動画3

吃音改善の流れ(全体像)

読み込むまでに3秒ほどかかる場合があります。動画の再生ボタンを押しお待ちください。

 

こんにちは川村です。お礼を言わせてください。

ありがとうございました。

普通の人はブログなどを見ても、
コメントなどを書いてくれる人の割合は、本当に少ないと言われています。

そんな中コメントやメールを書いてくれた方には
本当に感謝しています。

それと、今回頂いたメールの中にこんな質問がありました。

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

川村さん。いつもありがとうございます。

動画大変参考になっております。

私も海外の吃音改善の知識を学び、
この機会を活かし、必ず吃音を治したいと意気込んでおります。

 

川村さんの、吃音改善法などの
マニュアルは販売されていないのでしょうか?

もし、ありましたら高額でなければ購入も考えています。
そういったものが、おありでしたらその詳細を教えてください。

それではお返事をお待ちしております。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

私、自信のポリシーで、安易に「単に改善法ををまとめたものを渡す」ということはしたくないんですね。

なぜかというと、実際、いきなり多くのやるべきことを一気にお渡しても90%以上の方が、途中で挫折してしまうのです。

挫折してしまうと、

「やっぱり吃音は治らない」と、諦めてしまい、余計にストレスを与えることになるんですね。

 

10%の成功者のために90%の挫折者を出すのは、絶対に私がしたくないことなんです。

 

ですので、私は、インターネット教材のように、

「最初にあなたにマニュアルや動画などを全部渡して、後は質問があったらメールください」などというやり方は死んでもしたくないんですね。

 

もちろん、販売者側から見れば、時間が取られないのでそのやり方がべストなんでしょうけど。

アメリカでも本や自宅教材が世の中に広まることによって、吃音改善を諦める人を増やしてしまっているとう弊害もあるんですね。

アメリカの素晴らしい教材でさえ、
「方法論だけを教えて、後は自分でやってください」

というのでは、挫折者が多く出てしまっているんですね。

もちろん、それでも日本に比べればはるかに高い成功率ですが・・・

 

そういった訳で、
「最初にマニュアルや動画をポンと私して終わり」という形をご希望される方がいても、残念ながらそういうものは用意できません。

 

私の行っているカリキュラムは、ステップバイステップ吃音改善方法をお渡しし、毎週やるべきことを明確にします。

そして、毎月あなたからフィードバックを頂く仕組みにしております。

あなたの状況、そして、あなたはどうやって吃音を改善していけばベストなのか?

そして、他の参加者様たちのフィードバックで得た、良い改善例や壁を乗り越えた実例などシェアしていく。

 

そのような流れで、一緒に改善に取り組んでいくとう形しかとっていません。

私の対応できる人数も少数に限られていますし、カリキュラムは6ヶ月間という長期間になります。

長期に渡りカリキュラムの配信、サポートをしていきますので、受講する費用も決して安くはありません。

安易に考えている方はお断りをしております。

 

私自身、6ヵ月間という長期間、本気でサポートしていきますので、
正直、本気じゃない方とはお付き合いを遠慮したいです。

もちろん、カリキュラムに参加されなくても、
今まで配信した動画の知識、

・最初の動画のスタマリングヘキサゴンを考えて多方面から行うこと

・2つ目の動画の失敗パターンを避けること

・3つめの動画のどういう順序で行のが効果的かということ

これだけでも、ちゃんと行えば現状より
あなたの吃音を改善されることは確信しています。

日本で広まっている改善方法などは、この3つの動画の部分だけでも大きく欠落していますから。

特に、今回の動画の「全体的な流れ」をしっかり覚えてください。

動画の中で話している「3つのフェーズ」はあなたが吃音改善を望むなら絶対にこの流れでいかないと、遠回りになってしまいます。

 

カリキュラムについて詳しく知りたい場合は、近日中にカリキュラムの金額や内容の詳細についての動画と詳細ページをLINEでお送りしますので、そちらをご覧ください。

ご参加を希望される場合は、「よく内容を知らないけど勢いで申し込みました」という人は避けたいので、ご参加される際には、そのカリキュラムについての動画や詳細ページをご覧になるとを必須としています。

 

【お願い】


最後まで見終わりましたら、次のコメントを書き込んでください。

1:今回のビデオの動画の感想

2:実際に自分の吃音改善に活かしていこうと思った事

より良いコンテンツを作っていきますので、ぜひご協力お願いします。

(コメント入力フォームは一番下にあります。)

またご質問などあれば、ご遠慮なくLINEからお問い合わせください。
(ご質問、ご相談はコメント欄ではなくLINEからお願いします)

 

 

POSTED COMMENT

  1. りり より:

    動画ありがとうございます!

