頂きました。
    非常に興味深く、動画の内容が
    自分に全てあてはまっています。
    皆さんコメントされているように
    苦痛で改善出来る事を願っています。
    人生を変える為にも自分から
    逃げずに改善していこうと思います
    ので、これからもよろしくお願い
    致します。

  128. トモ より:

    吃音で悩んでいます。
    ただ驚いたのはコメントの多さです。
    たくさんの人が自分と同じように
    悩まれているのですね。
    次回の配信も興味ありです。

  129. ゆうすけ より:

    動画有難うございます。
    私は主に「イ」の音を単語を発音する時どもってしまいます。
    また、緊張した時もどもります。
    改善したいです。
    宜しくお願いします。

  130. ミサキ より:

    今回の動画を見させてもらい6つの要因に同時にアプローチしなければならないということを初めて知りました。
    私は電話や初対面の人と話すときに吃音が酷くなってしまいます。
    就職の面接などがそうです。
    逃げずに頑張ろうとしてもいざその場面がくると不安でいっぱいになります。
    でも将来のことを考えて吃音は直したいと思っているので
    次の動画を楽しみにしています。
    これからもよろしくお願いします。

  131. けい より:

    社会人になって、営業をしております。
    20代の頃は、「少し滑舌が悪い」だけかな
    と思ってましたが、最近「おはようございます」が
    上手く言えなくなってしまいました。
    きっかけはよくわからないのですが、
    人前でしゃべる事が増え、上手くしゃべろうとすると
    緊張感に襲われ、どもるようになりました。
    今回の動画は、とても分かりやすく希望が持てる感じがしました。
    次の動画を早く拝見したいです。

  132. 朝顔 より:

    30代営業職です。
    電話や会社名,名前に難発を抱えています。
    動画観させて頂きました。
    今まで私は深層心理的な内面を意識していましたが、
    複合的な要因を知ることが出来き、違った側面からも改善をトライしてみようと思えました。
    吃音を知り、
    上手に吃音と付き合いたいです。
    ありがとうございます。

  133. 二児の母 より:

    動画見させてもらいました。
    小学2年生の子どもが吃音になって一年たちます。
    何をどうしたらいいのか分からず困っていた所この動画にたどり着きました。
    動画にはためになる事がたくさんありました。
    あせらずゆっくり子どもと向き合っていきたいと思いました。
    次回の動画も楽しみにしています。

  134. だい より:

    動画見させてもらいました。
    吃音の原因が6つもあるということを初めて知りました。
    次回の動画も期待して待ってます。

  135. かるん より:

    中学一年生の息子が吃音です。クラスの子にバカにされて嫌な思いをしているそうで。本人もどうしても治したいとう強い意志のもと、教育機関や、医療機関に相談していますが、なかなか治りません。
    諦めかけてたのですが、この動画を見て、少し希望が
    持てました。

  136. キョウユウ より:

    お世話になります。動画を見させていただきました。
    ありがとうございました。今は自分が吃音なのか何なのか分からないのが現状です。緊張とストレスでうまく言葉が発せないことで悩んでます。この動画を見て少しでも改善出来たらと思ってます。今後とも宜しくお願い致します。

  137. トット より:

    複数の要因というのは、わかる気がしますが
    期待していいですか?
    期待したいです・・・
    改善できるなんて本当に本当に夢の様な話だから。
    次の動画待ってます。

  138. なな より:

    私は、小学生の頃から難発性吃音です。
    言いたいことが瞬時に言えないので、笑いのネタも
    いえないし、大切なことも人に伝えられず、辛いです。
    音読のときに、最初の言葉が出なくて笑われたり
    友達や、家族、好きな人にでさえ「なんで、そんな喋り方なの?」と指摘されました。
    今は、昔よりはマシになりましたが、相変わらず
    「ありがとう」が言えず苦しいです。
    「ありがとう」の代わりに、「ごめんね」を使って
    生活しています。
    正直、皆には「感謝の気持ちがないんだな」と
    思われているような気がします。
    言えない言葉があったら、言いやすい言葉に置き換えたり、または言う事を諦めたり、そんな思いは
    もう嫌です。
    今回この動画を見て、涙が溢れそうになりました。
    今まで色々試してきましたが、こんなに説得力の
    ある動画は初めてだと思いました。
    川村さんなら信じれると確信しています。
    次回の動画を楽しみにしています。
    もし吃音がなおったら…と思うと夢のようです。
    大変素晴らしい動画をありがとうございました。

  139. ぱぷひむにゃ より:

    先ず、お礼を言わせて下さい。
    本当にありがとうございます。このような動画を上げて下さり、心底感謝しております。
    物凄く共感しました。また逆に自分の気持ちを共感してもらった!という感情さえわきました。
    一時良くなるんですよね。不思議と。でも原因が曖昧でよく分かってない為に再発した時に、あ〜この方法じゃダメなんだ〜。ってネガティヴになるんですよね。それの繰り返しであらゆる方法を試して前進しても、どうせまた、、。って気持ちが先行します。
    でも、川村さんの動画を観たら他とは違う何かを感じました。
    それを早く確かめたく、次回動画も是非宜しくお願いします。
    希望をありがとうございます。

  140. ケイ より:

    はじめまして、4年程前から自分の話し方に違和感を覚え、医師に吃音と診断されました。治るものではないと宣告されたのですが、自分なりに話し方や気持ちの持ち方を工夫して何とか、上手く吃音と付き合えないかと努力してみましたが、逆に悪化しているような気さえしています。接客や電話に出ることが欠かせない仕事に就いており、言葉が出てこないことに日々、恐怖感を感じながら出勤しています。このような事に悩まず、仕事で実力を発揮したです。
    この動画が何かきっかけになればと勝手ながら思っております。
    次回動画も宜しくお願い致します。
    また、貴重な経験を私たちの為に提供いただいた川村様には心より感謝致します。

  141. S.A より:

    ずっと悩んできました。
    特に仕事の際、電話の応対にはいつも苦しんでいました。
    私は自分の苗字が言えません。必ず難発になり、早口になってしまいます。
    何度も病院や何かを試そうとしていましたが、何をすればいいか分からず今回この動画を拝見させていただきました。
    治るものではないと思って生きてきましたが、改善は出来るのではないかと少し希望が持てました。
    苦しい思いは自分だけではなく、他にもおられる事を知って諦めないでやっていきたいと思いました。
    ありがとうございました。

  142. y.s より:

    川村さん、貴重なお話をありがとうございます。私は15年ほど吃音に悩まされています。どんなに治療法を探しても、川村さんが仰っていたように日本では研究が全く進んでいないので改善されることはありませんでした。もう私はこのまま吃音と共に一生を過ごしていくのか、と何度悲しくなったことか…どんどん自分を嫌いになっていくんですよね。コメント欄を見て、自分と同じ悩みを抱えている方がこんなにもいるという事実を知れただけ一歩前進したような気がします。
    川村さんのもとで、もう一度だけ吃音克服に挑戦してみたいと心から思いました。
    次回動画もよろしくお願い致します。

  143. ももちゃん より:

    爽やかで、誠実そうな話し方に感激致しました。動画の内容も分かりやすく、すーと理解でき、納得しやすいものでした。最新のアメリカの治療を知ることができ、安心と共に感謝です。私は、記憶が始まる前から難発の吃りで、人前で、今まで、ほとんど話をしたことがありません。現在、65才で、仕事も一段落し、川村さんの動画で頑張ってみようと思っています。宜しくお願いします

  144. taka より:

    以前は普通に喋れていたことが、最近、急に言えなくなってしまいます。
    このままどんどん言える言葉が少なくなってしまうことを考えるととてもつらいです。どうかアドバイスお願いします。

    • 川村 より:

      吃音の状態は人それぞれありますので、まずは詳細な状況を教えて頂かないとアドバイスが難しいです。
      そういったことから、ご質問はメールでお願いします。

  145. 池田ろさ より:

    早く吃りをなくしたいです。本当にビデオのとおりなので頑張って克服します!!かならず!!

  146. アキラ より:

    素晴らしい動画ありがとうございます。
    私は、40年近く、吃音に悩まされてきました。
    これまで、様々な教材や、治療法をかなり真剣に試してきましたが、どれも、しっかり改善した!と思えるまでは、なりませんでした。
    でも、やはり諦めたくないと思い、検索しておりましたら、川村様のサイトに出会いました。
    動画の今後の展開を楽しみにしております。

  147. TU より:

    私は今年社会人になりましたが電話で話したり接客業が多いのでしがうまく言葉を発することができなくて悩んでいます。どもりを治して人と楽しいコミュニケーションとりたいと思っています。
    動画を見させていただきましたが吃音症が治るかもしれないという期待が少し持てるようになりました。次回の動画も楽しみにしてます。よろしくお願いします。

  148. より:

    私は両親が言うには言葉を覚えて1年ほど経った頃、突然どもりが始まりそれからずっと、悩まされています。
    人と話すのは好きなはずなのに、人前、大人数、という状況になると吃音が出てしまいます。
    「思い込みだ」「気にしすぎだ」「言い訳だ」と
    言われるたびにその通りだと思い、傷つきました。
    藁にもすがる思いです。
    次回の動画配信がいつなのかわからず見通しが持てないのですが、とにかくこの動画を見て改善の可能性が見えてきました。
    ありがとうございます。

  149. まつ より:

    私は吃音が治ると信じたいのに、信じられないまま過ごしています。
    dvdや教材を見て練習しても続かず、少しも良くなったと思えないからでしょうか。
    とりあえず、治ると信じてみることから始めようかと思っております。

  150. コンポタ より:

    私は小学校4年から吃音に悩んでいました
    特に母音が苦手で難発性の吃音でした
    治そうと努力し母音を言う練習を毎日していましたそして小学校5年のとき吃音がよくなりました
    中学に入学してスピーチや音読なども周りの人と同じようにできるようになりました。
    しかし、中学3年の秋頃から人前で話すときにまた吃音に似た症状がでてきてしまったのです。
    再発してしまった理由はなんとなく自分で理解しています
    多分ですが言葉の最初にえーやえーとなどの言葉をくっつけて喋る癖がついてしまったからだと思います。
    それから高校に入学して人前で話すのが苦手になってしまいました。…
    しかしこの動画をみて私は治し方が間違っていたことに気付きました。その他自分の気持ちと同じ状態から吃音に繋がっていることもわかりました。
    確かに吃音が一時的に良くなった時私は人前で話すのが好きでした。教科書の音読も自分から進んで読んでいました。
    でも、吃音が再発してネガティブになりトラウマが呼び起こされた私はまた吃音になり昔と同じことを繰り返している状態です
    でも、私はやっぱり諦めたくありません。
    絶対に治したいです。長くなりましたが本気で治したいので動画をみて努力したいと思います。
    最後にこのような素敵な動画に出会えて私は幸せです。
    本当にありがとうございます
    心の支えです。明るい未来に向かって頑張ります!

