大人の吃音の改善法まとめ

吃音克服の方法

吃音を治療するための道筋は1つではりません。

どの治療法が適しているかは人によって違います。または1つではなく、複数の方法を平行して行うことにより、初めて改善効果が見られることが多いです。

ですので、海外ではいろんな角度から同時にアプローチする包括的な改善方法が主流となっています。

吃音治療のためのアプローチの目的は「苦手な言葉に対する脳の配線」を、「上手く話せる脳の配線」につなぎ直すことです。

今の吃音の状態を変えるには実際に今と違う行動に移すことで、再配線が可能になります。
下記の手法からまずは、1つでもいいのでピンとくるのを選び、実践してみましょう。

そして、「吃音が出そうだな?」と感じる時、実践したことを思い出すことで、
吃音の時の反応も変わってくるはずです。

【無料動画のご案内】吃音克服のプロセスを知りたい人はこの無料動画をご覧ください。”名前が言えない、挨拶が言えない、大勢の前で声が出ない…電話の第一声が出ない!”といった典型的な大人の吃音から脱出するロードマップです。

手軽な吃音治療

もし、吃音を治したいと思うのなら、何かを変えなければ行けません。次の10の吃音改善のトレーニングは多くの吃音者が共通する「変えるべきポイント」をご紹介しています。この中の1つ、2つでもいいのでまずは実践して、ななたの会話の中で変化があるか試してみましょう。少しでも変化があったのなら、もっと色々実践していくことで大きく吃音を改善できる自信につながることでしょう。

あわせて読みたい
吃音の治し方
吃音の治し方|どもりを克服するための10の改善トレーニング今日のお話は、ズバリ「吃音を少しでも治したい」「とりあえず今から取り組める改善法を知りたい」という人に、10の吃音の治し方についてお話し...

喉に力が入り声が出ない状態を変える

言いたい時に言葉が出なくなる=「ブロッキング」と呼ばれる現象ですが、なぜそれが起こるのか?それは5つのブロッキングにつながる引き金があなたの体にプログラミングされています。その5つの厄介な引き金とその対処法を知りたい方はご覧ください。

あわせて読みたい
難発吃音の改善のプロセス
緊張すると声が出ない。喉に力が入り声が詰まる吃音【原因と対処法】普段はちゃんと話せているのに、緊張すると言葉が出なくなる... まずその難発性の吃音の「発生のメカニズム」を知らないことには、それ...

声を出す方程式

吃音改善はメンタル的な問題だったり、話し方の問題だったり、色々な要因が含まれています。人によって改善すべきポイントも違いがあります。違いがありますが、「これだけは治さないといけない」という絶対にはずせない1つの重要項目が存在します。このシンプルな1つの原則を知り、そこを変えていかないとその他のいろんな吃音治療をしても無駄になる可能性があります。

あわせて読みたい
吃音症を治す原理原則
吃音症が治った人は理解している。声を出すシンプルな方程式もし、あなたが吃音治療を行ったことがあるのなら、具体的に自分のどこの部分を改善しとうしていましたか? このことに明確に答えられない...

吃音の不安を減らす方法

メールで非常によく頂く内容があります。それは、どもることを意識したら言葉が出てこない時が多いので、「吃音改善に取り組むと余計に悪化するのではないのか?」という心配です。たしかに、吃音はそういった側面があるのは事実です。ですが、吃音を克服するには、吃音と向き合いそれを乗り越えいくというプロセスが必ず必要になります。吃音治療に大きな影響を与えたCTB(認知行動療法)から、吃音と向き合い、吃音を治していくプロセスを学びましょう。

あわせて読みたい
吃音の不安
吃音の不安を減らす方法【どもることを意識したら悪化する】は間違い大人になってからの吃音治療は向き合うべき」と書いて1人の方からご相談を頂きました。 ご質問頂いた方と同じように、話す時に吃音のこと...

自律神経を改善することは吃音治療につながる

緊張すると吃音になりやすいですよね。その原因は自律神経にあります。自律神経は呼吸に影響していますので、次の記事のちょっとしたことを知っているだけでも、あなたの状態をコントロールことに役立つはずです。

あわせて読みたい
呼吸の改善を
どもりの原因|自律神経を改善して不安から解放されよう!どもりの原因となるものは誰しも複数ありますが、その中でも多いのが不安から来る「どもり」です。 緊張している場面になると、不安が強く...

吃音と関連性がワーキングメモリの秘密

「緊張して頭が真っ白になって、言葉が上手く出なくなった」といった経験はないでしょうか?そういった時ワーキングメモリと呼ばれる脳の一部の領域に大きく関係しています。ワーキングメモリーで使える脳の領域は決まっており、ワーキングメモリが足りなくなり頭がフリーズします。パソコンでもいろんなソフトを立ち上げていると重くなるのと同じ原理です。吃音者は無意識の内にいろんなワーキングメモリを消費しています。その消費原因を知り、変えていくことで「頭が真っ白になった」という状態を回避させることが可能になります。

あわせて読みたい
脳のメモリ
どもりを治すことに繋がる【脳の作業領域】7つの改善法「ワーキングメモリ」という言葉を聞いたことはあるでしょうか? 脳科学ではよく使われる言葉ですが、この「ワーキングメモリ」は吃音に大...