    私は今まで色々調べて心理面から治そうとしていたので、振る舞いなどから治すというところが強く印象に残りました。

    忙しいなか、動画をアップしてくださりありがとうございます。
    次の動画も楽しみにしております。

  2. 匿名 より:

    時間はかかるけど時間をかけてしっかりとなおしたいです!
    しっかりと頑張りたいです!

  3. 村上 より:

    1 手順の説明、分かりやすかったです。多分自分はすべての要素が欠けているんだと思いました。

    2焦らない、じっくり行こうと思います。

  4. 律花 より:

    私はずっとメンタル面が治れば吃音は克服出来ると思っていたのですが、今日の動画で原因はそれだけではないんだとわかりました。

    次回の動画も楽しみにしています。
    よろしくお願いします。

  5. ぺんぺん より:

    全体像が見えたのでそれを元に頑張って克服したいと思えました。

  6. KAZU より:

    動画観させて頂きまして、大変参考になりました。
    吃音を必ず克服したいと思います!

  7. みちゃる より:

    色々な面からやっていこうとする時どんなアプローチがあるのか今から考えても不安でしかありません。

    少しずつ進歩できればよいのなと。

  8. taikohu より:

    動画ありがとうございます。

    6か月間焦らずじっくり取り組んでみようと思います。
    明るい未来を信じて頑張ってみます。

  9. らんらん より:

    治らないものと思っていましたが、きちんとした手順で行えば、改善するのだと分かりました。
    6ヶ月間かけて頑張ってみたいと思います。

  10. みき より:

    吃音に対する取り組み方がとてもよく理解できました。
    少しずつ頑張りたいと思います。
    次回の動画も楽しみにしています。
    よろしくお願いします!

  11. くっきー より:

    現在、川村さんとは別の人の教材を使った吃音改善を行っています。その内容の本質としては、「吃音を忘れることを忘れる努力」というもので、「吃音を治すことよりももっと大切な目標ややりたいことに目を向け、それを習慣にし気づいたら吃音は治っている」というような感じのエクササイズをしています。その方法も正しいと思い全力で打ち込んできました。しかし正直吃音は日常的におこるため忘れることはできないし、そもそも大切な目標も見つけようと頑張ってもありません。表面上目標を決めたとしても、自分の中の本性がそれは目標ではないといって結局吃音を意識してしまいます。エクササイズに不信感を抱きつつ、悩んでいた時に川村さんの動画と出会いました。そこで驚かされたのは、スタマリングヘキサゴンです。6つのアプローチを徐々に行いメンタル面からではなく、身体面から始めるということに。そこで、今日から柔軟に実施していきたいと思っているんですが、身体面から行うに当たって身体面に関するどんなことをしたら良いのか教えて頂けないでしょうか。本気で取り組もうと思っています。年齢は19歳で医療関係の学校にいっています。身体的な吃音治療は試したことがなく、知識がないのでぜひ、教えて頂けたら幸いです。

  12. ほりうち より:

    改善のステップについて教えて頂き有難うございます。
    焦らず、少しづつということがよく分かりました。
    次回、動画を楽しみにしています。
    宜しくお願い致します。

  13. yu より:

    三番の動画全て見ました。いままで吃音は治らないと思っており、吃音と折り合いをつけてこれからの人生歩んで行く必要があると思っていました。今回の動画を見てとても勇気付けられました。私は今看護師を目指し学校で勉学を励んでいます。実習に行った時など、自分のペースで話すことを心がけていますが、実際、ストレスが溜まり身体への負担は大きいです。
    3回目の動画に生理的反応と振る舞いをトレーニングすると行っていましたが、実際にどのようなトレーニングがあるのか教えて欲しいです。

  14. pesuke より:

    1,やり方が明確で納得できた!
    2.自己分析をしっかりして何がにがてか知る必要があるとおもった

  15. ゆー より:

    どういう流れで改善していくのか理解できました。
    頑張りたいと思います

  16. ななお より:

    とってもわかりやすい動画ありがとうございます。
    接客業をしていますが、お会計の時などどもってしまいます。自信を持ってお客様に接していきたいです。
    次回の動画も楽しみにしています。

  17. やすお。 より:

    動画を見ました!