  151. sima より:

    僕は3歳の頃から吃音症の39歳です。
    幼い頃から言いたい言葉が発しにくく、特に朗読はトラウマです。
    9年前に初めて吃音症という言葉を知り、病院に行きました。
    診断では「幼い頃に利き腕を直させられた為、脳に障害があるのではないか?」というものでした。
    上手く吃音と向き合うしかない…と諦めていましたが、やはり仕事や人間関係のトラブルに悩まされ困っています。
    動画を拝見しましたが、こんな僕でも改善しますか?

    • 川村 より:

      >診断では「幼い頃に利き腕を直させられた為、
      >脳に障害があるのではないか?」というものでした。
      20世紀初頭に利き腕を直すことは、吃音の原因になるという、
      考えが広まりましたが、1940年以来、多くの研究でそれは反証されています。
      否定されている半世紀以上前の知識を、
      患者に伝える医師がいることに驚いています。
      近年の吃音研究は、fMRIにより、
      脳の発火の優位性が吃音に影響していることがわかっていますので、
      もしかしたら、その仮説がリバイバルしてくる可能性は0ではありませんが、
      今の所、因果関係は否定されています。
      そして、吃音となる脳の優位性を変えることが可能なこともわかっています。
      それが動画でも話しているスタマリングヘキサゴンの方向性です。
      >こんな僕でも改善しますか?
      吃音でも人それぞれ大きく違います。
      まずは、あなたのことを詳しく聞かせて頂かないと、
      あなたに適したお応えできません。
      サイトの上記に記載していますように、基本的に
      ご質問の回答はコメント欄では行っておりません。
      不特定多数の方がご覧になっていますので、
      正しく文脈を見ていない人が、さらっとだけ目を通し、
      こちらの意図とは誤った見方で捉えてしまうケースがございます。
      ですのでご質問はぜひ、メールでお願いします。

  152. すふ より:

    とても良い動画で
    これから吃音を治すために頑張ろうと
    本気で思えた。
    吃音のせいにばかりしてきた僕も変えていきたい

  153. クロちゃん より:

    川村先生、動画ありがとうございます。私も幼少期から吃音に悩まされてます。今は営業職ですが、その日の体調や気分によって酷くなる理由が動画で理解出来ました。歌を唄う時は不思議と吃らないのに、いつも悔やんでます。あの田中角栄も吃音を克服されたんで、自信もって改善したいです。

  154. まる より:

    小さい頃から吃音に悩んできました
    大勢の人前で話さなければならないときは 言葉が出なくなり頭は真っ白になり
    そのような場面からはいつも逃げてしまい、そんな自分が情けないのと これからどうしていったらいいか ずっと逃げて回るのか
    スラスラしゃべることがでいたら、どんなにいいか
    この動画を見て藁にもすがる思いです

  155. ヘイと より:

    貴重なお話しありがとうございます。
    私は今年から社会人になり、言葉を話す機会も増えました。
    しかしその度に言葉が出るかという予期不安や周りの目を気にしてしまいます。
    さらに、自分を追い込んでしまい余計焦ります。
    成功体験もあまりありません。
    本当に治るのか心配です。
    次回の動画楽しみにしてます。

  156. s より:

    6つ同時にアプローチするという発想がすごいと思った。
    とても興味が湧きました。

  157. マツモト より:

    初めまして。就職活動中の学生です。
    私は小さい頃から吃音に悩んでおり、発表の場はできるだけ避けて来ました。しかし、就職活動では面接が必ずあり、既に面接を幾つか受けましたがどもり、ほとんどまともに話せませんでした。まだ就活を諦めてはいませんが、他の人が普通にできることが自分にできないと考えると心が折れそうになります。
    すぐには改善しないかもしれませんが、就活だけでなくこれから生きていくのに色々なことを避けながら生きていくのは嫌なので改善したいです。

  158. KK より:

    今年57歳になりました。
    物心ついてからずっと吃音で、何をするにも消極的になり、心から楽しいと感じた記憶がありません。いつも頭のどこかに吃音が引っかかっているかんです。
    退職までの3年間、吃音を改善してスッキリ仕事をこなして行きたいと思っていますが、不安です。

  159. A.T より:

    41歳の男性会社員です。難発に悩んでおります(会社名がスムーズに言えない)。吃音の改善方法に迷う中、この動画を拝見し、非常に興味深く感じました。

  160. はな より:

    吃音は、悪循環ということがわかりました。悪いイメージなどは思い出すだけでドキドキします。考えただけで、緊張します。心配ですが、よろしくお願いします。

  161. より:

    動画拝見させていただきました。
    今まで人に説明できない、言葉にできないことが全て記されていました。
    言葉で説明されて少し頭の中のモヤモヤが楽になりました。
    次回の動画配信はいつになるのでしょうか?
    首を長くして待っております。

  162. より:

    以前、催眠療法で吃音を改善しようとしたのですが全然、効果がなくてあきらめていたのですが、この動画を見てもう一度、自分と向き合おうと思いました。
    次の動画を楽しみにしてます。

  163. 源太郎 より:

    吃音が一度治ったと思ったら、またぶり返してしまいました。
    しかし今回は川村さんによる理にかなった改善方法でしっかり治していきたいと思います。
    二回目以降の配信を心待ちにしています。

  164. あーちゃむ より:

    私は普段の会話では、どもりませんが
    名前を聞かれると言葉に詰まり、どもってしまいます。よくなるでしょうか?

  165. おーのの より:

    川村先生、
    自分は英語、中国語を話すときはどもらないのですが、日本語だとどもりまくりです。
    私は英語圏で育ってきたので、それが理由かもしれません。
    そういうケースって、多々見られますか?

    • 川村 より:

      ネイティブ言語と第2言語とでは脳の使う箇所が違うので、
      ネイティブ言語では吃音にならなくても、第2言語だけで吃音になるというのはよくあるケースです。
      (もちろん、その逆もありますし、両方吃音という場合もあります。)
      ただ、ご質問にあるように中国語と日本語は共に後発的に取得した言語にもかかわらず違いがあるとのことですが、
      吃音における第2、第3との違いの研究事例はまだ聞いたことがありません。
      それと、申し訳ございませんがご質問はメールでお願いします。
      support@kitsuonchiryou.com

  166. まるまる王子 より:

    私は吃音症という病気?障害?症状?があることを18歳の時に知り、自分にも該当することが分かりました。大学生になり、就職活動をし、ある企業へ入りました。4月1日に入社し、4月11日に吃音症が原因で自主解雇に追い込まれました。
    私の尊厳を無下に扱った企業に復讐したい気持ちがある中で、このセミナーのことを知り、吃音症を治し、再出発できる様に頑張りたいと思います。

  167. あっちゃん より:

    動画拝見させていただきました。
    昨日も職場での上司ばかりいるミーティングで連発性吃音と難発性吃音のために10秒喋っては5秒止まるという有様で、普通の3倍以上の時間がかかってしまいました。もう次は発表させてもらえないかもしれません。きっとまた同じことになると思うので。
    私も何となく吃音の原因は複数の要素が絡んでいるとは思っていましたが、川村さんの動画をを見てやはりそういうことかという確信が持てました。
    この動画はわかりやすく吃音の原因を示されていて、吃音を改善するのはたくさんのプロセスが必要だということが誰にでも理解できる内容だと思います。
    次の動画も楽しみにしています。

  168. S.S より:

    私も重度の吃音症だと思っています。
    今大学生なのですが、しゃべらないといけない授業をずっと休んだりしてしまい留年することになってしまいました。周りは就職活動をやっている中自分は吃音症を言い訳にして、なにをしているのだと考えている日々です。
    私の吃音症で出来ないことは自己紹介で自分の名前が言えない、早口、凄く噛んでしまう、どもり、うまく言葉が出ないです。22年間ずっと苦しんできてます。自分が周りの人みたいに普通に喋れた記憶がありません。
    親もゆっくり喋れば治るとかみんな吃るから大丈夫とか気持ちをわかってもらえません。
    治るのであれば今すぐ治したいので次の動画楽しみにしてます。

  169. HP より:

    GOOGLE VOICE等の音声検索に向かって発話するのは
    電話対応の吃音改善トレーニングになりますか?

