吃音の遺伝子親が吃音症の場合、自分の吃音は遺伝じゃないのか?
と考えたこともあるとでしょう。

実際はどうなのか?吃音は本当に遺伝するのか?
そしてもし、吃音が親からの遺伝だとすれば、それは治らないのか?

そのような研究を海外では度々行っています。

 

遺伝性吃音と言われる2つ原因

いくつかの研究データでは、家族に吃音者がいる場合、
吃音になる確率は50%前後だとも言われています。

つまり自分の親が吃音だと、その本人も吃音になる確率が高いということです。

ですが、これは遺伝によるものかどうか?というとそれは一概には言えません。

家族が吃音者の場合、吃音になる要因は、主に2つあります。

1・遺伝子による吃音

「吃音に影響を及ぼしている遺伝子が見つかった」というニュースが昨今ありました。

その遺伝子は、GNPTAB、GNPTG、NAGPAという3つの遺伝子で、吃音者に10人に1人の割合でこれらの遺伝子を持っていることがわかりました。

吃音者の中には、親からこれらの遺伝子を受け継いで、吃音症になったとう方もいるということです。
またこれらの遺伝子は環境や精神状態などによって変化すると言われています。ただ、これらの遺伝子の研究はまだ詳しいことが判っていません。

2・環境などによる吃音

吃音になりやすい話し方、癖、態度、考え方などは近親者の影響が非常に大きいです。

特に幼少期は、親が吃音者だと子供が真似をしてどもる言葉を発してしまうなど大きな影響があります。

この場合の吃音はそれらの吃音にとって悪いパターンを変えることで吃音が改善される可能性が高くなります。

吃音は遺伝なのか-まとめ

親が吃音だと吃音になる可能性は高い。

その中で遺伝性の吃音は10人に1人と少ない。
また、吃音の遺伝子を受け継いでいても環境や精神状態などにより変化する可能性がある。

環境などによる影響による吃音は、遺伝性と呼べるものではなく自分の努力次第で吃音を改善さえることが出来る。

親が吃音でも遺伝性は10人中1人だけ。残りの9人は環境によるものなので、「親が吃音だから・・・」と吃音治療を諦めないで欲しいと思います。

吃音改善に取り組めば、ほとんどの場合現状より良くなる

「吃音を治したいいけど、何から始めていいのかわからない」
という人のための無料の動画講座をご用意しました。

吃音克服の道のりは単純ではありません。
正しい方向性と、新しい地図を手に入れ、
目的地までの道のりを把握することが大切です。

吃音改善のプロセスの全体像を知らずして、
取り組むことは、地図と方位磁石を持たず登山に入るようなものです。

まずは、吃音改善への全体像を知った上で、最初の1歩を踏み出しましょう。

この講座は、海外最先端の吃音治療のアプローチを元にした動画です。

この動画講座をご覧になることで、
どのように自分の吃音を改善していけばいいのかその理解が深まります。

迷いながら吃音改善に取り組むのではなく、
地に足がついた状態で、取り組めるようになるはずです。
(動画をご覧になり、まだわからないことがあれば遠慮なくご質問して下さい)

【吃音改善の無料動画講座:全3回を公開中】

吃音動画セミナー


・吃音改善に失敗する人が犯す、共通する3つのパターンとは?
・治すためにどれか1つでも欠けてはいけない「6つの要素」
・今、吃音治療に最も良いと言われているプロセス

その他、吃音を治すためのに知らないと失敗する吃音改善のルールなどについてお話しています。

吃音改善の無料動画講座は一般公開しておりません。
講座専用のページをご用意しております。

講座をご覧になりたい方はメールアドレスをご入力ください。
専用ページのURLをメールにてすぐにお送りしますので、そちらからアクセスして閲覧ください。

吃音改善の全体の地図を手に入れ、迷いがない状態で吃音の改善に取り組み始めましょう。


*メールアドレスを入力