    2つづつなら勇気が湧いてきました。
    頑張りたいと思います。

  18. まさ より:

    動画、見せて頂きました。今までに得た情報とは全然違う、理論的だと感じました。改善したいです。

    今までは、真理面が多かったと思います。やはり挫折しました。今度は、冷静に改善に取り組みたいです。

  19. skr より:

    動画拝見しました。私が今まで見た吃音治療の中には出会ったことの無い理論的なお話ですね。

    現在は仕事でも支障を来し始め、どうしたら良いかも解らず思い悩む日々です。しかし、川村先生の動画を拝見し、希望が湧いて来ました。先生のカリキュラムを受講したいと思っております。

  20. chizu より:

    3回目の動画を拝見しました。

    少しでも改善するのでは、という勇気が出ました。

    早く次が見たいです。

  21. テリー より:

    取り組む順序が大事だとわかりました
    取り組む順序を意識しゆっくり直していきたいです

  22. 田中貴志 より:

    こんにちわ
    動画拝見させてもらいました。
    この動画を見て、少しでも私の吃音症が良くなるように、毎日努力しようと思いました。私は、人と話すのが好きです。その中で、私の良くないところも見えてきますが、それでも周りの人や友達は指摘してくれます、間接的にですが。それも、少しずつ同時に良くしようと思いました。
    また、改めて、私は世界で一人ではないことを認識しました。
    今は大学3年生ですが、卒業したら、川村さんみたいに、吃音者や困っている人を助けれるようにしたいです。誰にだって、心の支えは必要だと思うからです。

  23. より:

    動画拝見いたしました
    ちょっとお伺いしたいことがありますが
    大声で朗読することあるいは話が上手な人の話しぶりの真似することで
    吃音改善に繋がれるのでしょうか

  24. こうし より:

    スタマリングヘキサゴンを活用すれば改善の近道になると感じました。
    前進する勇気をもらいました。

    今回も貴重な動画をありがとうございました。

  25. ジュンイチロウ より:

    動画をみて、とてもわくわくしました。成人式までに治して中学の友達の度肝を抜いてやりたいです。

  26. かいと より:

    スタマリングヘキサゴンのどの部分からやっていけばいいのかを知れて、乞音改善へのやる気が増しました。無理せずちょっとずつ、前向きに頑張ろうと思います。

  27. きむ より:

    動画拝見いたしました。
    今まで吃音を治したいと思いながらも何から手をつけて良いかが分からず、結局何も手をつけられずにいました。
    そんな中今回の動画を拝見し、吃音改善に向けての全体像が見えたような気がします。

    今回の動画を見て、実際にカリキュラムを受けてみたいと思いました。
    自分は軽度な方だと思いますが、仕事での電話、自分から話しかけること、会話全般等々、苦痛と思うところは多々あります。
    今後の人生を楽しむためにも、本気で吃音を改善したいと思うことができました。

    今後ともよろしくお願いいたします。

  28. ムラ より:

    吃音とは関係ないですが、滑舌が悪いのか声がこもってるのか、聞こえ辛いです。

  29. ヨースケ より:

     動画見ました。6ヶ月という期間については、そんなに長いとは思わなかったです。

    今回の動画では実践的なことが学べたので良かったです。また、次の動画楽しみにしています。

  30. ケンイチ より:

    動画最後まで見ました。次回が楽しみです。川村さんの吃音改善方法は本物だと思います。こてからもよろしくお願いいたします。真剣に吃音を治したいです!

  31. きゃら より:

    どうもはじめまして3回目の動画配信にて初めてコメントを残させていただきます.

    1:今回のビデオの動画の感想
    これから実際にどうやって吃音改善に取り組んでいくのか,順を追って丁寧に説明されていてやる気がふつふつと湧いてきました.