  170. HP より:

    すみませんちょっと追記しました。
    GOOGLE VOICE等の音声検索に向かって発話するのは
    電話対応の吃音改善トレーニングになりますか?
    つい最近トレーニングにより独りの時はほぼ
    どもず言えるようになったのですが、苦手な言葉は
    人前、電話、音声検索はだめなままです…。

    • 川村 より:

      川村です。ご質問はコメント欄ではなく、メールでお願いします。

  171. ぱおん より:

    敬語を使うことや、職場の人と話す時、
    いつも声が出なくなります。
    職場では友達の前とは違い、変換して話すにも限度があるため、とても辛いです。
    このヘキサゴンのお話は、
    とても納得がいき、希望が持てました。
    改めて吃音改善に本気で取り組み、川村先生のご指導で吃音を直していきたいと強く願っております。

  172. T より:

    僕は何か言おうとすると言葉が詰まり、やがて吃音症という病気なんだと知り、中学高校と悩み続けてきました。特にア行、カ行、タ行や濁点のつく行を苦手としており、自分の名前がタ行から始まるのもあって名前が言えず、もうすぐ就職試験を控えているのに不安で不安でしょうがないです。。ですが本日この動画に出会って吃音の根本的な原因を知る事ができ、スタマリングヘキサゴンも全て自分に当てはまる部分ばかりで川原さんに対する心強さを感じ、希望を持つことができました。次回の動画配信を楽しみにしています。

  173. ともやん より:

    現在僕は剣道をしていて、号令をかける機会があるのですが、その度に詰まってしまいます。
    周りの人に「早くして」と言われ、わかってもらえずとても辛いです。
    会話でも詰まってしまい、人と話すことが嫌いになりました。
    ですが、この動画で吃音の原因を知ることができ、希望が持てました。
    この、吃音改善に本気で取り組みます。次の動画も楽しみにしてます。

  174. ゆんゆん より:

    説明ありがとうございます。
    私はいつもあと少しで吃音が治りそうな時に悪化して再発します。
    こんな私でも治りますか?

    • 川村 より:

      吃音の状態は人それぞれ違いがあります。
      まずは詳細な状況を教えて頂かないとアドバイスが難しいです。
      ですので、ご質問はメールでお願いします。

  175. ゆう より:

    川村さんの動画を拝見し、同じ経験をされた方とは想像もつかないほどだなと感じました。正直何から始めたら良いのか、分からずにいました。呼吸方やアウターからの改善ばかりを意識していました。しかし今回の動画を拝見し、6つの項目が自身の中で、常に繰り返し悪循環だと気づかせれました。ありがとうございます。
    しっかりと自分と向き合う決意が出来ました、次回楽しみにしています。

  176. ゆう より:

    しっかりと自分と向き合う決意ができました。少しつづでも、6つの要素のブレーキを踏まずに取り組んでいきます。

  177. とも より:

    もしどもりさえ治ったら・・・違う人生があったのかなといつも思ってしまいます。
    どうにか治したい。このどもりから解放されたならいろんな人と喋ってみたいというのが一番の望みです。
    少し希望が出て来ました。次回も楽しみにしています。

  178. ペトロ より:

    仕事をしていて電話が鳴るだけで緊張してどもってしまいます。電話をするときもどもってしまいます。周りも気になり、なるべく人がいないときに電話をするようにしています。
    ゆっくりでもいいので絶対改善させたいです。頑張ります。

  179. けん より:

    物心ついた頃より重度の吃音症で、顔を歪めながら何とか今までやってきました。
    吃音のハンディを克服するため運動、勉強、仕事などその他のことでカバーしてきましたが、40代になるとそれだけでは足りず、吃音そのものに切り込まねばと途方に暮れているところでした。本当に絶望していました。
    そんな中、川村さんのWebサイトとこちらの動画にたどり着くことができ、希望を見出しているところです。体験談に裏付けられた論理的な説明に納得でき、非常にためになりました。特に脳の仕組みは吃音だけでなく、物事に取り組むための重要な指針となりそうです。
    繰り返しになりますが、希望を見出させてもらいました!次の動画を楽しみにしています。

  180. みょうこ より:

    物心ついた頃から吃音もちで現在吃音改善のレッスンに月一で通っていますが、良くなっては悪くなって良くなっては悪くなっての繰り返しです。
    この動画をみて6つの要素の同時にと聞いて
    なるほど!と思いました。
    思えば一つの事に一生懸命で、結局だめで
    頑張れば頑張るほど空回りしてました。
    この動画を配信して頂いたこと感謝します。
    次回心待ちにしてます。

  181. 霜月かいり より:

    吃音で困っている事。 65歳男性
    さほど、緊張しているわけでもないのに、言葉がでてこないので困っています。特に「た行」なんか破裂音になって詰まってしまいます。 呼吸が浅いのか、何か、のどが締め付けられる感じで、第一声が出てきません。無理に出してとても早口になります。よく聞き返されます。
    動画のコメント
    スタマリングヘキサゴン の事は確か納得です。まったく同感です。同じようなことをいわれています
    特に「信念」の事なんか、まったくその通りです
    ただ、何回となく動画を見てますが、具体的な改善の方法が全然、示されてきません
    やはり、無料の動画では、難しいのですか
    早く、具体的な改善できるテクニックをおしえてほしいです

    • 川村 より:

      コメントについてページの上記のルールをお守りください。
      コメントフォームにご質問をくださる方がいますが、回答できるスペースも限られています。
      ご質問などの内容はぜひ、メールにてお願いします。
      support@kitsuonchiryou.com

  182. ごわ より:

    自分の名前が30歳過ぎてから、急に言えなくなりました。
    かれこれ6年経ちます。
    今では全く言えなくなりました。
    度重なるトラウマにより、電話でも名乗るのをあきらめました。
    就業中でも名乗らずに騙し騙し済ませておりますが、
    冷や汗ものの電話対応をしている毎日を過ごしております。
    以前、色々な克服法をチャレンジしようとしましたが、
    意識すればするほど、ひどくなっていくような気がし、
    断念しましたが、今回こそは努力して克服すると決意しました!
    大変恐縮しますが、川村さんの動画を拝見しますと、
    物腰の柔らかさ、誠実さ等が感じられます。
    次回の動画も心待ちにしておりますので、宜しくお願いします。

  183. あせき より:

    ある一定の言葉の時は特に吃音がひどいです。
    動画拝見しました。
    少しずつ実践していきたいと思います。
    次回の動画も楽しみにしてるので
    よろしくお願いいたします。

  184. サンク より:

    60代後半の男です。若いころ吃音の矯正所である程度改善し、何とか社会生活を送ってきました。50代後半から吃音が悪化してきました。高齢になって吃音が悪化してきた人を何人か知っているので、自分もそのようになってしまうのではないか不安になりました。当事者の集まりで最近の知見を得て、再び吃音のことを考えられるようになりました。半世紀前は、吃音は治るもの、治さなければいけない、治らないのは本人の努力が足りない、という風潮でとても辛い思いをしましたが、ようやくそういった観念から解放されました。
     ヘイキサゴンには吃音に関する多くの知見が整理されていました。初めて聞いたものも多く、自分の吃音を客観的にとらえる上で有効だと思います。
     私がかつて感じた吃音に対する間違った考えは、まだまだ社会の中に根強く残っているように思います。吃音のお子さんを抱えたお母さんたちは、早く治して吃音とのかかわりを断ちたいと考えている方も多いようです。若い方々には、正しい知識を得て自身の問題に前向きに取り組んでいってほしいと思います。
    私も吃音についてもっと学び、自身の改善に役立てたいと思っています。

  185. ヒロ より:

    今まで、いくつもの吃音改善プログラムを行ってきましたが、まったく効果がなく落ち込んでたところ、あなたのサイトを見つけ、大変興味深く動画を拝見させていただきました。また、吃音改善の為、頑張ろうと思えました。
    次回も楽しみにしております。
    そして、ありがとうございます。

  186. N K より:

    もうすぐ面接があるので、なんとかして治したいです

  187. DA より:

    期待が持てます。次の動画が楽しみです。

  188. むー より:

    非常にわかりやすい説明でした。
    ありがとうございます。
    今の会社で月に一度、30人くらいの前で話す機会があるのですが、現状その日はいつも病欠で休んでいます。
    急激にとは思っていないので、
    少しずつ改善していければ今後の人生変わりそうです。
    どのようなことをしていけば良いのか一秒でも早く知りたいです。
    これからもよろしくお願いします。

  189. KN より:

    今まで特に原因など考えずにいましたが、この動画を見て色々な原因が連鎖しているということを初めて知りました。
    嫌なことから逃げてばかりの人生でしたが、改善へチャレンジしてみます!

  190. o.k. より:

    長年難発吃音に悩まされ、正直諦めかけていましたが、この動画を見て少し希望がもてました。次回の動画も楽しみにしています。

  191. y.m より:

    私も、難発吃音に悩まされ、改善策を探していました。この動画を見て少し希望がもてました。次回の動画も楽しみにしています

  192. おたけちゃま より:

    この動画を見て、目からウロコでした。
    幼児期から、吃音で辛い思いをしてきました。学校の音読や日直のスピーチでは、皆の前で笑われたりします。
    今は、難発状態で家でも学校でも言葉が出ない時があり、辛いです。
    学校の皆のように、自由に話ができるようになりたいです。
    このまま一生治らないのかと、不安な気持ちだったのですが、この動画を見て勇気が湧いてきました。
    頑張りたい毎日をと感じました。
    次回の動画配信をぜひ見たいです。よろしくお願いします。

  193. だんちゃま より:

    貴重なお話ありがとうございました。
    私もみなさんが抱えている不安と同じように電話対応が特に苦手です。
    難発で、一言目が出てこないです。
    1日でも早く改善して、自分に自信を持ちたいです。
    次の動画を是非見たいので宜しくお願い致します。

  194. ちよ より:

    動画を見て、少し前向きになることができました。
    私は看護学生で、現在実習中です。
    きつおんがあることが、看護師に向いていないことを改め感じています。
    ですが、どうしても私は看護師になりたいです。
    次回も楽しみにしています。

  195. キャンパー より:

    大変興味深い動画でした。
    今まで諦めていたのですが、具体的な数値等が出ていて希望になります。
    続きの動画に期待してます。

  196. より:

    プレゼンや就職などこれから人前で発表していく機会が多くなるので、また治すことを考えて動画を見ました。
    障害と認めたくなく20歳を超えましたが、今からでも間に合うでしょうか?

