吃音の原因

吃音は遺伝?家族の影響による2つの原因

吃音者の遺伝子

親が吃音症の場合、自分の吃音は遺伝じゃないのか?
と考えたこともあるとでしょう。

実際はどうなのか?吃音は本当に遺伝するのか?
そしてもし、吃音が親からの遺伝だとすれば、それは治らないのか?

そのような研究を海外では度々行っています。

遺伝性吃音と言われる2つ原因

いくつかの研究データでは、家族に吃音者がいる場合、
吃音になる確率は50%前後だとも言われています。

つまり自分の親が吃音だと、その本人も吃音になる確率が高いということです。

ですが、これは遺伝によるものかどうか?というとそれは一概には言えません。

家族が吃音者の場合、吃音になる要因は、主に2つあります。

1・遺伝子による吃音

「吃音に影響を及ぼしている遺伝子が見つかった」というニュースが昨今ありました。

その遺伝子は、GNPTAB、GNPTG、NAGPAという3つの遺伝子で、吃音者に10人に1人の割合でこれらの遺伝子を持っていることがわかりました。

吃音者の中には、親からこれらの遺伝子を受け継いで、吃音症になったとう方もいるということです。
またこれらの遺伝子は環境や精神状態などによって変化すると言われています。ただ、これらの遺伝子の研究はまだ詳しいことが判っていません。

2・環境などによる吃音

吃音になりやすい話し方、癖、態度、考え方などは近親者の影響が非常に大きいです。

特に幼少期は、親が吃音者だと子供が真似をしてどもる言葉を発してしまうなど大きな影響があります。

この場合の吃音はそれらの吃音にとって悪いパターンを変えることで吃音が改善される可能性が高くなります。

吃音は遺伝なのか-まとめ

親が吃音だと吃音になる可能性は高い。

その中で遺伝性の吃音は10人に1人と少ない。
また、吃音の遺伝子を受け継いでいても環境や精神状態などにより変化する可能性がある。

環境などによる影響による吃音は、遺伝性と呼べるものではなく自分の努力次第で吃音を改善さえることが出来る。

親が吃音でも遺伝性は10人中1人だけ。残りの9人は環境によるものなので、「親が吃音だから・・・」と吃音治療を諦めないで欲しいと思います。

吃音改善に取り組めば、ほとんどの場合現状より良くなる