    2:実際に自分の吃音改善に活かしていこうと思った事
    今まで,自分自身の吃音とはきちんと向き合わずろくに逃げてばかりいましたが,
    今回は自分を受け入れてこの治療法に取り組みたいと思う事自体が活かせていけると感じました.

  32. B より:

    ありがとうございます。
    配信された3つの動画を見てると吃音は自分次第でどうにかなるという気持ちを持つことができました。
    がんばりたいと思います。

  33. ひよこ より:

    動画拝見させて頂きました。

    どんな流れで改善するのかがとてもわかりやすくスーと頭に入ってきました。
    私も是非参加したいと思いました。

  34. 茶スケ より:

    動画ありがとうございます!今回の動画について思った事は気持ちは行動した後からついてくるという事なのかなと感じました。今まで飲み会や遊びの誘いなどをことごとく断ってきましたが、相手の行動が予測できないから恐怖を感じ、吃ってしまう事もある様な気がします。なので予期不安で想像した事は現実には滅多に起きないのだと信じ、少しづつ今までの行動を変えていきたいなと思っています。

  35. きんぐ より:

    お世話になっております。

    動画待ってました。川村さんの動画はいつも丁寧な説明でほんとに感謝でしかないです。次回も楽しみです。

    私はできないとすぐやけになり違う方法を試したりしてしまうのですが、しっかり「ちょっとずつ」を意識して地道に諦めずに頑張って行きたいです。

  36. Ken より:

    自分の今の吃音状態がどの程度のものか動画記録として残しました。
    そして、吃音改善でどのくらい良くなったのか残せればと思っています。

    今まではひとつの側面しか見ていなかったのですね。自分で主にやっていたのは発声練習とか、口を開けたり閉じたりとか、その程度です。あまり長続きはしませんでした。
    でも、今はなんだかワクワクしています。
    道のりは長いかもしれないけれど、とても楽しみです!

  37. ヒロ より:

    動画いつも楽しみにしております。
    どういう流で吃音改善に臨めばいいのか理解できました。
    私はまず初めにメンタルの部分ばかり取り組んでいました。最初は身体的なところから攻めていきたいと思います。
    半年を目標に頑張りたいと思います。
    動画ありがとうございます

  38. A より:

    動画まっていました。
    今回の、動画のなかで改善の順番がわかりました。

    その順番を間違えず
    最初は抑揚を変える、自分の癖を知ることに専念していきたいと思いました。

  39. omotefuzi より:

    7才ごろ人のどもる真似をして、なりました
    それから今まで続いております。

  40. ともやん より:

    僕は今まで吃音改善に短期間で治さないと、という焦りのようなものがありました。
    半年でこの先吃音で悩まなくていいと思えば、とても短い期間だと思います。
    半年間、本気で取り組みますのでよろしくお願いします。
    次回の動画も楽しみにしています。

  41. ぱおん より:

    改善へ向けてのプロセスがわかり、とても参考になりました。
    動画で先生がおっしゃっていた通り、私も今までメンタル面から無理やり治そうとしてました。

    今までの長年の努力を考えると、
    半年で良くなるかもしれないというのはとても短く感じられます。
    焦らずゆっくりと、がんばりたいと思います。

  42. つよぽん より:

    6ヶ月後の自分を想像しながら、毎日コツコツと取り組んでおります。撒いた種は必ず咲く!川村先生、今後もサポートよろしくお願い致します。

  43. まるまる王子 より:

    次回の動画楽しみにしています。

  44. タカ より:

    1.動画をありがとうございます。

     吃音改善に順番があるというのは、初めて聞きました。

     小学校の3年からどもっていますので、6か月ぐらいなんでもありません。

    2.人前で原稿を読むときが、うまくいきません。自分流で話すときは、まぁ大丈夫なんですが。講演ができるようになりたいです。

    次回も楽しみにお待ちしています。

  45. レオ より:

    一つ目のフェーズでの最初にアプローチする2つの要因はどうやって決めれば良いのですか?