    • 川村 より:

      むしろ成人してからの方が、吃音改善はしやすくなります。
      感情のコントロールに重要な、前頭全野が成熟するのは成人以降だからです。
      コメントフォームにご質問をくださる方がいますが、回答できるスペースも限られています。
      ご質問などの内容はぜひ、メールにてお願いします。
      support@kitsuonchiryou.com

  197. H.K より:

    現在大学3年生です。
    今まではあまり喋らないバイトをしてきたのですが、来年就活ということもあり接客業のバイトをしたいと思い、いくつか応募しました。
    しかし、やはり面接時に吃音が出てしまい自信をなくし声のトーンが下がっていき、結果、全て落ちてしまいました。来年就活が不安です。
    就活までには改善したいと思い色々調べたところ川村さんのサイトを発見しました。
    実は一度ネットにあった吃音プログラムを購入しました。その際にマインドフレームを変えるというのがありました。
    ですがマインドフレームを変えることだけにし重点を置いてなかったので、この動画を見てなぜ治らなかった納得しました。
    今は来年の就活のため頑張ろうと思っています。

  198. こあら より:

    動画見させて頂きました。自分は17歳頃から吃音に気付き、今の21歳まで言葉の壁に苦労してきました。19歳の時にNLPを元としたMRMという教材を買ったのですが、最後までやりきることができずに、断念してしまいました。ですが吃音自体かなり改善され、仕事で吃ることも減り、プライベートも充実してきました。ですがやはり自分の中で苦手な言葉というのが残っていてそれがストレスになり悪循環に陥って、昔みたいな状態に戻ってしまいました。そうした時に川村さんに出会い、動画を見てその内容にすごく興味を持ちました。今度こそは最後までやりとげ吃音が完璧に改善されるように頑張ろうと思います。次の動画も楽しみにしてます。

  199. ゆうた より:

    動画拝見しました。
    どもりのこと色々わかりました。
    どもりはもう治らないんじゃないかと思ってました。
    でも川村さんの動画を見てすごく救われました。
    絶対にどもりを治したいと思います!

  200. かねこ より:

    こんにちは。私はどもりに気づいた、認識するようになったのは中学生にあった読書感想文を皆の前で読み上げるところからでした。自分の番になってくると頭が真っ白になってしまい足が立ってられないほど震え、手の震えも止まらず、声が出ず、無理矢理だそうとするとそれが連発するようになりどもってしまうものでした。それがあまりにも恥ずかしく自分をものすごく否定してきた時期があります。社会人になった今でも実生活には困難な場面に遭遇してしまい、どもりを隠すように生きてきたと思っています。そんな自分を変えたいと思い川村さんの動画を拝見致しました。
    今後治るよう自身も努力しますので、よろしくお願いします。

  201. ns より:

    昔に、吃音は決して治らないと医者が言ったという話を聞いてから諦めていました。医者が言ってるのなら仕方ないと。
    治るものなら、数年かけてでも直したいです。
    動画のことですが、音量をもう少し上げていただけると助かります。youtubeなど他の平均的な動画に比べてやや小さめなので。

  202. Ken より:

    素晴らしい動画をありがとうございます。
    吃音を治すにはあらゆる原因を同時に治していくという考えは確かに納得です。目から鱗でした。僕が子供のころからさせられていたのは、発声練習とか、呼吸法とか、そういうところのみやっていましたが、それだけではダメだという事ですね。
    病院の先生に相談してもほとんど何もしてくれないし、何も教えてくれませんでした。もう自分で何とかするしかないと思い立ち、脳の関係はどうなんだろうとか、食事療法はどうなんだろうとか、いろいろネットで調べていくうちに、この動画にたどり着きました。
    次の動画も楽しみにしています。

  203. きんぐ より:

    すごく丁寧にわかりやすく説明してくれるのでよかったです。
    これからもこの動画を見て治していきたいと思います。

  204. ヒロ より:

    動画拝見させていただきました。自分は自分が吃音者だとは思っていませんでした。いつもある場面(仕事の)で特定の言葉が出にくいことがありましたが、大して気にしていませんでした。しかし、その仕事をもっと真剣に取り組もうと考えて努力したところ、自分には、その場面でその言葉を出す事が、どうしてもできませんでした。そのうち今までなんともなく言えていた場面でも徐々に言えなくなり、少しずつその言葉や場面が広がりつつあります。それで必死にネットを調べたり、近隣の精神科に吃音を扱っているか電話で尋ねたりしましたが、病院ではそのような事は扱ってないようでした。この事は今年になってからの出来事です。(自分は30代後半です) 今年になって歯の治療で前歯の裏の形状が少し変形しましたが、そのせいじゃないかと疑いかけているところ、このサイトと動画に出会いました。確かに原因は一つではなく、複合的、という説明を聞いてなるほど、と思いました。確かに日本はアメリカにこの点30年も遅れている、という事に納得しました。これからどんな情報があるかとても期待しています。感謝します。

  205. ケイジ より:

    私は子供のころから吃音があり、現在も治っておりません。ここ最近になり酷くなったため川村さんの動画を拝見しました。
    幾つも当てはまる箇所があり痛感しました。この動画を見て治したいと思います。

  206. 茶スケ より:

    動画興味深く拝見させて頂きました!川村さんの動画を見て凄く勇気を貰えました。自分は難発性の吃音で悩んでいて、そのことをいかに意識しない様になれるかが大事なポイントである事は重々承知なのですが、現実に症状が出てしまうとやはりその事を引きずってしまいます。ですが吃音は克服できるものだと自分でも思うので、これからの動画楽しみに拝見させて頂きたいと思います!

  207. mose より:

    海外では、こんなにシステマティックに吃音の研究が進んでいることに
    驚きました。発声練習や呼吸法、場数を踏むこと等だけではなかなか改善しないことが理解できました。希望を持って取り組みたいと思います。

  208. mya-mon より:

    大変参考になりました。
    今後の動画楽しみにしています。

  209. ふじえ より:

    なんかよくなりそうで興味深い動画でした。
    早く次回の動画を見てみたいです。

  210. ヨースケ より:

    現在就職活動中で就職出来るように、そして就職してからもちゃんと仕事が出来るように、吃音克服に向けて挑戦したいと思います。

  211. あーさん より:

    克服に向けて前向きに頑張ろうと思える理論的な説明でした。ありがとうございます。

  212. たい より:

    高校1年生です。小学生から中1までは、吃音がなく普通に明るく騒がしいぐらい話していた僕ですが、中2ぐらいから難発生の吃音が発生して、今は友達と話すときも少しどもってしまいます。高校入試の面接の時も吃音で何も話せなくて、面接は落ちました。これから就職などで面接をしなければいけなくなって来て心配です。。。

  213. がく より:

    僕は今大学生なんですが、吃音に悩まされています。
    接客業のバイトをしているのですが、どうしても出にくい言葉があり、いつも苦労しています。
    この動画で言っていた6つの要因の話は凄くためになりました。次の動画も楽しみにしています。

  214. まえ より:

    会社の上司に分からない事をきこうとしても言葉が出ず、ずっと分からないままで、気になっている人に声をかけようとしても、つい意識してしまい話しかけることができません。
    6つのことを同時にアプローチしていくにはどうしたらいいという近道というのはありますか?

    • 川村 より:

      適切な順序などはあります。
      コメント欄ではスペースが限られていますので、
      ご質問はメールでお願いします。

  215. たくちゃん より:

    仕事上、電話や対面での挨拶で自社の名前から名乗る必要がある時に、難発だったり、どもったりします。
    社名の前に色んな言葉をつけても、以前は言えたのに、最近は言えなくて、自己嫌悪に陥りがちです。
    動画を拝見して、言葉が出ない時は必要以上に力が入ってたり、電話したり電話を取る時に吃音の恐怖などのマイナス感情を持ったり、いつも同じ態勢だったりしているのに、それを変化させてなくて、いつも同じループを繰り返していることに気付きました。
    少しずつ色んな側面から変えて行こうと思います。

  216. まつも より:

    仕事柄窓口業務や電話対応が多いです。
    私は多分難発性の吃音だと思うのですが、2年程前から詰まるようになり、今では電話対応時は必ずと言っていいほど詰まります。
    通常会話ではあまり吃音は出ない方だとは思いますが、挨拶など声を出そうと思うと出てこないということがあります。
    母音が「お」の時に詰まることが多いと感じております。
    「おはようございます」「お疲れさまです」などの「お」は必ずと言っていいほど詰まる感じで「…はようございます」になってしまいます。
    私の姓は「まつもと」なのですが、電話で名乗る時も「まつも…です」となってしまいます。
    職場の電話は、私が最後まで対応する事もありますが、電話交換の役割もあり電話が鳴ると真っ先に取らなくてはなりません。
    電話が鳴る度に緊張が走ってしまいます。
    電話対応時の出始め、保留後の出始め、会話(挨拶)の話始めが主なので、重度ではないと思いますが、以前の様にスラスラと出るようになりたいので、少しずつ改善して行けばいいなと思っております。
    動画とブログを参考にさせて頂きます。

  217. めんま より:

    初めてこれはいけるかも!と思いました。私は現在大学生で、小さい頃から吃りに悩まされてきました。最近では、た行が、自分の特に出づらい言葉だと気付きました。しかし気付いたからといって治せるわけでもなく、絶望しかけていました。したがって、今回この様な、実現性の見込みがある方法に出会えて嬉しいです。とは言っても、他の方法と同じで全面的に信じているわけでは無いので、試して行く中で真偽を確かめていきたいと思います。吃音が改善出来ることを祈って。

  218. こうし より:

    どもりを治そうと意識して、行動をとり始めると逆にどもる頻度、言葉が多くなって
    しまいます。
    ネットでの教材を6種類試した事がありますが、治らずでした。
    この動画を見さえて頂き、なるほど~。と思いました。
    早く続きを見て、改善へ向けて行動努力していきたいです。
    ありがとうございました。

  219. ひろゆき より:

    大変参考になりました。
    ありがとうございます。
    6つの面が複雑に絡み合って吃音を引き起こしているのですね。
    次回の動画で川村さんがどのように改善されたか具体的に教えて頂ければ嬉しいです。
    宜しくお願い致します。

  220. コン より:

    川村さん
    いろいろ試しましたが、なかなか改善できず諦めておりました。
    子供にも吃音がで始め、もう一度何とかしたいと、このサイトに出会いました。
    これからよろしくお願いいたします。

  221. クロ より:

    同じような悩みを持つ人がこんなにいることに、驚いています。少し救われた気持ちになりました。
    このサイトに出会えて、本当にラッキーだと思います。
    もともと吃音者だったという川村さんが、すらすら話をしていることに、とても感動しました。私も頑張りたいと思いました。この様に、情報をシェアして頂き、本当にありがとうございます。今後ともよろしくお願い致します。

  222. みみ より:

    納得できました!
    声がでなくて、いろんな事から逃げていました。毎日緊張してつらいです。
    らくに、なりたいです。

  223. みみ より:

    本当に勉強に、なりました!
    納得です。

  224. 匿名 より:

    動画をみて過去を振り返り私も吃音者だったということに改めて認識しました。
    私は重度のADHDとある特定の場面で多くの吃音が出る事に非常に悩んでおりました。
    ADHDもそうでしたが、科学的根拠を元にロジカルに自分を分析し、対策すると、相当状況が改善することは経験済みですので、今回この動画に出会えて本当に良かったと感じております。
    流暢に喋る自分と、吃音状態の自分を冷静に比べる材料となりますので、重度でなくとも1部でもコミュニュケーションに不安を感じる全ての方が見るべきだと思います。

  225. オオツカ より:

    日本では精神障害に対して大変冷たい国であると感じています。
    本人の努力が足りない怠け者のレッテルを貼られ、社会的に追い詰めて良い風潮です。政府も問題視していない為、吃音だけでなく心理学分野全般酷い遅れを取っている国だと思います
    自殺者が多い理由を検討ハズレの方向に認識しています
    これはもう仕方がないと思うしかない所まで来ておりますので、自分で改善するしかありません
    この様な国で自殺者が多いのは当然だと思います
    そういった方々に少しでも希望を与えてください
    病院にかかっても現在の日本では精神障害は治りません
    まず理解がないのです
    ハイセンシブパーソンの特性だけで仕事をこなしているかたも多いと思います
    必ず対策方法があるということをみんなに知ってもらいたい

  226. ラムママ より:

    流暢に話されてる川村さんに感動しました。
    亡くなった父が吃音でしたので遺伝だと思い、諦めていました。弟は吃音ではなく、不公平だと恨んだことも。
    諦めていた吃音治療、少しでも良くなるなら挑戦したいと思いました。
    次回の動画、お待ちしています。

  227. ろまん より:

    自分に当てはまることがたくさんありました。

  228. 匿名 より:

    ぼくは小学生から現在23までずっと吃音に悩んでいます。
    職場や友達、家族の人と話すときでさえ声が出なくなります。怒ったときやお酒を飲むとなぜかなから普通に話せます。
    吃音のせいで職場の人と話してコミュニケーションをとりたいけど言葉のキャッチボールがうまくできず相手の人もあまり話してきません。
    最初の言葉が出ないとわかったらとっさに他の言葉を選んで会話してきました。
    たまに例えがおかしいよ、天然かバカなのって言われます。
    一番は名前を聞かれたときが怖いです。他の言葉に逃げれないからです。名前は1つしかないので、顔に出さぬよう無理やり声を出して名乗ってきました
    人がたくさんいるところにいくと手が震え脇や足など汗をかきます。
    声のでない自分にムカついて自分の顔を殴ったこともあります。
    吃音がなくなればもっと人生楽しいし人生もっと楽なんだろうなっていつも思います。
    長々すいません。
    少しずつなおしていきたいとおもいますのでよろしくお願いします。

  229. パンダ より:

    動画を見て、わかりやすくて、なるほど!と興味深く感じました。
    私は51歳の会社員です。
    小さい頃から吃音で、母に連れられて病院へ行って嫌な思いをした事、吃音が原因でいじめられて死のうと思った事、両親から吃音を責められて悲しかった事、自分はなぜ存在しているのかと無気力になった事、吃音を何とかしたくて病院へ行った時に医師から、気持ちの持ち方だ!わがままだ!と冷たく言われた事…など、そんな事もあったな~っと言えるようになりたい!なるんだ!と希望の光が見えました。
    川村さん!希望の光をありがとうございます!
    次の動画、楽しみにしています。

  230. 匿名 より:

    私は1人で部屋にいる時はスラスラと言葉が出てくるのに人前に
    出ると、言葉がつかえて出てきません。それも特定の言葉に多い
    です。小心者で些細な事で心臓がドキドキしますがこんな私でも
    大丈夫でしょうか?今まで人に私は吃音があると言っても誰もが
    そんなことは感じないと言われるくらいに軽いのですが。

  231. チャイナ より:

    わたしは看護学生で実習では緊張の毎日です。挨拶が回ってくる日が怖くて発表が怖くて、4か月後にある卒業論文発表で長文を話さなくてはなりません。就活も始まります。毎日が怖いです。わたしは比較的軽度の吃音であるとおもっています。しかし実習が始まってからどんどんひどくなってきています。吃音ばかりが気になり、患者さんのことに集中しきれません。受け持たせていただいている患者さんに謝っても謝りきれません。そしてなぜきちんと話せないのかなぜ毎日恐怖に追われなくてはならないのか。病気のように確実に治療できたらどれだけいいかと考えてきました。じぶんでも何がいけないのか調べながら考えながらなおるよう頑張ってきたつもりでした。けれど改善はあまり見られませんでした。でも頑張りたいと思っています。少しでもいいです。直したいです。少しでも人前で話せる自分を見てみたいです。
    自分に当てはまることが多く分かりやすかったです。
    的確で大切なことだけがかかれており、
    見やすかったのでとてもよかったです。
    次の動画が待ち遠しいくらいです。

  232. テリー より:

    自分の名前や勤めている会社名を言うだけで詰まってしまい言葉が出てきません。
    6個のどもりの要員全て当てはまっていました。
    普通に話せるようになりたいです

  233. chizu より:

    中学1年生になる子どもの吃音改善のために登録させていただきました。子どもと一緒に取り組んでいきたいと思っています。
    彼は小学1年の時に軽度の吃音を学校の先生に指摘され、「言葉の教室」を紹介され通いました。そこでは「みんな普通の人と一緒なんだよ。気にすることないんだよ」と言われたり、ゲームと称して、「どもった時どんな気持ち?①恥ずかしい②悲しい③…、④…、」などから選ばせられたり、友達も多くわりと人気者でイキイキと学校生活を送っていた彼にとって、可哀想な目で見られることは理不尽以外のなにものでもなく、症状は悪化しました。そのため、すぐに教室はやめました。
    あまり周りが気にしたり指摘したりしないほうがいいと言われていたので見守ってきましたが、今年、中学に入り、自己紹介する機会が増え、他の小学校からきたお友達に笑われたことで、本人がまた悩み始めたので本腰を入れて改善に向かいたいと思っています。
    動画はわかりやすく、多方面から同時にアプローチしていくという今まで知らなかったやり方で、これに取り組むことで改善に向かえればと期待しています。

  234. mmm より:

    子供の頃から吃音に悩まされ続けてきました。小学生の頃、母親が私の吃音を何とかして直そうと躍起になり、家での音読練習や毎週の「ことばの教室」通いなどいろいろやりましたがどれも無駄に終わってしまいました。もともと内気な性格だった事もあり、友達もろくにできず本当に暗い暗い学校生活でした。(言葉がつっかえる度に母親から言い直しさせられたおかげで更にどもりがひどくなり、学校では先生からも「問題児」扱いされ、典型的な「いじめられっ子」でした。)
    こんな私でも何とか大学を卒業し、社会人になれたのですがやはり吃音のおかげで損をする事ばかりでした。(正社員で入社しても昇進とは無縁で落ちこぼれ、退職せざるを得ませんでした。)
    今は電話対応が少ない仕事に就いていますが電話を取ると未だにどもってしまい、周りの反応が気になってドキドキしてしまいます。
    しかし、こちらの動画に出会えた事がきっかけで考えが前向きになりました。
    次回以降もよろしくお願い致します。

  235. DDD より:

    自分の名前や挨拶系の言葉が出ないので最初のコミュニケーションがとれないです。あとグループ内で話をしていて自分の言いたいことが言えず会話の1機会で全く喋ってないことが多々あります。
     
    スマホで見ると動画の半分しか写らないです。

  236. SS より:

    私は今、高校三年です。
    国語は好きだけど、国語の授業は嫌いです。
    教科書の音読が何よりも苦手です。
    周りに誰もおらず1人のときはスラスラ読めるのにクラスで読むとなるとすぐにつまってしまいます。
    小学生のときは出席確認の返事すらまともにできず、学校に行きたくないと思う日が何日もありました。
    言葉がスラスラでてこないと自覚したのは4年生で、6年生のときに初めて吃音という言葉を知りました。
    今年は大学受験です。
    推薦で行きたいのですが大半の大学に面接があります。
    今から面接のことを考えただけで逃げたくなります。
    でも、推薦で面接がない大学は少なく、自由に大学が選べません。
    こんな風に考えてしまうことすら嫌です。
    動画を見て なるほど、と思う点がいくつもありました。
    少しずつ改善して、人前での発表が嫌だ、億劫だという気持ちをなくしていけたらと思います。

  237. みー より:

    改善できるように頑張ります。

  238. みっちゃん より:

    試してみます。
    日本でも吃音がより深く認知されるといいですね。

  239. ボンゴレ より:

    新社会人で悩んでます。
    ほんとにはやく治したい、、、

  240. M より:

    新社会人になったばかりです。
    自己紹介や挨拶の度に言葉が出てこなかったり詰まったりしてしまいます。特に自分の名前が言えないです。
    自分の脳の考え方から根本的に変えていきたいです。もう何度も何度も自己嫌悪に陥ってなんで自分はこうなんだろうと自分を責めてしまいます。どうにか早く改善したいです。

