吃音の原因

吃音の原因となる脳を改善させるチアミン

脳とチアミン

吃音改善に効果的、そしてもっとも簡単なアプローチがあります。

それでいて、半分の吃音者は改善への変化が起きているデータがある。
そんな嬉しいニュースです。

【無料動画のご案内】吃音克服のプロセスを知りたい人はこの無料動画をご覧ください。”名前が言えない、挨拶が言えない、大勢の前で声が出ない…電話の第一声が出ない!”といった典型的な大人の吃音から脱出するロードマップです。

吃音の原因は脳、心因はブースター

吃音の本当の原因は心因的なものではありません。

現代のアメリカの吃音研究では、脳の問題に焦点を当てています。

つまり、研究者は吃音を改善させる鍵は脳の部分にある確信を得ているのです。

(参考1:吃音症になる5つの原因-間違いだらけの吃音治療-)

(参考2:言葉が出てこない、どもりの2つの原因)

心因的なものは吃音を酷くさせたりするが、吃音症の根本となる原因は脳の部分にあるとうのが現在の研究の常識になっています。

吃音症に対する治療薬やサプリメントはほとんどの場合、抗不安剤や、抗ストレス剤など、心因的なものを緩和させるものばかりとうのが現状です。

(参考3:吃音のサプリメント-吃音症に効くサプリ-)

ですが、最近、吃音治療の研究で、吃音の原因とされる脳の部分、それに効果のあると言われている物質が話題になっています。

それは何かといとチアミンです。

吃音者の脳の伝達物質に働くチアミン

チアミンは吃音の原因となる脳の伝達物質の流れに働きかけることがわかりました。チアミンは吃音治療の大きな前進となるのか?

チアミンとはビタミンB−1のことです。

吃音研究の権威シュワルツ博士の研究によれば、このチアミンが吃音症の原因になっている脳の神経伝達物質の流れを正常化させるのに働くという発表をしています。

シュワルツ博士の研究によれば吃音者がチアミンを摂取する推奨量は300mg以上(成人の場合)とされています。

摂取には100mgを食事と一緒に3回に分けて摂取することが望ましいです。

必要以上の量を摂取しても吸収されず、尿と一緒に排出されるため、分けて飲む必要があります。

チアミンの過剰摂取の安全性においては、上記の理由から過剰摂取による弊害の報告はありません。

チアミンの働きを悪くする物

チアミンは吃音の原因である脳の伝達物質に働きます。
ですがそれを阻害する飲み物などあります。

コーヒー、紅茶、タバコ、アルコールなどはチアミンの働きを鈍らせる原因とする抗チアミンとして知られています。

吃音症の方でそれらを多く飲んでいる場合はチアミンの摂取量を増やす必要があります。もちろんベストな方法はそれらのチアミンの阻害物質を飲む回数を出来るだけ減らすことです。

どのくらいの吃音者に効果があったのか?

実際、のところチアミンの摂取による吃音改善はどのくらいの吃音者に効果があるのかというと、シュワルツ博士の吃音研究によると3分の1の人に吃音改善効果が見られると発表しました

下記のデータは吃音改善の情報を発信しているサイトによる、非公式世論調査結果です。
1日300mgのチアミンの摂取による、吃音の改善効果についての回答になります。

吃音者アンケート〜チアミンを2週間摂取した結果〜

  • 27%(とても効果があった)
  • 22%(多少効果があった)
  • 36%<(効果がなかった)

という結果になっています。

とても効果があった、そして多少効果があったと答えた人の合計は49%になりなります、役、半分の人が吃音にとってチアミンの効果を実感しています。この結果は吃音症の人は試してみる価値のある調査だと思います。

例えば、吃音治療で有名なフィードバック治療など、その機材だけで20万〜30万円ほどします。そしてフィードバック治療で吃音が改善されるのは20%の吃音者だというデータもあります。

それら高額な治療に比べチアミン(ビタミンB−1)はとても安価で、改善するとうパーセンテージも高いですのですので、吃音の方は試してみる価値は十分にあるでしょう。

効果が実感できるまで2週間以上の継続して摂取することが望ましいとされています。

最近の発表では、チアミンに加えて、マグネシウムを取る事でさらに改善効果が高いことが分かっています

吃音に対して、一時的な効果しかない薬に頼るより、サプリメントを摂取したほうが良いと考えています。

吃音の原因となる脳の働きを良くする「チアミン」のまとめ

・チアミンは吃音の原因となる脳の伝達物質に働きかける。
・1日300mgを3回に分けて摂取する。
・49%の人がチアミンの摂取で吃音改善にポジティブな回答をしている。

なお、あくまでこれは補助的な効果を期待するものです。

吃音そのものを治療していくには、話し方や体の使い方などの外因(アウター)と心理的な(インナー)ものきちんと変えていく必要があります。

(推奨記事1:名前が言えない現象、難発性の吃音の脳
(推奨記事2:難発性吃音の発生メカニズムと改善法
(推奨記事3:言葉が出てこない2つの原因

サプリはあくまで補完的、治したいなら本格的な吃音治療をしていきましょう。

根本的に吃音を改善させていくプロセス

「吃音を治したいいけど、何から始めていいのかわからない」
という人のための無料の動画講座をご用意しました。

吃音のせいで周りからクスクス笑われ、馬鹿にされるはもう十分です。
言葉が上手く話せず、無能だと勘違いされる日々は終わりです。

とはいえ、吃音克服はほとんどの人にとって可能ですが、道のりは単純ではありません。

吃音改善は全体像やそのプロセスを知らずして取り組むことは、地図とコンパスを持たず登山するに等しい無謀な行為です。

下記の動画は、吃音克服への全体像とそのロードマップになります。

吃音改善の無料講座

しっかりとしたトレーニングをすれば文章を自由に書けるように、同じように言葉も自由に操れます。まずはこの動画をご覧になることが、吃音の呪縛から自由になる最初のステップになるはずです。

無料動画:吃音克服のロードマップを見る

*動画をご覧になり、ご質問がございましたら遠慮なくお問い合わせください。
*動画のコメント欄で多くの方が吃音の状況をシェアして下さっています。合わせてご覧になると参考になるかと思います。