  46. s より:

    説明に説得力があり納得できる動画でした。
    これからも動画楽しみにしております。

  47. ちえ より:

    今までの長い年月に比べれば6カ月は短いものです。
    話す時に息継ぎをしていないと思いますし、大きな声で言わないとと思ってしまうので…生理的反応と振る舞いを意識してみます。

    次の動画も楽しみにしています。

  48. ヘイと より:

    吃音に対して、どのようにアプローチしていけばいいか分かりました!

    セミナーに参加したいです!

  49. sumi より:

    1:今回のビデオの動画の感想
    ネガティブにならず六ヶ月かけてゆっくり取り組んでいこうと思  いました。

    2:実際に自分の吃音改善に活かしていこうと思った事
      息が浅いのでそこをなおしていきたいとおもいました

  50. しんちゃん より:

    いつも動画ありがとうございますm(__)m
    川村さんの熱意がすごく伝わる動画、文面すごく勇気づけられ、がんばろうという気持ちがわいてきます。これからもよろしくお願いいたしますm(__)m

  51. しゅん より:

    吃音が氷山の一角だったことを初めて知りました。川村さんのおっしゃった順番で諦めずに時間をかけながら氷山を潰していこうと思います!

  52. ももちゃん より:

    1. 今迄はテクニックのみの自己流・無茶苦茶な治療法でしたので、多面的・順番あり・フェーズあり・スケジュールありで、科学的・合理的・説得力あると思います。

    2. 科学的・合理的で、明るく・ポジティブに取り組みたいと思います。

    視野の広さの大事さも気が付けていただきました。本当にありがとうございます。

  53. トット より:

    動画は、治療の流れがわかりやすくて希望を感じます。その反面、いろいろな方向からのアプローチが必要だという事を再認識する事になり、難しそうだな感もあります。
    でも、それが当たり前だよね。
    魔法なんかないんだから。

    自分としては、とりあえず自然体でゆっくり話す事に気をつけてみたい。それもまずは、時々。

  54. しょう より:

    とてもタメになりました!

    吃音が足かせとなり、人と話す場面を極力避けてしまっています。しかし、この動画を観て、吃音を腑に落とす事が出来ました。なので少しずつ人と話す場面を増やしていこうと思います。

    吃音の本質を気づかせて頂き、本当にありがとうございます!

  55. やんとし より:

    動画拝見させていただきました。ありがとうございました。私は、吃音の影響で人生に絶望していました。自分もメンタル面からのアプローチをしていたのですが一向に治る気がしませんでした。この動画を見て希望の光が見えた気がします。是非セミナーに参加したいです!!

  56. しおさば より:

    動画ありがとうございました。
    自分は今までメンタル面からのアプローチをしており、なかなか成果がでなくてとてももどかしく感じていました。でも、今回の動画を見てそのアプローチの仕方が間違っているとわかっただけでも良かったです。

    吃音改善をあきらめずに生理的反応、振る舞いから少しずつ改善していこうと思いました。

  57. じゅんぽ より:

    動画ありがとうございます。この動画をみて思ったのですが、今僕は情報システム系の専門学校に通っていて、そこである先生が『1つ1つの行動に意味を持たせて、試行錯誤する』という話をしていました。スタマリングヘキサゴンと似ているなと思いました。

    チャレンジしていくことに不安を感じていたのですが、1%でもいいから吃音を意識すると聞いて、少しきが楽になりました。

    自分の癖である、まあいいやと諦めてしまうことと
    なんとなくで行動することを減らしていきたいです。

  58. タック より:

    私は6つの要素全てがマイナスだと思っています。正しい順番で6か月かけてゆっくり取り組んでいきたいと思います。今回は諦めたくありませんので。

  59. より:

    今回の動画で、メンタルではなく、「生物的反応」「振る舞い」を先にアプローチしなければいけない。ということはわかりました。でも、そのために、“具体的に何をすればいい”のでしょうか?教えていただければ幸いです。

  60. ケン より:

    吃音を発症して11年目になります。中学時代から高校時代の間は治す手がかりを必死に探していましたが、どれもデマという事がわかって、吃音は治せないんだと諦めていました。しかし、川村先生の今回のお話を聞いて、少しですが希望が見えました。精神的なところから治そうとしていましたが、やはり間違っていたようですので、生理的反応、振る舞いの部分から少しずつ取り組んでみようと思ってます。

  61. ハナハナ より:

    カリキュラムをやらしてください!!今私ほんとに悩んでます!!お願します!!ほんとにお願いします!
    絶対に治したいんです!!!お願いします!