  241. P より:

    川村様
    動画をありがとうございました。
    吃音症が原因で様々なことを諦めてきました。パニック障害、不眠、最近は鬱のような症状に悩まされています。身体ももう限界に近いです。まだ小さな子どもがいるため、1秒でも早く吃音症を改善して普通のお母さんになりたいです。次の動画を心より楽しみにしております。

  242. A より:

    今までもう治らないと思って改善も諦めてやっていなかったんですが、この動画を見て頑張ろうと思いました。
    苦手な言葉や、人と話すことをどうしても避けてしまいます。
    もうすぐ就職試験があり、とても不安です。
    少しずつ改善して、自分の言いたいことを何も悩まずに言えるようになりたいです。
    次の動画待ってます。

  243. s より:

    現在30歳で高校教師をしています。
    僕の人生は吃音症に悩まされて生きてきた人生でした。小さい頃から現在までずっと吃音症です。なので25年くらい吃音症と一緒に生きてきました。小学生や中学生の頃はいつも吃音症に悩まされ、口がなくなればいいのにと思っていました。
    歳を重ねるに連れて少しずつ改善しましたが、働くようになり、また人前で話す仕事になったことでまた吃音症に悩まされることが多くなりました。
    本当はうまく話したい、いろんなことを話したい願望はあるものの、吃音症のためうまく話せないから話すことを諦める、話さないで済む方法をいつも考えてしまいます。
    今まで本気で直そうとしてこなかった自分にも反省していますが、今回こそは本気で取り組んで直そうと思っています。
    今後とも動画に期待しています。よろしくお願いいたします。

  244. ハム より:

    こんにちは
    仕事のストレスから言葉が出にくくなってしまい、
    「不安障害」等の診断で退職した者です。
    体の調子はだいぶ良くなったのですが、呂律がなかなか改善しなく、名前もまともに言えない状態で
    この先どうすればいいのか悩んでいました。
    川村さんの動画を拝見して、電話に出られないのも、注文ができないのも「私だけじゃないんだ」そして、治せるんだー。と心が少し楽になりました。
    好きだった歌も、今は歌えない状態ですが、川村さんの講義を参考に、思い詰めすぎないようにしながら改善していきたいと思います。
    ありがとうございます。発見して良かったです。

  245. ペテロ より:

    今まで吃音は治らないと信じていましたが、もしかしたら治るのではないかという期待を抱きました。次回からの動画を楽しみにしております。ありがとうございました。

  246. やすお。 より:

    とても参考になりました。
    自分もスピーチなどで、できない、緊張する、などと思い過ぎていました。 なので、動画を参考に少しづつ治したいと思います。
    次の動画待ってます。

  247. やなやな より:

    事務の仕事をしていてメインで電話に出ないといけないのに、事務所が静まり返っていると、みんなに聞かれている…どもったらどうしよう…と色々考えてしまい、電話の音が大嫌いです。
    絶対治したいです‼︎

  248. たかし。 より:

    私も、幼い頃よりずっと吃音症に悩まされております。
    要因が複数あるので、単一的な改善では効果が見られないということがこの動画を見てよくわかりました。
    次回の動画を楽しみにしております!

  249. pesuke より:

    人前や緊張した場では吃りがあまりないのですが、電話とバイト先でどもってしまい悩んでいます。ドライブスルーの注文を取るとき、電話、日常でどもらないようにしたいです。
    次の動画も期待しています。

  250. けま より:

    物心ついたときから吃音がありました。
    人前で話すのが怖くて弁論大会の代表を辞退したこともあります。
    程度はあまり酷くないと自分では思っていますが、毎日もっと楽しく仕事ができればいいのになぁと思っています。
    もうすぐ3歳になる息子も吃りが見られ、年齢故の。。と信じたいですが、息子にも自分と同じ苦労はさせたくないので、自分も改善できれば息子が悩んだ時に寄り添えるし力になれるので頑張ります。
    今でもそこそこ楽しい日々ですが、吃音が改善できればもっと楽しい日々です!6つの面からのアプローチ頑張ります!

  251. mmm より:

    説明ありがとうございます。
    仕事で、大勢の前で発言をすることが多く、とてもストレスに感じています。半ば吃音の改善を諦めていましたが、もう少し頑張ってみようと思います。
    よろしくお願いします。

  252. おつる より:

    わかりやすい動画ありがとうございました。これから続けて受けさせて頂こうと思います。
    私は仕事をしていく上で電話を受ける事があります。そうすると、最初の文字で突っかかりなかなか言葉が出てこなくて、出てきたと思ったらまた突っかかってしまいます。ストレスが非常に溜まっていました。なので、これから1歩ずつ改善していきたいと思います。

  253. ほりうち より:

    有難うございました。スタマリングヘキサゴンは理解しにくいですが、吃音には複雑な要因が絡み合っていることがよく分かりました。私は営業職ですが、話すことに対するコンプレックスを幼少期から持っています。最近では、自分の会社名がちゃんと言えず、電話はもちろん名 初めて会う方との名刺交換にも苦労しており深刻です。
    宜しくお願い致します。

  254. ほりうち より:

    分かりやすい動画を有難うございます。
    私は、会社員で営業職です。もの心ついた頃から吃りや話すこと自体にコンプレックスを感じています。最近では、会社の名前が上手く言えず、電話や名刺交換でもそれを誤魔化して苦労しています。
    今迄、吃音治療院に通ったり、書籍を買ったりしましたが長続きしませんでしたが、今度こそ改善したいと思います。
    また、多くの方が吃音に悩んでいることを知り、驚いたと同時に少しほっとした気持ちです。
    これから、宜しくお願い致します。

  255. アルト より:

    32歳になりますが、すぐにでも治したいと思っています。心療内科に通いましたが改善しませんでした。あがり症と吃音からの不安もあります。

  256. アルト より:

    32歳になりますが、すぐにでも治したいと思っています。心療内科に通いましたが改善しませんでした。

  257. カブ より:

    32歳になりますが、すぐにでも治したいと思っています。心療内科に通いましたが改善しませんでした。

  258. ジェーン より:

    数年前に人前で発表している時に突然パニックになり、息がつまり、声が出なくなり、とっさに水を飲んで、なんとか最後までやり終えました。でもそれ以来、人前で発表したり朗読したりする際に、その時の恐怖がよみがえってきて、同じようなことが時々起こるようになりました。主人ははたから見ても大した問題じゃない、私が気にしすぎだ、と言うのですが、大切な場面であればあるほど身構えてしまい、仕事を引き受けるのもおっくうで、断ろうかと思っています。パニック障害かと思いネットで調べているうちに、こちらの情報を見つけ、自分にも当てはまるのではないかと思いました。ヘキサゴンは興味深いと思います。これらを全面的にきちんと対処していかなければならないのですね。ぜひ次の動画も楽しみにしています。ありがとうございます。

  259. まぁ より:

    動画を見させていただき、皆さんのコメントも読ませていただき、
    わたしだけじゃないんだ、とそれだけで気持ちが楽になりました。
    実際にわたしは吃音の人に出会ったことがないので、わたしの吃音がどのように周りに聞こえているんだろう、と気になることがあります。
    出社をした第一声の「おはようございます」からうまく声が出せず、お昼休憩へいく「お昼行ってきます」も出ず、
    頭の中でイメトレを何回も何回もして、出せる気がする!だと思ってもやっぱり出ず、恥ずかしいし、悔しいし、ショックで落ち込んでしまいます。
    さ行、は行が特に言いづらいのですが、これも自分がそう認識してしまってるがゆえにどんどん出づらくなってしまう負のスパイラルになってしまっているということでしょうか。
    6つの方向からアプローチ、やり方を詳しくしりたいです!
    次回の動画も楽しみにしています。

  260. マイク より:

    15歳頃から乞音のことについて調べ始めましたが、ネットには治療法がないと書いてあったので、もう一生治らないんだと思っていました。
    もし本当に治せるのなら、もっと自由な生活を送りたいです。

  261. さー より:

    私は、レジうちの仕事をしてるのですが、値段を言うときにも確実にどもり、いつも恥ずかしい思いをしています。
    ネットでいろいろ調べて挑戦するものもなかなかうまくいかませんでした。
    今回この動画を見て、自信を持って仕事ができるように、頑張ろうと思いました。

  262. あや より:

    学生です。
    授業で毎回出席をとるんですが、緊張してしまい周りの人より4〜5秒遅れてしまいます。小、中学校と吃音症の男子がいて、、私よりも重度な吃音症で周りの人から笑われて泣いていました。「私はまだましな方なのかな」と思っていましたが、教科書を読むときなどにどもってしまいクラスのみんなに笑われ、家で一人泣いていました。私は小学生の頃に吃音と自覚し始め、それからずっと悩まされています。吃音は治らないと聞くので少しずつでも良くなればいいなと思っています。
    よく、「舌が短いからどもる。」と言われるんですがそれは関係ないんでしょうか?何かアドバイスがあればお願いします。
    これからも動画を拝見させて頂きます。

    • 川村 より:

      こんにちは、川村です。
      ご質問、アドバイスに対する返信希望などの場合はメールでお願いします。

  263. 中村 より:

    ものごころついた時から、ずっと吃音のせいで不自由な思いをして来ました。私は精神がおかしいのかもしれない、と両親に打ち明けた時、祈祷を受けさせられたことさえあります。私はスーパーでレジ打ちの仕事をしていますが、いらっしゃいませもありがとうございますも金額も数秒遅れてしか言うことができません。
    もう精神的にも限界が来ています。どうにかしたいと川村先生の動画を拝見しました。なんだかこれからの人生に光が見えたような気がしています。次の動画もお待ちしています。どうぞよろしくお願い致します。