マインドフルネスは吃音に効果的と証明されている

吃音治療の1つとしてマインドフルネスを取り入れている治療機関が増えています。吃音治療に有効とされる研究論文も数多くあり、信頼できる方法です。緊張の緩和だけではなく、自分を観察していくことで、吃音となる反応を改善させていく役割も期待できます。

あわせて読みたい
マインドフルネス
吃音症の治療に、今話題の「マインドフルネス」が有効だという話数年前からマインドフルネスが、吃音症を改善するのにとても効果があると言われ始めています。 私自身も誰かから「それって、吃音に効果が...

吃音者の悪い癖

吃音者は言葉が詰まる時、それに付随して起こる身体的な癖を同時に起こしています。その悪い癖は吃音にとって縛り付けられている鎖のようなものです。その悪い癖を解除することが、吃音を克服するために必要になってきます。

あわせて読みたい
吃音癖
吃音者の癖-どもりの引き金になる7つの悪癖-吃音症の人は、吃音が出るべき悪い癖というものが体に染み付いています。 体の使い方、呼吸の仕方、会話の癖、考え方の癖など吃音の引き金...

吃音を克服した人は何が違うのか?

吃音改善に取り組んでも、その効果は人によって違いが出ます。その大きな原因として「性格」いった重要な要因があります。この「性格」は決して固定されたものではなく、環境によって常に変化しているものです。どういったら、吃音を改善しやすい性格に変わっていくのかその手法をお話ししています

あわせて読みたい
選択肢
吃音を克服出来た人は何が違うのか?その違いを生む5つのコト吃音を早く克服出来る人、克服するまでに時間がかかる人。 同じ吃音治療法を行っても、その人によって吃音が治るまでに差が出てきます。 ...

吃音の不安・恐怖を減らす方法

極度の緊張する場面では言葉が出ない恐怖を感じると思います。それをどうコントロールしていくのか?恐怖をコントロールする能力を向上させていけば、吃音が怖くなくなります。吃音が怖くないという状態が吃音の発生を軽減させます。

あわせて読みたい
吃音と恐怖
吃音者の辛い感情「恐怖」をコントロールする3つの方法吃音者が持つ会話における「恐怖」という感情。 その恐怖が起こることで、さらに吃りを誘発してしまうという事実があります。 今回...

吃音改善を加速させる方法

吃音改善が上手くいかない人は吃音治療のアプローチの順番を間違えている可能性が高いです。例えば心理的なアプローチを先にするということは、家を建てるのに屋根から作るようなものです。順番を間違えると、改善しているようで、最終的には頭打ちになります。正しい順序で行うことで努力を無駄なく結果に反映できます。

あわせて読みたい
ステップアップ
吃音改善を加速させる方法「ステップとサイクル」の秘密今日のお話は、スムーズに吃音を改善させて行くための重要な「ステップとサイクル」についてお話します。 この「ステップとサイクル」とい...

吃音は受け入れるた方がいい?

「吃音を1つの個性として受け入れ生きよう」という耳障りの良いことを言う人がたくさんいます。それは、本当に将来を考えて間違いがないのか?私の結論をお話ししています。

あわせて読みたい
吃音治療の見解についての戦い
吃音を「受け入れるべき」VS「克服すべき」このバトルの結論日本でよく耳にするのは、「吃音者は吃音という個性を受け入れるべきだ」という主張です。 これは正しい意見なのか? 私が今まで吃...

吃音は心理的なものからアプローチすると失敗する

吃音は脳の癖が原因となって発生しています。脳の構造を理解し、効果的な手順でアプローチしていくことが吃音改善に挫折しない重要なポイントです。

あわせて読みたい
心の問題を克服
吃音の克服に「成功する人」「失敗する人」その違いは明白【動画】吃音を克服しようとしている中で、多くの方が、つまずいていまうポイントがあります。 それが心因性、つまり、メンタル面の克服です。 ...

頭が真っ白になる人への言語能力改善アプローチ

緊張した時に頭が真っ白になる人に共通する原因として、「言語能力」というスキルの問題があります。「日本に生まれそだったなら言語能力は同じ」という訳ではありません。言語能力が高い人は、文章の組み立て方が瞬時に出来たりするものです。つまり会話の時に余計な負荷が脳にかかっていません。言語能力を向上させることが、会話の時において余裕を持たせることに繋がります。

あわせて読みたい
難発性の吃音の克服に向けて
「言葉が詰まる」という難発性の吃音改善に必要な4つの能力現在、海外の研究機関の文献によると、吃音を治していくのにはしっかりとした長期的な吃音治療は必ず必要。 だが、それだけでは不十分だで...

根本的な吃音の改善法

「吃音を治したいいけど、何から始めていいのかわからない」
という人のための無料の動画講座をご用意しました。

吃音のせいで周りからクスクス笑われ、馬鹿にされるはもう十分です。
言葉が上手く話せず、無能だと勘違いされる日々は終わりです。

とはいえ、吃音克服はほとんどの人にとって可能ですが、道のりは単純ではありません。

吃音改善は全体像やそのプロセスを知らずして取り組むことは、地図とコンパスを持たず登山するに等しい無謀な行為です。

下記の動画は、吃音克服への全体像とそのロードマップになります。

吃音改善の無料講座

しっかりとしたトレーニングをすれば文章を自由に書けるように、同じように言葉も自由に操れます。まずはこの動画をご覧になることが、吃音の呪縛から自由になる最初のステップになるはずです。

無料動画:吃音克服のロードマップを見る

*動画をご覧になり、ご質問がございましたら遠慮なくお問い合わせください。
*動画のコメント欄で多くの方が吃音の状況をシェアして下さっています。合わせてご覧になると参考になるかと思います。