  62. one より:

    1
    改善のプログラムが理解出来ました。
    今まで試したものは精神的な部分のみで人間的に大きくなれるように取り組むプログラム内容でした。
    吃音に悩まされ30年くらい経ちますが、これから良くならないと今後会社に居られなくなってしまいます。
    生きて行くためになんとしてでも改善に向けて努力したい気持ちです。
    2
    動画の内容を素直に受け止めてそれを活かしていきたいと考えました。

  63. N.S より:

    動画をありがとうございます。
    今回の動画では「短時間で治そうとしない」ということが分かりました。
    私は中学1年なので、出来ればでいいんですけど、中学1でも、できるやり方を教えてもらいたいです。
    自分自身でも、地道に治していこうと思います。
    これからも、よろしくお願いします。

  64. ヒロ より:

    吃音のシステムや、全体像はよくわかりました。多面的な改善はしてこなかったように思います。
    理論はよくわかりました。具体的にどういう、方法があるのか教えて頂きたいです。カリキュラムでは教えて頂けるのでしょうか?

  65. より:

    地道に頑張ろうと思います

  66. t2 より:

    今回の動画で、未来が見えてきました。6ヶ月、未来に向かっていこうと思います。ご指導、お願いしますq

  67. たけ より:

    地道に一歩づつ頑張っていこうと思いました。

  68. takuya より:

    生理的反応や振る舞いなどの意味があまりわからないのですが、
    どのようなことをすれば良いのでしょうか

  69. 渡辺 より:

    こんばんわ!渡辺です

    今日の動画を見て全体像が見えてきました。一気に治そうとすると逆効果なのはわかっていますから共感できました。

    質問ですが、この改善プログラムにお金が発生するのを今日初めて知ったのですが、具体的な料金を知りたいので早めに教えてほしいです。

    やる気になったのにお金が無くてできなかったと言うのは残念なのでよろしくお願いします

  70. ダイちん より:

    自分の悩みが半年で治るんて嬉しいかぎりです。
    正直不安ではありますが、絶対克服したい気持ちでいっぱいです。半年後、自分も吃音者の役にたてたらと思います。まだまだ自分の事でいっぱいいっぱいですが笑

  71. たろう より:

    動画ありがとうごさいます。

    動画を見て、これまではメンタル面さえ改善すれば吃音は治ると思ってましたがまずは身体的な面から改善していくということに驚きました。ですので、吃音が出る時の振る舞いや生理的反応を第一に改善していってみます。

  72. 安田 より:

    動画ありがとうございます。
    今回のことでどのような方法でやればいいかが分かった気がします。
    私も川村さんの6ヶ月間のカリキュラムに参加したいと強く思いました。

  73. ごんふー より:

    改善を目指していく上で順序が非常に大事なことが分かりました。また、早く治したい気持ちが強く、短期間で効果が見られないために挫折してしまったことも多くありますが、根気強く取り組んでいくことの重要性が分かりました。

  74. わいなー より:

    川村さんこんばんは!
    今回の動画ありがとうございます!
    動画を見ていかにスタマリングヘキサゴンが重要なのかとわかりました!
    今の自分がたったの6ヶ月で変わるならと思っています!

    今後も真剣に川村さんの言う通りに取り組んでいきますのでよろしくお願いします!

  75. おまつ より:

    動画ありがとうございます。
    自分は吃音はメンタルや、発生の部分だけかと思っていました。
    多角的にアプローチしていくという方法は全く知りませんでした。

    これからしっかり取り組んでいきたいと思います。

    また、多くの方が吃音に悩み、改善したいと考えていることは
    非常に力強いです。

    ぜひ皆さんと一緒に克服して、これから先、良い人生を
    歩みたいと思いました。

  76. ドン より:

    動画ありがとうございます。

    改善の順番があったなんてしりませんでした。

    独学の話し方の工夫だけでいままでやってきましたが行き詰まるのもあたりまえですね。

    順番意識しながら頑張って行きたいと思います。

  77. Panne より:

    このスタマリングヘキサゴンの内容をみて 息子をみていてそのとうりだと理解しました。特に彼はどもる時は首が前のめりになり、とても声が出てくるというような姿勢
    ではありません。もう、癖になっていて、話し始めるとその姿勢になります。生理的反応、振る舞いから、、、というのが納得できました。
    川村様とのアドバイスを受けながら行うプログラムは やはり、本人が日本語を
    読めないと難しいですか? 聞き取りと話すことはできます。
    詳細がわかれば助かります。

  78. ななし より:

    今回も動画をありがとうございました。ネットで色々吃音について調べていましたが、吃音は治らないという内容が多く絶望していましたが、川村さんの話を聞いて本当に希望が湧きました。ありがとうございました。

    質問なのですが、川村さんが現在行っているカリキュラムに参加せずにこの動画を学んでいく事で吃音の改善は可能なのでしょうか??
    以前に高額な金額で吃音レッスンを受けて失敗したので、お金が絡むと不安になってしまいます。

  79. kento より:

    今回も動画、ありがとうございました。
    私は、精神面での改善を重視していたのですが、まず最初は、身体的な部分から取り掛かる必要があるということが、とてもよくわかりました。
    生理的反応、振る舞いから順にやっていこうと思います。

  80. Z より:

    一連の動画、大変興味深く拝見させていただきました。
    また、大変勇気付けられました。
    「スタマリングヘキサゴン」は、吃音のみならず
    もしかしたら人生のあらゆる局面に有効なのでは?という感じも受けています。
    吃音治療については、今まで、何種類と試してきましたが、期待を抱いて試した数だけの(現実にはその数倍もの)挫折と絶望感を味わっており、
    「こうなれば、死ぬまで吃音とうまく付き合ってゆくしかないな・・」などと
    半ば諦めの境地で人生を送ってゆくつもりでしたが、川村さんの動画を拝見させていただき、もう一度チャレンジしてみる気になりました。
    素晴らしい動画を提供していただき、本当に有難う御座いました。

  81. より:

    動画のご提供ありがとうございます。

    動画の内容と今までの自分の吃音へのアプローチを比べたとき
    私はどうも短期間での効果を求めすぎていたように思えました。

    いろんなところをちょっとずつつまみ食いするのではなく、
    スタマリングヘキサゴンでご提示いただいたプロセスと
    その順序に従って、これからは継続して実践していこうと思います。

  82. シュウ より:

     まだ吃音治療を経験したことのない息子ですが動画を見させていただいてあっと思ったことがありました。吃音が出るときに身体に力が入っていることに気ずかされました。見た感じでが肩、喉です。その時には力が入り言葉が詰まるから呼吸もちゃんとできてないようにるのでと思います。無意識にそうなっているのだと思いますが、癖のような感じにも思えてきます。取り組む順序によって改善が遅くなることも分かり吃音治療を始める前にこのサイトに辿りついてよかったです。これからもよろしくお願いします。

  83. kkk より:

    動画配信ありがとうございます!
    いままでに聞いた吃音克服法と違いただただ驚きです。
    本当にこの先希望がもてる動画で感激です。

  84. ジョー より:

    僕はメンタルばかりに目を向けていて、表面的な部分にしか見ていなかったのかもしれません

    でもまだ不安で仕方がありません 結局は一人なので、自分の方法が本当にスタマリング・ヘキサゴンにあっているのか それを見分けるにはどうすればいいですか❔

  85. 田上 より:

    吃音を治す事も大切ですが会話を楽しめる、コミニケーションや人生を楽しむためにも楽しい会話術って大切だと思います。

    次回動画を楽しみにしています。

  86. さとる より:

    動画配信ありがとうございます。

    今までは改善という良い結果が早く出ることを求めすぎていたのだと反省しました。焦らず、要因を一つずつ潰していくことこそが重要なのだと教えて頂き本当にありがとうございます。

    コミュニケーションスキルの向上のための練習は不安もありますが、焦らず努力すれば治ると思いますので、よりたくさんの人と会話することが苦ではなくなっている自分を想像すればワクワクします。
    希望をもたせていただき本当に嬉しく思っております。

    焦らず、早く改善することばかりを求めないで一歩ずつ前に進んでいきたいと思います。

  87. まさゆき より:

    吃音克服の具体的なステップが分かって良かったです。

    体の動きと感情は密接に繋がっているので、
    体の動きから吃音克服を始めるのは
    理にかなっていますね。

    今年はビジネスを始めようと考えているので、
    なんとしても人前でのプレゼンが出来るように、
    吃音を克服したいです!!