  264. M より:

    次回も宜しくお願い致します。

  265. よう より:

    自分のやりたい夢を実現する第一歩にして行けるように頑張って克服したいと思いました。
    次回もよろしくお願いします。

  266. あやか より:

    現在28歳、14歳の頃から声が出づらくなり、学生時代から社会人になっても苦しんできました。
    いざというときに声が出なくなる自分に自信がなくなり
    生きていることがとても辛かったです。
    最近までよかったのですが、ここ数日、また大きい声を出さないといけない状況になってきて本気で吃音を治したい!と思っています。
    宜しくお願いします。

  267. じゅん より:

    数年前から、電話を出る際に最初の言葉が出にくいことがあります。
    そのため、少しだまってしまったり、早口になってしまったりして恥ずかしくなることがあります。
    早くなんとかしたいです。

  268. ふれぶる より:

    動画ありがとうございます。
    思い返せば、小学生の時は放送部に在籍し
    聞きづらいながらも話せていました。
    思春期以降は、そのような機会を避けるようになり
    学校の先生になりたいという想いも
    入学式、卒業式の呼名を考えると
    自分には無理と決めつけ諦めました。
    就職した医院のマイクを使った放送が出来ず
    半年で辞めました。
    難発性の吃音ということを周囲に話せませんでした。
    現在の仕事での一番のネックは電話です。
    社名が苦手で余計な言葉を挟んでいる状態です。
    今まで逃げていたこと、諦めていたこと
    変えられるかもしれないと
    嬉しく感じている自分がいます。

  269. Y より:

    分かり易い動画をありがとうございます。
    10年くらい吃音で悩んでいます。
    これを機に改善していきたいです。

  270. ユタ より:

    分かり易い解説をしていただき、ありがとうございます。
    私は小学生の頃、突然発表中に声が出なくなってしまい、
    それ以降徐々にどもるようになってしまいました。
    それから10年位経ちましたが、何をやっても改善されることはなかったのですが、今回の動画を機に、改めて克服できるように努めたいと思います。
    次回の動画も楽しみにしています。

  271. ぱぴこ より:

    動画を拝見させていただきました!
    思い当たる節や、当てはまるところがたくさんあり「あ〜なるほどな」と納得させられました。
    現在の日本でアメリカのような治療法を実施しているところはあるのですか?
    私は、人前に出ることが好きで今 演技の勉強をしているのですが発表のときに思うようにセリフやナレーションが読めなくて困っています…。
    読む前まではこんな工夫をしたら読めるんじゃないかとか色々考えたりしています。

  272. みっちゃん より:

    1.最近 私の会社が社名変更をしました。そのため発語しにくい文字が1文字目になってしまい、電話に出るのが不安です。また逆に自分から電話をするのも同じです。
    何とかごまかしながら仕事をしていますが 次の社名変更があるのかなんて待っているとごまかしきれませんし、ストレスでおかしくなるかもしれません。
    2.動画の感想は、「納得」の一言です。あと川村さんの話すのを聞いて、ホントに重度の吃音だったの?と驚きと期待が入り混じってます。先ほど納得と言いましたが、具体的にどのようにすればいいのかはよくわかりません… 詳しく教えて頂きたいです。

  273. taikohu より:

    拝見させていただきました。
    社会人3年目で事務職をしているのですが、電話対応や顧客訪問の際に吃音がでてしまい、そんな自分に対してかなりストレスをかかえています。
    職場内が静まり返った状況では自分から電話をかけることができず、ある程度周囲が騒がしくなるまで電話をかけずに待っていたり、電話で伝えたほうがいい要件でもメールで伝えたりするなどして、周りへ迷惑をかけてしまっている自分が情けないです。
    頭の中のどこかでしゃべることへの恐怖が常に残っていて、それでも何とか改善できるように発声練習や音読などに取り組んできましたが効果は出ず、だんだんと症状も深刻になってしまっています。
    今回の動画では、吃音原因が体系的にまとまっていて、共感できる部分がほとんどでした。これからの社会を生き抜いていくためにも吃音の克服は必須の課題です。毎日苦しい日々はもううんざりです。吃音などに悩む人生からさよならするために、真剣に学ばせていただければと思います。

  274. ニコちゃん より:

    人の名前を読むときに吃音が出ます。
    特に、か行とた行を読むときに多いです。
    次の動画を楽しみにしています。

  275. a.o より:

    拝見させて頂きました。
    次回の動画を楽しみに待っております。
    吃音は辛いものですが、改善できると信じて努力していきたいと思います。

  276. マツ より:

    とてもわかりやすい動画ありがとうございます。
    具体的な方法を知りたいです。

  277. みちゃる より:

    色々とためになる動画ありがとうございます。
    複数の要因があることはわかってはいましたが、同時にやらなければいけないと初めてしれました。
    次の動画お待ちしてます。

  278. スヌーピー より:

    今まで、体の力を抜くことだけ考えてきました。でも1回目の動画をみて、原因はそれだけじゃないということを知りました。

  279. ともこ より:

    素晴らしい動画、ありがとうございます。
    私は今まで、心療内科に行ったりネットで調べて吃音対策をしたことがあるのですがあまり効果はありませんでした。
    この動画を見て、吃音の原因を本質から知ることができて本当にタメになりました。
    次の動画が配信されるのを楽しみにしています!!

  280. 律花 より:

    これからお世話になります。
    私は今高校生です。
    つい最近、急に激しく吃るようになってきてしまいました。
    実は小学生の頃も吃音に悩まされていたのですが、自然に改善され、中学生の頃は吃音に悩まされることなく生活できていました。
    しかし最近はなんとなく吃音を気にするようになってしまい、少しずつ再発してきてしまいました。
    私は看護師になりたいという夢があるのですが、このままでは諦めるしかないと思っています。他にもやりたいことが沢山あります。
    こんなことで人生を左右されたくないです。
    次回の動画も待ってます。
    助けてください、お願いします。

  281. とこちゃん より:

    普段は、普通に話せるのに、自己紹介の挨拶する時に緊張して、名前が上手く言えません。
    このトラウマを克服したいです。
    6つのポイントから同時にアプローチする方法に期待してます。
    川村先生が一生懸命、話されてる感に、とても感動しました。
    次回の動画配信、楽しみにしております。

  282. 自衛官 より:

    初めまして、難発性吃音の者です。
    幹部自衛官ということもあり、人前に立つことも多く、スピーチなども多いのですが、吃音の為ろくに話せず業務を行えません。
    部下や同僚からの評価も低く、任務をこなせないのではないかと、自己嫌悪に陥る日々です。
    幸い、今の所属先は優しい方が多く、見守ってくれる方が多いです。
    この動画で参考になった点、今後示されるであろう具体的な方策、何よりもポジティブな気持ちで吃音を改善していきたいと思います。
    暗いトンネルを歩いていますが、休みつつ、時に灯り(支えてくれる人)に助けられつつ、出口を目指します!( ̄^ ̄)ゞ

  283. かなえ より:

    子供の頃にどもりの人の真似をしていたら、母に『自分もそうなるよ!やめなさい!』と言われ、自分の話し方に突然意識を向けるようになり、たまにリアルにどもるようになってしまいました。
    更に、幼稚園の学芸会で主役をしていたんですが、練習の際にどもってしまい、クラスメイトにからかわれ、そこから1度どもってしまった言葉に対する恐怖心が生まれるようになりました。
    学生時代にはそこまで吃音に対して悩んだことはなかったです。
    それよりも手汗を尋常じゃなくかいてしまう、手掌多汗症なので、そっちの悩みの方が勝っていました。
    社会人となり、美容室の受付をしていたのですが、お電話ありがとうございます。○○会社の○○です。が言えませんでした。
    お電話・・・・・・・・・・・・・・っ・・・ありがとうございます!!!!
    という感じ。
    もう怖くて、ありがとうございます!!からとか、はい、○○会社○○です。とだけ言ったり、、、、
    すると、たまたま受けた電話が、本社の部長でした。。
    『ちゃんとお電話ありがとうございます。って言ってね』と叱られてしまいました。私だって言えるなら言いたい。。けど、言えないし、そうなると、電話が出れない。。。怖い。。言葉が出ない時間が頭に時間が昇るというか、首が硬直して体が動かない。。。
    それが原因で仕事を辞めてしまいました。。。
    その後も、電話の無い仕事にも就いたりもしましたが、吃音&手掌多汗症で転職回数が増えるばかり。けど、仕事はしたいしこんなのがやりたい。。今なら出来る気がする!!今度こそ頑張ろうと何度も転職・・・
    現在も事務職をしているのですが、ちょくちょく訪れる電話のスランプはありながらもなんとか3年目です。ただ・・・今、現職で1番の電話スランプ!!!
    休み明け、少しリフレッシュすれば落ち着いたりしていたのですが、今現在本当に治らなくて、落ち着いてゆっくりしゃべりうと頭で考えると、早口になって勢いで言葉を出すから噛んでびっくりして言葉繰り返して、どもって・・・
    難発&連発!!
    こんな私のしつこくしぶとい吃音は治るのかな…
    明日の仕事にも行きたくないし、もはや仕事嘘ついて急に辞めてしまいたいくらいの気持ちです…
    本当にすがる想いで動画を見させていただきます!!
    気持ちがヒートアップしてしまい、長文になりましたが、
    よろしくお願い致します!!!!!!!!!

  284. みや より:

    1回目の動画拝見して「なるほど・・・」と思いました。2回目の動画が早くみたいです。

  285. けん より:

    営業職で8年やってきました。僕の会社には毎日朝礼があって今は2日に一回は朝礼が回って来ます。新入社員の時からどもっていて、いらっしゃいませとありがとうございましたの発声練習があるのですが成功したことが数えるほどしかありません、、、。周りからもまたかと言った目で見られるのが怖くて、また何より最近入ってきた新入社員は完璧に出来ているから、誰に言われた訳でもありませんが自分でプレッシャーを感じて、明日の朝も朝礼かと思ったら眠れず、思わず検索して動画を見ていました。日常生活でも女性と話す時に名前が言えなかったり、あ行とかか行に抵抗があるような気がして、それらで始まる単語で話し始める時は凄くどもりを感じるので、なるべく別の言葉に置き換えたり別の言葉を前に付けたりしてごまかすんですが、ごまかしていることさえ嫌になる時があります。朝礼は置き換えたりできないので、会社に行くまでの車の中で何回も練習しますが、車の中では凄くリラックスしてできるのに、いざ人前に立って静かな中でやろうとすると、緊張してどもってしまいます。こんな状況は本当に辛いので変えたいです。自信を持って話せるようになって、周りを見返したいです。
    次の動画も絶対見ます。

  286. ほらふき より:

    22歳の男です。
    吃音に悩み、人生をあきらめてました。
    高校、大学では人とかかわるのを避け、ひとりでした。
    大学は途中でやめました。なにもする気がなくなり勉強なんてまともにできませんでした。
    大学をやめ、工場でバイトをし、フリーターとして生きています。
    けれど、このままではだめだと思い、直し方や気の持ち方を調べてると、こちらにたどり着きました。
    吃音を克服し、就職活動をし、社会に出たいです。
    次の動画を期待しています。

  287. まぁ より:

    これからよろしくお願いします。
    小さい頃から吃音に悩まされてきました。これまでは日常生活に支障が出るほどではなく、言い回しを変えたりしながら生活してきました。
    しかしここ最近、吃音の症状がひどくなり、仕事で電話に出るのもドキドキします。電話の相手に「よく聞こえない」「声が途切れる」など言われると相手の方にも申し訳なく思うし、自信がなくなる毎日です。とてもストレスになります。
    家での夫との会話も伝えたい事の半分も口に出せないような状態です。
    人と話すのは好きなほうですし、今の仕事も好きです。
    なんとか克服出来るように努力したいと思っています。
    どうぞよろしくお願いします。

  288. マス より:

    私はこの4月から社会人になった新入社員です。
    自己紹介をする時に、名前、出身などが吃って全く言えません。
    電話で会社名も言えません
    会社の人とコミュニケーションを取りたいとは思いますが、吃る事を恐れてこっちから話しかけられません。
    こんな私でも治せれるでしょうか?

    • 川村 より:

      コメント欄ではスペースに限りがございますので、ご質問などはメールアドレスにご連絡下さい。順番に返信していますのでよろしくお願いします。。

  289. SIY より:

    特に電話の受ける時、かけるときの最初にどもりがでます。というか声が出なくなります。
    まだ最初の動画だけではよくなるイメージは湧きませんが、ずっとコンプレックスに思って生きてきました。
    絶対に良くしたいという気持ちはあるので続けていきたいです。次回もお願いします。

  290. リナコ より:

    大学4年です。今日内定を頂いた会社で、わたし含む内定者の歓迎会がありました。わたしは自分の名前がすぐに言えなくて、歓迎会自体は楽しみなのに、必ずある自己紹介の場面が本当に嫌でずっと前から気が沈んでいました。やはり名前を言う時につっかえてしまって、無言の状態が続いて、周りの人たちがざわつき始めて、、というわたしにとって最悪な状況でした。歓迎会が終わり帰路で、思い通りに話せないことが悔しくて泣きながら「吃音 名前が言えない」でGoogle検索しました。そこでこの動画に出会いました。
    動画を観て、ネガティブな思考や、振る舞いなど、今の自分はどんどん悪循環にはまっていることに気づかせてくれました。今は2018年6月、入社するまでに半年ほどあるので、動画を観て少しでも吃音を改善したいです。この次の動画も楽しみにしています!

  291. じゃすみん より:

    やっと、素敵な職場に就職できたのにやっぱり吃音が原因でうまく仕事が出来ません。川村さんの動画で吃音がやわらげば…と期待しています。もうなにも考えずに会話したいのです。

  292. 村上 より:

    周りに吃音で悩んでいる人がおらず、誰にも相談できないまま長い年月を過ごしてきました。
    この動画を見て少し希望が湧いてきました。
    吃音でやりたい仕事もできず、欲しいものも買えない、というところにとても共感しました。
    吃音が原因で夢を諦めたくない、自分を嫌いになりたくない、と思います。
    次の動画も楽しみにしています。

  293. りり より:

    高校3年の者です。授業でプレゼンやスピーチが多くて毎日苦痛です。そしてスマホで色々方法調べてたらここ動画にであいました。
    来年は大学生になって新しい人たちとも接していかないといけないので、吃音を治したいです。
    次回の動画も楽しみにしてます!

  294. しん より:

    参考になる動画ありがとうございます。
    本当に共感できることばかりでした。
    特に電話に出るのが嫌だ、ということは
    まさに自分のことだと思いました。
    お店で注文することも嫌です。
    今回、社会人になるために改善しないと
    いけないと思って動画を見させてもらいました。
    次回の動画も楽しみにしてます。

  295. ゆうとぅー より:

    (う)から始まる会社に勤めていますが、うが出しにくくて、困っています!
    ゆっくり話そうとしても早くなったり、難発してしまいます。
    どうしたらいいのでしょうか。

    • 川村 より:

      コメント欄ではアドバイスなどのやりとりが難しいため、ご質問はぜひメールでお願いします。

  296. RGB より:

    エレイン・アーロンの本には、HSPの人の特性は無理に変えようとしなくて良い、みたいに書かれていたと思うのですが、やはり変えた方が良いのでしょうか。

    • 川村 より:

      HSPは悪い面、良い面があります。変える必要はなくHSPの特性を自覚し、悪い面は客観的な視点を持ち対応し、良い面は利用することが大切です。HSPの特性を理解し、活かすことができればそれは素晴らしい資質となります。
      *サイトの上記やコメント欄で何度も記載してあるようにご、質問はぜひメールで願いします。

  297. たつや より:

    貴重な動画を配信頂きありがとうございます。
    次回の配信を心から楽しみにしています。
    吃音、本当に治したいです…

  298. 331kcal より:

    初めまして。動画拝見しました。ありがとうございます。
    私の仕事は電話対応が中心です。今まで何十年も普通に話せていましたが、6年ほど前から急に「ありがとうございます」の「あ」の言葉が出なくなりました。今は何とか深呼吸してタイミングを見計らって絞り出しています。それから数字のゼロが言いにくかったり、数年前からは自分の名前でつっかえるようになりました。
    毎朝、会社名と自分の名前を何百回も繰り返し発声します。家ではうまく言えるのですが会社ではやっぱりつっかえてしまいます。それでも私は積極的に電話対応しています。先方も怪訝に思っていることが感じられます。周りの人も口には出しませんがきっと思っていることでしょう。
    ストレスから転職も考えますが、克服できるのが一番です。
    次回の動画をお待ちしております。

  299. まさ より:

    動画を拝見させていただきました。
    数年前から吃音の症状がひどくなってきたので、参考にさせていただけたらと思います

  300. るる より:

    はじめまして。
    私は、普段親しい人と話すときは普通にはなせるのですが、
    会社の電話や、仕事で改まって話そうとすると咄嗟に言葉が出てきません。
    私の性格は敏感で感じやすいと思っています。
    知人から、「あなたは怖がり」と言われたことがあります。
    4月より、コールセンター勤務となり、未だ一人立ちできません。
    勤めているコールセンターは、コールセンター業界の中でもかなり言葉遣いや会話の流れに厳しく、扱っている商材もかなり専門知識を要するため、いつも過度に緊張し、お客様からの質問に対する返答に間ができてしまい、不自然な会話の流れとなってしまいます。
    改善できればいいと思い検索していたところ、こちらを知りました。

  301. さちこ より:

    はじめまして。さちこと申します。
    動画観させていただきました。
    私は37歳でたまに吃音が出て、なぜか絵本を読んだり、電話ではほとんどどもりません。
    対面でもお客さん側ならどもりません。
    (それ以外はどもる可能性があります。)
    何かそこに改善の糸口があるような気がして、今まで心理的にアプローチしたり、身体的にアプローチしてみたりしていました。
    動画を観て、心理的・身体的どちらかだけではなく全体的にアプローチすると良いのかな、と思いました。
    吃音が良い方向になって、いろんな仕事やいろんな事を自由に楽しめるようになりたいです!
    貴重な情報を教えてくださりありがとうございました。

  302. まぁ より:

    川村さん はじめまして。
    私も他の方々といっしょで物心ついた頃から言葉を満足に出せません。緊張してないときも同じです。
    これからどう生きていけばいいんだろうと絶望する日もあります。長く勤めた会社がなくなり転職せざるをえなくなり、今は本当に自信をなくしていますが
    こちらを希望に前を向いていきたいです。
    好きな人もいます がんばりたいです…

  303. 2児ママ より:

    動画をみて、自分の吃音の改善には時間がかかるが改善できる可能性があるとわかって、希望がもてました。6つの要素すべてを克服しなければいけませんが、少しでもコミュニケーションの苦手意識を減らしたいです。

  304. セスキ より:

    コールセンター勤務です
    ひどくなるばかりで毎日が地獄です
    動画を見て改善出来るなら頑張りたいと思います

  305. けん より:

    いままで他の教材でなかなか続きませんでした。
    今回はもう一度頑張ってみたいと思います。

  306. まっく より:

    小さい頃から吃音があり少しは直りましたが、50過ぎた今でもどもります。勤め先破綻きっかけに、接客業にチャレンジしています。(小売)が、レジ等で接客時にやはりどもります。言葉が出なくなった瞬間、次何すればいいかなおさらわからなくなり、なお言葉が出なくなります。それでも治したいので宜しくお願いします。

  307. だい より:

    有難うございました。
    動画を全て見てみようと思います。

  308. りょ より:

    吃音で諦めてたことがたくさんありましたが、希望がもてました。
    ここで克服をして、吃音に支配される人生ではなく自分の人生を取り戻したいと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。