  88. kurabu より:

    良い動画ありがとうございます。
    諦めかけていたどもりの克服にもう一度やる気が出てきました。

    簡単な道のではないと思いますが、地道にやっていきけば改善できると今は確信しています。

    今回の動画ではどういう順番で治してくのかわかりました。
    これから自分の克服トレーニングに取り入れていきます。

  89. みんち より:

    川村先生の動画で、思い当たるところに直接触れられている気がします
    幸い近所の行きつけの喫茶店のマスターが彼自身と音楽にしか興味の無い変態なので
    何気に実践しております。ホントはいっぱい話したくてしょうがないのですが
    あわてずに少しづつでやってみます。

    ありがとうございます。

  90. より:

    現在どもりを治そうと必死に模索しています。
    自分の事を認めてくれる人間なんていなくて当然という
    状況で、それに納得してしまっている自分がいます。

    でも、最終的には明るい未来のために取り組んでいます。
    いつか人前で笑顔になれるように、頑張ろうと思います。

  91. あうん より:

    今まで自分が行っていた吃音トレーニングがなんか浅いものなんだなぁと感じました。

    吃音を治す全体像がわかっただけでも、これからやるべき方向性が見えました。

    自分の吃音トレーニングの穴というか大きく欠けてたものが何かわかっただけでも大変よい学びとなりました。ぜひ、川村さんのご指導を頂きたいです。

  92. fou より:

    ありがとうございました。
    これからの勉強に勇気が出ました。

    どもりを治して新たな出会いに積極的になりたいです。

  93. OK牧師 より:

    動画を見ていくうちに、「スタマリングヘキサゴン」という単語が頭から離れなくなりました。

  94. ひなた より:

    不安とワクワクがあります。

    全体的な流の中で自分がついていけるかという不安と、
    おそらく乗り越えれば自分は変われるんだろうなというイメージで
    混乱しています。

    しかしこれを乗り越えなければ、
    まともな人生を歩めないと考えていますので、
    何とかしたいと決意しています。

  95. あーちゃん より:

    私はコミュニケーションスキルが本当に無いので、
    吃音を克服できるかとても不安でいっぱいですね。

    最終的にはそういった苦手意識も克服しないと、本当の意味での
    吃音は克服できませんよね。

  96. ぐー より:

    動画で川村さんが言っている英語の勉強のくだりがすごく納得いきました。自分は今、英会話を勉強中なのでまさにその通りだと思いました。

    それと、NOミラクルですか。進んでいる海外でもそのような本が売れているのでしたら日本でインターネットでよく見かける、5分だけで~なんて手軽な改善方法なんて本当に当てにならにですよね。

    厳しさを突き付けられました、同時に希望も見えるどうがでした。
    ありがとうございます。

  97. tHANK より:

    どもりを治す覚悟ができました。
    奥が深すぎて自分1人ではどうにもならないので指導して欲しいです。

  98. 宇野 より:

    川村さんの熱意がとても感じられました。

    吃音の克服の可能性を教えていただいたことは大きな財産になりました、本当にありがとうございました。これからのますますのご発展をお祈りしております。

  99. chibi より:

    ヒューマニティーが伝わってくる内容でした。
    やり方が間違っていなければ改善できるのだというメッセージが体に染み入るようでした。
    今までは吃音改善の表面しか考えていなかったと痛感しています。

  100. 田村 より:

    動画待ってました。
    どういう流で吃音改善に臨めばいいのか理解できました。
    私はまず初めにメンタルの部分ばかり取り組んでいました。川村さんがおっしゃているように、まず、最初は身体的なところから攻めていきたいと思います。
    半年という道のりになりますが、今後の長い人生に比べたら短い期間ですので、真剣に取り組みたいですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。